二階建てトラックの中途半端な寝台スペースが提起する、ドライバーの労働問題

二階建てトラックの中途半端な寝台スペースが提起する、ドライバーの労働問題

二階建てトラックは上に出っ張りがあり、そこが寝台スペースとなっている。上に付いている導風板で内部の空気の循環を行う

「トラックドライバーが一般ドライバーに知っておいてほしい“トラックの裏事情”」をテーマに紹介している本シリーズ。

 前回(「輸送効率で犠牲にされるドライバーの居住空間。「人権なきトラック」ショートキャブの問題点」)にて長距離トラックドライバーがショートキャブ*を嫌う理由を述べたが、今回は「意外なところに寝台がついているトラック」について述べていきたいと思う〈*トラックの居住空間が最も小さな形式のトラック〉。

◆1週間以上、帰れないこともある長距離トラックドライバー

 世間からはよく「彼らは一体どこで寝ているのか」という質問を受けるのだが、前回までにも述べている通り、彼らのトラック運転席の後部には、通常大人1人が寝転がれるほどの寝台が備え付けられており、彼らは基本的にそこで車中泊をしている。

 前回は、トラックの積載量を優先するがあまり、その寝台を取っ払った人権度外視ともいえる「ショートキャブ」というトラックの存在について紹介したが、実はそのショートキャブの中には、ある場所に寝台を取り付け、ドライバーの休憩空間を確保したタイプのトラックもある。

 それが「2階建てトラック」だ。

 幹線道路を走っているトラックをよく見ると、運転席のあるキャブの上に帽子のような形をしたものが付いていることがある。

 これは「導風板」や「エアディフレクター」、「風防」などと呼ばれ、その名で分かる通り「空気抵抗の軽減」の役割を果たしている。

 また、その空気抵抗軽減に伴い走行が安定することで燃費が向上したり、キャブの天井に直射日光が当たるのを避けられることで、暑さの緩和にも効果があるのだ。

◆ショートキャブと比べれば快適性はぐんと上がるが……

 とはいえ、少しでも広い車内空間を確保したいショートキャブのトラックドライバーにとっては、その導風板のある部分は、いわば「デッドスペース」。その空間を活用し、ショートキャブで省いた寝台を設けたのが、「2階建てトラック」なのだ。

 車内に伸びるハシゴや即席の階段などをつたって上に行くと、そこには通常のフルキャブよりも大きな空間が広がっている。寝返りはもちろん、諸々の生活用品も十分に置ける広さだ。

 そのため、荷物を上げ下げしたり、休憩ごとに上り下りしなければならないという手間以外は、空間の有用性は非常に高く、寝台のないショートキャブと比べればトラックドライバーの労働・生活環境は格段に上がるのだ。

 運転席の後部から寝台がなくなったことでより多くの荷物を輸送できるようになり、ドライバーの休憩空間も確保できる。労働者側にも仕事の効率的にもいいことばかりにみえるこの2階建てトラックだが、それでも実はドライバーからはそれほど評判は良くない。

 今回、2階建てのトラックに対する意見を聞いた多くの現役ドライバーからも、やはりネガティブな意見が多く聞こえた。

 その最たる理由は「暑さ」だ。

 熱気は上に溜まる性質があるため、2階部分は必然的に暑くなるというのもあるが、何より天井までの距離が近いため、太陽熱をダイレクトに感じやすいのだ。

 また、エンジンなどから出火した場合の非常口として、天井には大きなサンルーフ(天窓)が備え付けられているのも、より熱を感じやすくなる大きな要因だといえる。

◆そもそも、車中泊をしなければならないのがおかしい

 こうした暑さ対策は各メーカーともしのぎを削っており、最新のトラックは大分改善されつつあるというが、それでも中には「真夏でも外にいるほうが方が涼しい」というドライバーもいる。

 また「暑さ」以外にも、運転席の後ろがすぐに壁になっていることで、短い休憩や荷主先での待機時間にリクライニングを倒して体を伸ばすことができないという大きな欠点があり、これは彼らにとって暑さと並ぶか、それ以上に苦痛だったりする。

 「胡坐(あぐら)がかけない」というのも2階建てトラックが好かれない理由の1つだ。

 広さはあれど、それほど高さは確保できていないため、胡坐をかくと必然的に首が折れるため、小休憩するには不向きなのだ。

 さらに、運転時においては重心が上にいく分、軽くブレーキを踏んだだけでも前にしゃくったようにカクンカクンとなるので、長時間の運転は疲れるという声もあった。

◆ドライバー専用の宿泊所が必要

 こうしてトラックドライバーの「寝台問題」を考えると、毎度最終的に行き着く疑問に突き当たる。

 「どうして彼らは車内の中で寝なければならないのか」だ。

 居眠り運転は自分自身だけでなく、周囲の命の危険にさらす行為ゆえ、トラックドライバーにとって日々「質のいい睡眠をとる」「休息期間を快適に過ごす」ことは、もはや彼らの仕事ともいえる。

 アメリカのトラックのように、車内に広いベッドにキッチン、トイレやシャワーなど、しっかりとした居住空間があるならば問題はない。が、日本のトラックドライバーに用意されているのは「あっても簡易ベッド」なのだ。

 毎日狭い空間で「車中泊」をせねばならない職業は、トラック以外他にない。同じ運転業で長距離を走るバスドライバーでさえも、社内にある仮眠室や観光地の宿に宿泊するのだ。

 先日、石川県野々市市において、違法駐車のトレーラーに乗用車が追突し、乗用車に乗っていた男性が死亡した事故があった。

 これに対し警察は、県トラック協会にトレーラーの違法駐車をなくし、交通事故を抑制するよう依頼したのだが、同協会は逆に、パーキングエリア・サービスエリアなど駐車して待機できる場所の確保を国の予算措置を要請した(参考)。

 運送業界側からすれば「協力してほしいのはこちらのほう」で、トラックとて好きで路上駐車をしているわけでも車中泊をしているわけでもないというのが本音なのだ。

 筆者も現役時代、仕方なく停めた路上で時間調整しながら休憩している時は、気持ちが全く休まらなかった。

 現在「当然」とされている彼らのその労働環境には、こうした非常識の塊がゴロゴロ存在している。

 本来ならば、トラックの駐車スペースだけでなくドライバーの宿泊所を確保し、路上駐車せずとも心身安らげる環境を整えるべきところではないか。

 彼らが本来求めているのは、「2階建てトラック」でも「暑さ対策」でもないような気がしてならない。

<文・写真/橋本愛喜>

【橋本愛喜】

フリーライター。元工場経営者、日本語教師。大型自動車一種免許取得後、トラックで200社以上のモノづくりの現場を訪問。ブルーカラーの労働環境問題、ジェンダー、災害対策、文化差異などを中心に執筆。各メディア出演や全国での講演活動も行う。著書に『トラックドライバーにも言わせて』(新潮新書) Twitterは@AikiHashimoto

関連記事(外部サイト)