『最強のふたり』の再来? 自閉症ケア施設と子どもたちを守る戦いを描く『スペシャルズ!』

『最強のふたり』の再来? 自閉症ケア施設と子どもたちを守る戦いを描く『スペシャルズ!』

? 2019 ADNP - TEN CIN?MA - GAUMONT - TF1 FILMS PRODUCTION - BELGA PRODUCTIONS - QUAD+TEN

 9月11日より、『スペシャルズ! 政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話』が公開されている。

 本作はフランス国民の3人に1人が観たほどの大ヒットとなった『最強のふたり』(2011)のエリック・トレダノとオリヴィエ・ナカシュの監督コンビの最新作。今作も、実在する2人の人物をモデルとした、ユーモアもたっぷりで、今を生きる私たちが勇気をもらえる素晴らしい映画に仕上がっていた。その魅力について解説していこう。

◆「他人のために生きる」人の尊さを描く

 自閉症児のケア施設「正義の声」の運営者ブリュノは朝から大忙しだった。電車の非常ベルを鳴らして鉄道警察に取り押さえられた青年の元へ駆けつけたり、頭突き防止のヘッドギアをつけた少年の一時外出の介助を頼まれたりもする。彼らを献身的にサポートし続けるブリュノだったが、施設に監査局の調査が入ることを告げられる。実際に「正義の声」は赤字経営かつ無認可で、叩かれれば山のように埃が出る状態だった。

 重要なのは、施設の運営者のブリュノが「法律の順守より子どもたちの幸せを最優先にしていた」ことと、「他で見放された子どもたちを受け入れていた」事実だ。例えば、ブリュノは自閉症の青年の勤め先を探すために、1万通ものメールを送り続けた。重度の症状のため6か所の施設に受け入れを断られ続けた子どもでさえも、ブリュノは「何とかする」と口にして面倒を見ようとしていた。

 その施設では、ドロップアウトした若者たちも支援員として働いていた。ブリュノの友人のマリクは、ドロップアウトした人たちを社会復帰させる団体を運営しており、彼らをたびたび「正義の声」に派遣していたのだ。重度の症状を持つ少年の介助を行うのは、遅刻ばかりでやる気のない新人の青年であったのだが、その2人の間にはいつしか信頼感も芽生えていく。何重にも、施設は社会からこぼれた人々の受け皿にもなっていた。

 そうしたブリュノの献身的な行い、施設の社会的な貢献に関係なく、調査員からは客観的な状況が問題として扱われてしまう。例えば、「大半の支援員が無資格ではないか?」と詰め寄られるのだ。そんな調査員に対し、支援を受けている青年の母親はいかにブリュノが親身で熱心かを力説し、マリクは「資格があれば暴れる子どもを抑えられるのか」と鼻で笑い、緊急地域医療センターの医師は「3か月で退院しなければならない患者を無条件で受け入れてくれるのは、心と信念で働いているブリュノだけだ」とも証言する。

 ブリュノの施設は、重度の症状の者こそ支援が必要であるのに、むしろ重度であればあるほどに受け入れを断られるという悪循環をも断ち切っていた。そうであっても、調査員たちはそれらの称賛の声に耳を貸さず、無秩序で怪しげな団体だと決めつけてしまう。

 もっとも社会に必要なはずの「正義の声」が、その社会のルール上では問題視されてしまうという理不尽と矛盾。それでも、ただただ子どもたちの幸せを願う運営者と支援員、彼らを称賛する周りの人々……。映画から浮かび上がるのは、単純な損得では到底推し量れない、「他人のために生きる」人々の素晴らしさと尊さだ。彼らの存在を知るということだけでも、本作はとてつもなく大きな価値がある。

◆実際の自閉症者をキャスティングした理由

 本作の主人公とその友人を演じたヴァンサン・カッセルとレダ・カテブはベテランの俳優であるが、実際に自閉症である演技未経験の者や、本物の支援員もキャスティングされている。

 監督の2人はパリのすべての団体を調査し、その中で自閉症など他人とのコミュニケーションに問題を抱える人々を雇っているアートグループを見つけ、そこで出会った愛嬌のある青年に役を依頼した。彼の両親からは心配の声もあったものの、その心理状態をよく察した衣装スタッフのおかげもあって、普段はつけないネクタイやベルトもして、靴下も履いて演技に挑んだのだという。監督2人は撮影中にトラブルがあっても柔軟に対応し、彼の口癖である「僕は何も悪くない」という言葉を映画に取り入れたりもしたそうだ。

 また、重度の症状の少年を演じたのは、本人ではなく弟が深刻な自閉症を持っていた人だったのだという。誰にも相談しないで、1人でオーディションに参加した彼は、エリック・トレダノ監督に「僕には自閉症の弟がいる。この映画に参加することで、弟に少しでも寄り添えるかもしれない。彼のことを愛せるようになれるかもしれない」と話したそうだ。

 本物の支援員と自閉症の若者たちを登場させた理由について、オリヴィエ・ナカシュ監督は「実在の人物とフィクションを絶えず行ったり来たりして融合することで、登場人物や彼らの日常、個人的な問題に寄り添い、身近に感じることができると気づいた」と語っている。この言葉通り、本作はまるでドキュメンタリーを観ているかのように、彼らの日常や、そこに潜む問題を親しみやすい形で感じることができるようになっている。そのリアリティは、どんな演技力のある俳優でも実現し得ないものだろう。

