事件の再発を防ぐために必要なことは? 名古屋闇サイト殺人事件の深層を映画化した『おかえり ただいま』齊藤潤一監督に聞く

事件の再発を防ぐために必要なことは? 名古屋闇サイト殺人事件の深層を映画化した『おかえり ただいま』齊藤潤一監督に聞く

(C)東海テレビ放送

 13年前に実際に起きた名古屋闇サイト殺人事件をフィクションとドキュメンタリーを交えて描いた映画『おかえり ただいま』が、ポレポレ東中野で公開されています。

 名古屋闇サイト殺人事件とは、2007年8月24日深夜、帰宅途中の女性が拉致、殺害され、山中に遺棄された事件です。犯人は、携帯電話のサイト“闇の職業安定所”で知り合った男たちで、被害者の女性とは面識がありませんでした。

 被害者の母親は加害者全員の死刑を望みましたが、一審判決は二人が死刑、自首した一人は「無期懲役が妥当」というものでした。母親は街頭に立ち、極刑を求めて約33万筆の署名を集めましたが、一審で死刑判決を下された二人の被告人の一人には死刑が確定、自首した一人の被告人には無期懲役が確定。そして、一審判決で死刑を受けた被告人の一人は、「殺人事件の被害者が1名であれば無期懲役以下」とされる永山基準が適用され、控訴審で無期懲役に減刑。そのまま最高裁で確定しましたが、その後、別事件の強盗殺人が発覚し、死刑となりました。

 本作の監督・脚本は、テレビ番組『光と影〜光市母子殺害事件 弁護団の300日〜』(08)、オウム真理教麻原彰晃元死刑囚の弁護団を描いた映画『死刑弁護人』(11)、『約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯』(12)など東海テレビドキュメンタリーシリーズにおいて日本の司法のあり方を問い続ける齊藤潤一さん。今回は齊藤監督に本作制作の経緯、そして刑事事件における報道の役割などについてお話を聞きました。

◆生前の「家族の物語」を再現

――『おかえり ただいま』は、2009年に放送された犯罪被害者遺族を追った『罪と罰〜娘を奪われた母 弟を失った兄 息子を殺された父』の撮影時に描けなかった、被害者である磯谷利恵さんと母親の富美子さんの「家族の物語」を描きたいと思ったことがきっかけで制作を開始したとのことでしたね。

齊藤:事件取材は、事件発生後からしか取材はできません。非常に残虐な形で犯人たちに手を掛けられ、この世を去らなくてはならなかった利恵さんのことも、亡くなられた後にお母さまの富美子さんから聞くしかなかったんですね。

 『罪と罰』は犯罪被害者の方々3人の姿を描きましたが、すべてを描き切れなかったという思いが強かったんです。テレビ番組は時間が限られていることもあり、利恵さんの事件については犯人を死刑にして欲しいと署名活動をしていた富美子さんの姿を中心に取り上げました。しかし、それだけでは富美子さんの無念や事件の残忍さは伝わらないと感じたんですね。母と娘の生前の物語や事件発生までの過程についてはいつか描きたいと思っていました。

――この作品はドラマの部分もありますね。

齊藤:先程申し上げた通り、過去の事件は取材ができないので描くのが難しいんです。写真やイメージ映像ではどうしても限界がある。そこで、思い切ってドラマを作ることにしました。

 キャスティングについては、ちょうどその頃、是枝裕和監督の『3度目の殺人』(17)を見ていて、斉藤由貴さんの被害者の遺族役の演技が印象に残っていました。また、斉藤さんご自身もお嬢さんがいらっしゃるので富美子さんの気持ちがわかると思ったんです。そこで、母親役は斉藤さんにお願いしました。自分はドキュメンタリーのディレクターなので、斉藤さんにはほとんど演技指導せず、台本の意図などを説明しただけでしたが、思い通りの演技をして頂きました。

 利恵さん役の佐津川愛美さんは、知的で活発なイメージが囲碁が好きだった利恵さんと重なると思ってオファーしました。

 利恵さんの叔母さんの役については、同じく東海テレビのドキュメンタリーシリーズ『約束〜名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯〜』(12)に出演していた樹木希林さんに紹介してもらいました。食事の席で企画を話したところ、役にぴったりだということで、その場で浅田美代子さんに電話をして下さり、そこで決まりました。

