8月の自殺者が前年比で急増。コロナ禍の中だからこそ知っておきたい「自殺のサイン」

8月の自殺者が前年比で急増。コロナ禍の中だからこそ知っておきたい「自殺のサイン」

photo via Pexels

 俳優の芦名星さんの自殺報道があった。報道によると、遺書がないため自殺の原因についてはよくわかっていないが、さまざまなメディアで憶測が立てられていくだろう。三浦春馬さんの自殺報道が記憶に新しいなか、芸能人の自殺のニュースが続いている。

◆8月の自殺者数が前年比で増加

 もし、自分自身の周りに自殺のサインを出している人がいたとして、私たちはそれに気づくことができるのだろうか。そもそも、自殺のサインについて正しく理解できているのだろうか。

 実は、8月の自殺者数が去年に比べて増えている。8月の自殺者数は1849人となり、前年同月比で246人増加している。コロナによって、今後の生活に不安を抱えたことが原因かと考えられるが、なんと1日に約60人が自殺している計算になる。個人的には、この数字はかなり多いと感じる。愛知県は自殺者の急増に伴い、緊急の会見を行なって、不安を抱え込まないでほしいと呼びかけた。

 「こころの健康相談統一ダイアル」(0570-064-556)というものが設置されており、そこへ気軽に相談することができるが、電話してみたところ電話が混み合っていて、相談窓口までたどり着くことができなかった。他にも区別のものや施設などが実施している相談窓口があるので、そちらのほうが通じやすいのかもしれない。

 もちろん、そのような窓口に相談することは重要だが、同時に周りの人が「自殺のサインに気づけるか」というのも重要である。1番身近な人が、自殺のサインに気づき、相談に乗ってあげて、悩みを1人で抱え込む孤独感から解放してあげることが、自殺を思いとどまらせるのに効果的な方法のひとつだ。

 自殺を考えている人は、「相談をすると迷惑かもしれない」「弱い自分を否定される(受け入れてもらない)かもしれない」「相手を重たい気分にさせるかもしれない」といった不安を抱えているため、自分から相談ができない。そのため、その人が無意識に/意識的に発している自殺のサインに気づいてあげる必要があるのだ。

 ただ、多くの人は、自殺のサインについて無知であり、無頓着である。自殺のサインに気づいていたとしても、「誰にでも、そういうときはあるよね」と、鈍感になってしまう。これは、「正常性バイアス」と呼ばれ、異常な事態でも、それが正常範囲内だと軽く捉えてしまうのだ。

◆周囲が気づくことのできる危険因子

 そういった理由で自殺のサインを見逃してしまわないよう、今回は自殺予防の権威である精神科医・高橋祥友医師が著書で提示した自殺の危険因子についての概要をご紹介する。

・自殺未遂

 自殺を図って命を救われたとしても、適切なケアがなかった場合10人に1人は自分を傷つけて、自殺にいたってしまう。自殺の危険を予測するうえで最も重要な因子だと高橋氏が提示している。死にいたらない軽度な自傷行為を行う人でも、「本気じゃないからだ」と軽視してはいけない。将来的に自殺をしてしまう可能性が高いということがわかっている。

・精神疾患

 自殺をする多くの人は心の病を抱えており、適切な治療をしていない場合が多い。心の病を抱えている場合は、必ず専門の病院へ行くことが、自殺予防に大きな効果がある。

・サポート不足

 学校や家庭、職場などで、支えてくれる人がおらず孤独を感じていると自殺の危険が高まる。最近の芸能人の自殺のニュースを見ると、周りに弱さや悩みを打ち明けられないことによるものが大きいように感じる。

・喪失体験

 その人にとって大切なものを失う体験のことを指す。それは大切な人というだけでなく、自分の地位や、名誉、富、将来など、仮に他の人にとって些細なことだったとしても、その人にとって大切にしているものを失うことは自殺の危険因子だと考えられている。

・事故傾性

 事故に繋がる行動をする、命の危険がある状態に身をさらすなどの行為は自殺の代理行動だと考えられており、精神科での診察が必要である。飲酒・危険運転や、アルコールの暴飲、多額の借金、医師の指示を聞かないなどの行為がこれに該当する。

 これらの因子ひとつでも当てはまれば自殺の危険があるのではなく、複数が組み合わさることで自殺の可能性が高まるので、総合的に判断していただきたい。

◆適切な治療や相談を進めるべき

 また、高橋医師の提示する自殺の直前のサインのなかから個人的に観測しやすいものをピックアップしてみた。

・事故傾性(※上記の例の通り)

・孤独感、無価値感

・注意が集中できず、成績が下がる(仕事、学業など)

・食欲減退

・不眠

・大切にしていたものを整理したり、誰かにあげる

・自殺について話す

・自傷行為を行う

 上記の例が、自殺を行った人の周囲の人たちから上げられた自殺のサインだと考えられている。

 これらが多く当てはまるから必ず自殺するというわけではないが、精神科ヘ行く、相談に乗ってあげるなど適切な対処が必要だ。

◆コロナの影響で目にしづらいサイン

 もし相談に乗ってあげるときには、相手の行動(自殺をしようとしたこと)や考えたことを否定してはいけない。

 本人もやってはいけないとわかっていることが多いはずなので、行動や考えを否定することは、さらにその人を追い込むことになってしまい、相手の孤独感を増してしまう。

 まずは、相手に「あなたのことを心配している」ということを伝え、死にたいと思っているかどうかを尋ね、その理由について傾聴し、病院での診察を進めることがよい。

 コロナの影響で精神的に追い詰められている人が多くなっており、今後も増加する可能性は十分にある。

 また、自粛によって、人と繋がる機会が減り、孤独感を感じたり、誰かに気づいてほしいとサインを出すことが難しくなってきている。だからこそ、身近な人が自殺のサインを発していないか気づき、支え合うことが必要である。

【参考資料】

『自殺のサインを読みとる』高橋祥友

『自殺予防の実際』高橋祥友

『わが国の自殺対策』赤沢正人

<取材・文/山本マサヤ>

【山本マサヤ】

心理戦略コンサルタント。著書に『トップ2%の天才が使っている「人を操る」最強の心理術』がある。MENSA会員。心理学を使って「人・企業の可能性を広げる」ためのコンサルティングやセミナーを各所で開催中。

関連記事(外部サイト)