「家族で群馬に住みながら都内でも働ける」 群馬県が子育てしやすさ関東1位のワケとは

「家族で群馬に住みながら都内でも働ける」 群馬県が子育てしやすさ関東1位のワケとは

「家族で群馬に住みながら都内でも働ける」 群馬県が子育てしやすさ関東1位のワケとはの画像

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、地方への移住に関心を寄せる人が増えている。

 ブランド総合研究所が今年8月に発表した定住意欲度の調査では、東京都の人気は前年の4位から33位と大幅にダウン。東京には多くの企業が集まるほか交通利便性も高いものの、新型コロナウイルスへの感染リスクやテレワーク導入によって働く場所の制約が弱くなったことが人気の低下を引き起こしたと考えられる。

 こうしたなか、子育て世代が熱い視線を注ぐのが群馬県だ。ミキハウスが2017年に実施した子育てについてのアンケートでは、群馬県が東京都や神奈川県をおさえ関東で総合1位にランクイン。同県自体も、子育てをしやすい環境をアピールし、他都道府県から若い世代を呼び込むことで加速する人口減を食い止めようとしている。

 群馬県はなぜ、子育てをしやすいと思われているのか。同県で子育てをすることの魅力や他道府県から実際に移住した人の声について、群馬県生活こども課の齋藤一央さんに話を伺った。

◆待機児童数は14人。保活の苦しさから解放される

 群馬県は関東の北西部に位置し、面積は関東で栃木県に次いで広い。利根川の源流や尾瀬といった自然に恵まれており、レジャーに訪れる人も多い。また草津や伊香保、水上など温泉地としても有名だ。観光の場のイメージが強いかもしれないが、実は子育てがしやすい環境が整っている。

 群馬県の魅力について、齋藤さんは次のように語る。

「群馬県には上越新幹線、北陸新幹線が走っており、都心へのアクセスに優れています。高崎駅から新幹線で大宮駅まで27分、東京駅まで50分ほどで行けます。群馬県にご家族で住みながら、基本的にテレワークで仕事をし、必要に応じて都内に通勤するという働き方が可能です」

 東京への定住意欲度が下がったとはいえ、まだまだ東京一極集中の現状は変わらない。群馬県は埼玉県や東京都といった都市部と距離が近くアクセスも良いため、都心とある程度繋がりを保ったまま移住生活を満喫できるのは利点だろう。

 子育てのしやすさを感じる指標は様々だが、保育園への入りやすさは多くの保護者にとって重要だ。2020年4月1日時点における群馬県内の保育施設の待機児童数は14人。東京都では2343人が待機児童になっており保活が熾烈を極めていることを考えると、復職したい保護者にとって群馬県での子育ては魅力的に映るはずだ。

◆「自然が多く静かな環境で、子育てをしやすい」と高評価

 冒頭で紹介した通り、保護者の間で「群馬=子育てがしやすい」との認知が広がっている。子供服ブランド「ミキハウス」を運営する三起商行株式会社が2017年に実施した「都道府県別 親目線による子育て満足度調査」から、詳しく見ていこう。

 同調査は、「子育て支援策」や「医療体制」など8つの項目について、満足度を5段階で評価。群馬県は8項目中、「子育て支援策」、「コミュニティ」、「治安、安全・安心」、「自然環境」、「金銭面」の5項目でトップにランクインしたほか、総合1位に輝いている。つまり群馬県は、関東一子育てがしやすい県と多くの保護者が認識している。

 特に「自然環境」は高得点で、都心よりものびのびと子育てができると喜ぶ保護者が多い。都心では土地に制限があるため、保育施設が狭いケースがある。都心ではマンションの1階に入居し、園庭がない保育園も珍しくない。

 一方で群馬県では敷地にゆとりがあるため、のびのびとした環境で保育を行える。齋藤さんによれば、「園庭を素足で走り回る園や、豊かな自然を子どもの遊び場にするような保育園、幼稚園もある」という。