◆加害者を描いた理由

――『おかえり ただいま』は被害者側の物語を描きつつ、加害者の事情にも触れていますが、このような構成を取ったのはなぜなのでしょうか。

齊藤:この事件だけではなく様々な事件の取材をして感じていたのは、加害者は経済的にも家庭的にも社会的弱者が多いということでした。そして、その事実を多くの人たちに知ってもらいたいと思っていたんですね。それから自分の反省もありました。一つの事件の取材が終わるとすぐ他の事件の取材をしなくてはならない。それだと加害者側の背景、生い立ちにどのような事情があったのか、なぜ犯罪に手を染めたのかということが掘り下げられないんです。ドキュメンタリーであればそういう部分はしっかり描けるんですね。

 普段のニュースの報道は、加害者の凶悪性と被害者が気の毒であるという部分をクローズアップしがちですが、二度とこういう事件が起こらないために、何があったのか、そしてこれから何をすればいいのかを突き詰めることが大切だと感じていますね。

――加害者側の事情も描いたことに対する番組の視聴者の反応はどのようなものだったのでしょうか。

齊藤:いくつか批判が寄せられましたが、「反対の視点から事件を見たことはなかったので勉強になりました」という声もありました。こうした報道は司法システムの中にあるものではありませんが、犯罪の抑止になるのではと感じています。

◆司法シリーズの生まれた背景

――齊藤監督は、光市母子殺害事件や名張毒ぶどう酒事件など司法を題材として、10を超える作品を世に送り出していますが、なぜ「司法シリーズ」を制作し続けているのでしょうか。

齊藤:ドキュメンタリーの制作は『重い扉〜名張毒ぶどう酒事件の45年』(06)という作品が初めてだったのですが、「名張毒ぶどう酒事件」で無実を証明する証拠が再提出されたのに、なぜ裁判所は再審開始決定の取り消しをしたのかが不思議でなりませんでした。司法関係者やOBに取材をしてみると、裁判所は縦社会で、一度先輩の下した判決を後輩が覆せないことになっていると口々に言っていたのを聞いたんですね。

 営業から報道に異動になり5年目の30代後半の頃でしたが、裁判官の世界をもっと知りたいと思って、『裁判長のお弁当』(07)という作品を撮りました。ベテランと若手、2人の裁判官に密着したんです。2人とも物凄く忙しく、ベテランの裁判長はお弁当を2つ持ってきて昼と夜に食べていました。それぐらい働かないと仕事が追い付かないということの象徴として『裁判長のお弁当』というタイトルにしたんですね。

 そこからは、一つ取材するとまた一つ見えて来るものがあって、検察官、弁護士、犯罪被害者と被写体を変えて来ました。「司法を良くしたい」という大それたものではなく、犯罪の起きない社会にしたいという気持ちから、その手助けをしているという感覚ですね。

 ――「名張毒ぶどう酒事件」のシリーズが、冤罪がテーマの被告人側の物語だとすれば、今回は被害者側の物語を描いています。齊藤監督ご自身の中で、司法制度の見え方が今までとは異なって見えたことなどはありましたでしょうか。

齊藤:異なって見えたということはないです。ただ、共通して言えるのは、被害者側も加害者側も裁判が終わった後も、事件は当事者の間では続いていくということです。

 富美子さんは三人の死刑を望んでいたところ、結局は一人無期懲役になってしまいました。しかし、たとえ三人死刑にしたとしても、利恵さんを失ったことの傷が癒えたということはなかったと思います。お姉さんや職場の方々など周囲のバックアップがあったからこそ今は前向きに過ごしていらっしゃいますが、事件の傷跡はずっと続いていくんですね。

 裁判が終われば国の事件に対する関与は終わりです。ただ、より良い社会を作るには、被害者、加害者のフォローをもっとすべきだと思います。遺族も含めて犯罪被害者のフォローをどうするのか、また、加害者は刑期の終わった後どのようにして社会で受け入れるのか。そこにもっと国は関与すべきだし、私たち一般社会の人間も考えるべきではないでしょうか。