 また、主人公を演じたヴァンサン・カッセルは、モデルとなった人物に会いに行き、時には一緒にドライブもしたそうだ。その結果「相手が落ち着つかなくなるからと、あまり人と目を合わせない」「心配そうな表情」といった立ち振る舞いや人間性を観察し、演技に取り入れたのだという。クセの強い役も多かった名優ヴァンサン・カッセルが、聖人のように優しくも、同時に親しみやすく人間臭い人物に文句なしにハマっている様にも、ぜひ注目してほしい。

◆構想25年の力作、そして映画が変えたこと

 エリック・トレダノ監督は「本作は20歳の時に立てた誓いの結晶だ」と語っている。トレダノとオリヴィエ・ナカシュ監督が、自閉症の子どもたちや思春期の若者たちが社会へうまく馴染めるように支援する団体の創始者に出会ったのは、1994年のこと。

 つまり、本作は構想およそ25年という時を経て、長編映画化が実現したのだ。さらに、監督2人はモデルとなった施設との長年の付き合いにおいて、リサーチのために週に3、4回は通って、自閉症を持つ子どもの会話を聞きながら、実際の言葉を映画で引用したりしたりもしていたという。

 その経緯を得て製作され、やっと公開された『スペシャルズ!』は、フランスでの動員数は200万人を突破し、スペインのサンセバスチャン国際映画祭で観客賞に輝き、セザール賞では9部門にノミネートされるなど大評判を呼んだ。オリヴィエ・ナカシュ監督は自閉症の子どもを持つ親御さんからも、映画の反響を数多くもらったのだという。

 その自閉症の子どものいる家族からは、「(映画のおかげで)周囲の人たちが私たちの家の扉をたたいてくれるようになった。声掛けもしてくれるようになった」という声も届いていたのだという。それをもって、ナカシュ監督は「自閉症の子どもたちは社会的な困難、自閉症としての困難と2つの苦労を抱えているので、家族に対して周囲の人たちの目が変わったということは、僕らにとってとてもうれしい」とも口していた。

 この通り、本作は自閉症に対する認識を改めさせるという効果も確実にある。重度の症状を持ち、他では見捨てられた子どもでさえも、劇中の運営者や支援員は献身的にサポートしており、そして自閉症を持つ子どもたちが「できること」を探っていくのだから。彼らは決して理解ができない、ただ迷惑な存在でもない、分かり合うことができ、そしてお互いに「最良の方法」を探っていけるということも、本作では訴えられている。

 しかも、この『スペシャルズ!』が公開されたことにより、本作のモデルとなった自閉症児のケア施設には、実際に認可が出たのだという。デイケアでは認可が下りやすいが、夜間のケアではなかなか認可をもらえないという実情もあったのだが、映画はそれを変えた。そして、施設でより多くの子どもたちを、しかも24時間に渡って預かることが可能になったのだ。25年という構想を経て作られた映画が、社会の認識を変え、そして施設への認可へとつながったということは、驚嘆すべき事実だ。

◆「規格外」というタイトルが持つ意味

 本作の原題である「Hors normes」の意味は「規格外」だ。オリヴィエ・ナカシュ監督によると、このタイトルをつけたのは、モデルとなった重症者も受け入れる自閉症児のケア施設も、社会からドロップアウトした若者たちを社会復帰させる団体の両方ともが無名であったこと、そして実際に監督自身が「本当にそんな団体あるの?すごい!」と驚いていたことが理由だったようだ。

 何しろこの施設(および彼らの元へ若者を派遣する団体)は、重度の症状を持つ自閉症の子どもたちの面倒を見るだけではなくて、なかなか社会に溶け込めない若者を受け入れるという、2つの役割を果たしているのだのだから。それ以外にも、前述してきた「他人のために生きる」人々の素晴らしさと尊さは、まさに規格外のものとして映るだろう。そうであるのに無名であった施設の知名度の向上、そして社会の理解も深めたことも、本作の大きな意義だ。

 そして、規格外と思えることには、もう1つある。それは、ラストシーンだ。どういうことが起こるかは書かないでおくが、自閉症を持つ子どもたちの可能性、その多様性をも表した、涙なしには観られない素晴らしい光景が、そこには広がっていた。

 このラストについてナカシュ監督は、本作の「どんなに辛い状況でも、涙の裏に笑いがあった」という要素が、ここで最大に表れていると語っている。そして、同時にこのラストは“闘い”も示しているという。「ラストではすべての登場人物の闘いを投影している。彼らの闘いとは、弱者の支援を第一に考え、絶対に目を背けずに関わっていくということだ」、と。

 この“闘い”の物語そのもの、涙の裏に笑いがあるということ、それを最大限に表現した演出……全てが結集したラストの規格外の感動を、ぜひスクリーンで見届けてほしい。

<文/ヒナタカ>

【ヒナタカ】

インディーズ映画や4DX上映やマンガの実写映画化作品などを応援している雑食系映画ライター。過去には“シネマズPLUS”で、現在は“ねとらぼ”や“CHINTAI”で映画記事を執筆。“カゲヒナタの映画レビューブログ”も運営中。『君の名は。』や『ハウルの動く城』などの解説記事が検索上位にあることが数少ない自慢。ブログ 「カゲヒナタの映画レビューブログ」 Twitter:@HinatakaJeF

関連記事(外部サイト)