 アンケートに回答した保護者からは、「市内に保育所、幼稚園が多数あり選べる。相談窓口がたくさんあってサポートが充実している」(28歳女性)、「医療費無料、待機児童もほぼゼロ。子育て支援カードがあり提携店も多い。子どもに対する地域の目も優しいと思う」(39歳女性)、「自然が多く静かな環境で、子育てしやすい」(35歳女性)といった声が挙がっている。

◆割引や塾入会が無料になる群馬独自の子育て支援制度

 また群馬県では「ぐんまちょい得キッズパスポート」という子育て支援策を設けている。県内にある約6000の協賛店舗で提示すると、購入金額から5%割引を受けられたり、塾入会金無料となったりする特典が得られる。同パスポートは妊娠中からもらうことができ、子どもが18歳まで利用できる。

 また県内の自治体では、定住をはじめ一定の条件を満たす場合、住宅の取得にかかる助成金を出している。

 群馬県は他道府県からの移住者を募るべく、現在『子育て@ぐんま』体験プロモーション事業」を行なっている。同事業で移住先として勧めている東毛エリアに位置する桐生市では、「きりゅう暮らし応援事業」を推進。桐生市に住宅を建築または購入し、その住宅に5年以上定住することなど一定の条件を満たせば、最大で「住宅取得金額の10%(1,000円未満は切り捨て)または200万円のいずれか低い金額を上限」として費用の助成を受けられる。

 群馬県では東京都に比べて一住宅当たりの敷地面積は広いほか、住宅地の平均価格も都内に比べると大幅に下がる。賃貸物件に住む場合でも、都心よりも家賃は抑えられるため家計には嬉しい。

「県では市町村と連携して東京圏から移住された方に対して、移住支援金を支給しています。これは県マッチングサイトに掲載の中小企業に就職したり、起業支援金の助成を受けて起業された方へ、最大100万円を支給する制度です」と齋藤さん。

「群馬県の魅力はわかるけど、いきなり移住は不安」と感じる人のために、群馬県内ではお試し暮らし住宅を設けている市町村もある。現地で一定期間住み、暮らしのイメージを膨らませることができる。

◆都心では味わえない群馬での暮らし

 インタビューに応じてくれた齋藤さんは群馬県の出身。大学卒業後は都内で働いていた。しかし子どもの誕生をきっかけに「自然豊かな場所で子育てをしたい」との思いから、3年前に群馬県に帰郷後、県庁に入職した。

「群馬県に移住後の働き方ですが、私のようにそれまでの仕事を辞め、現地で転職するケースのほか、就農や起業する人もいます」と齋藤さん。

「ご家族で都内から群馬県内に引っ越し、マンションを購入した方もいますね。この方は普段はテレワークで仕事をしながら、会議や打ち合わせなど特別な場合には新幹線で都内にある会社に行くという暮らしを楽しまれています」

 移住者の中には、「大自然の中で子育てをしたい」との気持ちから埼玉県から家族でみなかみ町に移住した人もいる。夫婦ともにアウトドアが好きなため、自然豊かな環境で川遊びやスキーなど、四季を楽しんでいる。

 また、都内の待機児童数の多さから復職に危機感を抱き、保育園に入りやすい群馬県への移住を決めた人も。この方は群馬県内の保育園にお子さんを預け、都内まで新幹線通勤をしている。

 齋藤さんは、「群馬県ではこれからも子育て世代の方を中心に、『群馬県に移住したい』と思っていただける環境を整えていくつもりです。引き続き、県のホームページ等で群馬暮らしの魅力を発信していきます」と意気込みを語った。

<取材・文/薗部雄一>

【薗部雄一】

1歳の男の子を持つパパライター。妻の産後うつをきっかけに働き方を見直し、子育てや働き方をテーマにした記事を多数書いている。

関連記事(外部サイト)