◆被害者の声と司法

――被害者の意見を反映させることを目的とした被害者参加制度がスタートして10年以上が経過しますが、被害者の声は司法に反映されているとお感じになっていますか。

齊藤:現在は管理職となり、現場の報道記者の仕事を離れているので、実体験としてはわかりません。

 ただ、裁判員制度もそうなのですが、いわゆる素人が司法制度に関わるのは難しい面もあると感じています。ともすれば感情に流されてしまい、冷静な判断は困難なのではという印象もあります。 

なぜ近代国家において自力救済は禁じられているのか、司法制度があるのかという制度そのものの説明をもっとしてもいいのではないかと。

 ――本件の最高裁判決は「実母らの処罰感情はしゅん烈である」としながらも、「意図的に残虐な殺害方法をとっていない」「前科がない」「殺害された被害者が一名しかいない」ということを理由に無期懲役の判断を下しています。殺人事件の被害者が1名であれば無期懲役以下、3名なら死刑、2名ならボーダーラインとする永山基準からすれば妥当とも取れます。この点についてはどのように感じますか。

齊藤:光市母子殺害事件判決では、被害者の人数ではなく、犯罪の客観的な悪質性に着目して死刑判決が下されたことから、この判決以降、永山基準は崩れているとも言われていますね。法の下の平等ということを考えると、判例は大切ですが、当事者の方々の思いに触れるとやはり人数だけで判断するのではなく、あくまでケースバイケースであるべきではないかと感じます。それから、自首したら死刑を免れるというような安易な認識を生み出す状況は再考すべきではとも思います。

◆死刑廃止論の是非は

――殺人事件の場合、ご遺族の方々が事件の解決として望むものはやはり「犯罪者の更正」ではなく「応報」なのでしょうか。他の事件も含めて取材者としてお感じになったことはありますか。

齊藤:例えば、自分の子どもが殺されたらやはり「応報」に傾くと思いますね。多くの人がそうなのではと思います。ただ、『罪と罰』に登場する弟さんを失った原田さんは「生きてこそ償えるから犯人を死刑にしないで下さい」と言ったんですね。確かにそういう人もいるんです。なので、被害者感情を一括りにしてはいけないと感じますね。

 

――大まかに分けて、冤罪の可能性や加害者の更正を強調すると死刑廃止論に、犯罪の抑止や被害者感情を重視すると存置論に傾きやすいと思いますが、この点についてどのようにお感じになっていますか。

齊藤:こういう取材をしていると、周囲の人たちからは「死刑廃止論者なんですよね」という言われ方をされることもありますが、決してそうではありません。わからないというのが正直な感想です。

 例えば、名張毒ぶどう酒事件のように、冤罪の可能性のある事件を取材した時には、無辜の人を殺してしまうかもしれない死刑は廃止すべきだと感じますし、今回の闇サイト殺人事件のような残忍な事件を取材した場合にはやはり死刑は必要かもしれないと思います。事件ごとに自分の中で判断がグラグラ揺れているような状態ですね。

 ただ、一般の人たちはここまで考えたことがないと思いますし、考える機会もないと思います。死刑に対して一般の人たちももっと考える機会があった方が良いのではとは感じますね。

◆記者としての原点

――東海テレビのドキュメンタリー制作チームが大切にしているものは何でしょうか。

齊藤:当社のドキュメンタリーチームは継続取材を大切にしています。定年退職したスタッフも手伝っていることもあり、今後も先輩が築いた財産を受け継いでいきたいと思っていますね。

――今後、取り組みたいテーマについてお聞かせください。

齊藤:自分はもう後進に道を譲る年齢に差し掛かってきましたが、記者生活を振り返ってみると、ターニングポイントはやはり「名張毒ぶどう酒事件」だったんだと思います。そこで、冤罪を信じる当事者の人たちの思いに触れたことがきっかけで、一つ一つ問題を掘り下げているうちに司法シリーズが生まれました。

 現在、名張事件は元死刑囚の奥西勝さんが亡くなり、90才の妹さんが名古屋高裁で再審請求を引き継いでいます。最後まで名張毒ぶどう酒事件は追いかけていきたいですね。

<取材・文/熊野雅恵>

【熊野雅恵】

くまのまさえ ライター、クリエイターズサポート行政書士法務事務所・代表行政書士。早稲田大学法学部卒業。行政書士としてクリエイターや起業家のサポートをする傍ら、自主映画の宣伝や書籍の企画にも関わる。

関連記事(外部サイト)