TOSHIの「洗脳」で話題になったホームオブハートの今。TOSHI脱会後も、名前を変えて活動

TOSHIの「洗脳」で話題になったホームオブハートの今。TOSHI脱会後も、名前を変えて活動

X JAPANのTOSHI(自己啓発セミナーから脱会した2010年の記者会見)

◆シリーズ「風化」するカルト問題・第2回)

 ロックバンド「X JAPAN」のヴォーカル・TOSHI(現Toshl)がのめり込み、X JAPAN解散の原因にもなった自己啓発セミナー団体レムリアアイランドレコード。後に「ホームオブハート(HOH)」と名称を変え、2004年に栃木県那須町にあった共同生活用の施設等から児童5人が保護される「児童虐待問題」を引き起こし、高額なセミナー料金等が元で元受講生らから民事訴訟を起こされた。2010年にTOSHIが脱会し、元受講生らとの裁判は和解が成立。その後はメディアに報じられることはほとんどなくなったが、現在は関西に拠点を移し、実質リーダーのMASAYA(倉渕透=倉渕雅也)氏はMARTHと芸名を改め、現在もセミナーや健康グッズ販売、ヒーリング音楽販売、リゾート会員権販売などを続けている。

◆ライフスペースと同じく自己啓発セミナーがカルト化

 HOHは前回第1回記事で紹介したライフスペースと同様に、「自己啓発セミナー」団体がカルト化した事例だ。自己啓発セミナーの歴史については前回記事を参照してほしいが、ライフスペースもHOHもともに、1977年に日本で設立された「ライフ・ダイナミックス」を模倣したセミナー団体群の1つだ。

 HOHの場合は、自己啓発セミナーのほか、MASAYA作の楽曲を用いた音楽事業や、リゾート施設の会員権ビジネス、岩盤浴器具販売など多角的なビジネスを展開してきた。TOSHIがこの団体にのめり込み1997年にX JAPANは解散。TOSHIはソロ活動でMASAYA氏の楽曲を歌うようになる。

 当時、『週刊現代』が、TOSHIがセミナー団体に洗脳されていると報じ、テレビのワイドショーもTOSHIを追いかけた。テレビカメラに向かってTOSHIは「あの雑誌は信じないでください! 全部、デタラメです!」と言い切り、MASAYA氏とともにワイドショーにスタジオ出演してHOHやMASAYA氏を擁護した。

 テレビでは、MASAYA氏が「2000年に人類の90%が死ぬ」「今人類に必要なのは壁抜けと空中浮遊」などとわけのわからないことを口走るセミナーのVTRも流された。

 その頃のHOHは「レムリアアイランドレコード」を名乗り都内を拠点として活動していたが、2001年にHOHと改称し栃木県那須町に移転。同町に複数の施設を構えて、コアなメンバーが共同生活に入った。

 HOHのセミナーの原型となった「ライフ・ダイナミックス」のセミナーは、予言や超能力、宗教的なメッセージなどは扱わない。飽くまでも「心理療法」の一種を標榜するレクチャーや実習を通して、「本当の自分を見つける」などと称するものだ。それはそれで効果が疑問視されており、また数十万円の高額な料金がかかる点や、受講生の精神状態を高揚させ無償の勧誘活動に奔走させる点で80年代に悪徳商法のひとつとして社会問題化した。しかしそれでも、HOHのように人類滅亡予言や超能力めいた内容は登場しないし、基本コースである3種類のセミナーを受講するだけだ。HOHのように何度も繰り返しセミナーを受講しながら共同生活するなどということはない。

◆悪用された心理療法プログラム

 そもそも80〜90年代に社会問題化した「自己啓発セミナー」というビジネスは、心理療法のテクニックをマルチ商法販売員の研修に流用した中で誕生した、ある種の「心理療法の悪徳商法化」だ。しかしHOHは、さらにこれを悪用した。

 たとえばライフ・ダイナミックスのプログラムには「フィードバック」というものがある。受講生の発言等について、他の受講生たちが感想や意見を言うものだ。これを模倣したセミナー会社ことに異なるが否定的な内容で受講生を罵倒することを「ネガティブ・フィードバック」と呼び、肯定的な内容で褒めちぎることを「ポジティブ・フィードバック」と呼ぶこともある。

 いずれも、自分が他者からどう見られているかを「フィードバック」してもらうことで自分を見つめ直すという名目で行われる。しかし実際には、受講生の感情を揺さぶり、他の実習も含めた数日間のセミナーを終えた頃に「辛かったが感動的な体験」を演出する側面もある。

 これがHOHでは、施設内で行われるセミナーの最中だけではなく、電話やメールでの恫喝や罵倒も「フィードバック」として繰り返された。また後にHOHを相手取って被害者が起こした民事訴訟の判決によると、「マネートレーニング」と称するセミナーでMASAYA氏は受講生に対して「お金はどんどん借りるほうがいい。借りるのがいけないというのはネットの間違った観念だ」などと借金を奨励し、夜中の2時、3時まで、受講生の金銭感覚を罵倒する「フィードバック」を繰り返したという。

 もはや「自己啓発セミナーの実習」ですらなく、恐喝と言っても過言ではないかもしれない。これは飽くまでも一例に過ぎず、受講生たちはこういった調子で終始罵倒され、時には暴力を伴うこともあったという。TOSHIがHOHで「化け物アゴ男」あるいは「アゴ」と呼ばれていたことは一般メディアでも報じられているが、これも「フィードバック」と称する罵倒の延長だ。

 従来の自己啓発セミナーでも借金が奨励されることはある。しかしそれは主に、勧誘を受けた者が「カネがない」といった理由で受講を拒んだ場合などに「自分への投資」等の物言いでカネを工面させる類いのやりとりだ。すでにカネを払ってセミナーを受講している最中の受講生に、さらなる借金をさせるためのセミナーなど聞いたことがない。しかも従来の自己啓発セミナーの料金は総額で20〜30万円程度。しかし上記のHOH被害者は1000万円以上をHOHから搾り取られた。

 従来の自己啓発セミナーに比べてHOHはオカルト的な側面を強めていった。しかしそれだけではなく、受講生への恫喝や金銭収奪の度合いも従来の自己啓発セミナーとは比較にならない深刻さを帯びていった。

?

◆児童相談所が児童5人を保護、多数の訴訟へ

 2004年、児童相談所が那須町のHOH施設から児童5人を保護した。「不適切な養育環境」にあったことが理由だ。当時の報道や元メンバーの証言によると、幼児が段ボールに入れて放置されていたり、就学年齢の児童が学校に通わされていない状態だったりしたという。

「那須町の施設には子供もおり、大人たちが“セミナー”の一環として部屋の中で怒鳴ったり泣き叫んだりしている中で放置されていたんです。大人と一緒に“セミナー”に参加させられていた子供もいました」

 この頃、TOSHIは全国でドサ回りのコンサートを行い、その売上をHOHに納めるという役回りだった。

「TOSHIは、ボランティアと称して福祉施設などを1日で何件もハシゴしてライブを行い、CDの即売で得た売上やお車代を、次の会場に向かう途中でATMからHOHに送金していました。TOSHIもセミナーに参加することがありましたが、HOHの施設はMASAYA氏以外の男性は立ち入れない決まりだったので、TOSHIは玄関の土間にひれ伏して受講させられていました」(元メンバー)

 児童虐待疑惑が大きく報じられた2004年以降、HOHを辞めた元メンバーたちがHOHを相手に訴訟を起こした。セミナー料金やリゾート会員権代金の返還を求めるもので、中には半年で約1380万円を奪われた(慰謝料等を含めて訴額は約2000万円)元メンバーもいた。この元メンバーが起こした訴訟については、2007年に東京地裁が約1500万円の損害賠償を認める判決を言い渡したが、HOH側が控訴し、さらに裁判が続いた。

 TOSHIも含めHOH側が被害者や被害者側の代理人弁護士を中傷する情報発信を繰り返したため、被害者側の弁護士が名誉毀損を理由にHOH側を訴えたり、逆にHOH側が被害者側の弁護士を訴えるなど、のべ10件の訴訟が飛び交った。HOH側は、被害者側弁護士の懲戒処分も弁護士会に申し立てた。

◆TOSHIの脱会で裁判終結も、HOHは活動継続

 泥沼の訴訟合戦だったが、2010年に事態が急転した。TOSHIがHOHからの脱会を表明し、記者会見を開いたのだ。さらに後日、TOSHIはHOH被害者や被害者側弁護士と共同記者会見も開いた。

 TOSHIは会見でHOHに10億円以上を貢いできたことなどを明かし、自己破産を申し立てた。最大の「ドル箱」を失ったHOHは、被害者らに慰謝料と損害賠償にあたる和解金を支払う内容で和解を提案。被害者側が受け入れ、関連する全ての裁判が終結した。

 しかし破産したのは、広告塔だったTOSHIだけ。HOHといくつもの関連会社は、社名を変え、いまも活動を続けている。MASAYA氏自身も現在はMARTHと名乗っている。

 HOHの被害者団体も、当初は「HOHとTOSHI問題を考える会」だったが、TOSHIの脱会を受け「MASAYA・MARTHこと倉渕透グループ問題を考える会」(以下、考える会)に改めた。

「TOSHIがいた頃のHOHでは20人強のコアメンバーが那須で共同生活をしていました。現在は拠点を神戸や芦屋に移して、おそらく10数名程度が拠点施設周辺に住んでいる形です。たとえば株式会社ヒーリング(旧、株式会社倉渕コーポレーション)という会社では、足を乗せて使う数十万円の岩盤浴器具を漢方薬局などに売り込んでいます。店頭でそれを使う客にMARTHを紹介するといった勧誘が行われています。MARTH(MASAYA)は現在もセミナーのようなこともしています」(考える会関係者)

 屋久島に建設予定だとうたうリゾートやプライベートジェット、クルーザーなどの会員権も各々数百万円で販売する。こうしたリゾート事業も、HOH時代から行われていたものだ。つまり、会社名やMASAYAの芸名を変えても、概ねやっていることは変わらないと言える。

◆「胎内記憶」の池川明氏やUFOと会話できるジャーナリスト……

 HOHの問題は、たびたびメディアで大きく取り上げられてきた。90年代の「TOSHI洗脳騒動」、2004年の児童虐待事件、2010年のTOSHI脱会。その度に、テレビや雑誌やネットメディアで大きく何度も報じられた。最後にメディアで注目されたのは、2014年のTOSHIの告白本『洗脳 地獄の12年からの生還』(講談社)が発刊だ。

 それから6年。当時の中高生等であればともかく、大人であれば忘れるには少々早すぎる年数ではないだろうか。しかしHOHやMASAYA氏が名称を変えたこともあってか、すでにMASAYA氏には様々な「著名人」等が群がってきている。

 その一人が、子供が母親の胎内にいた頃の記憶を持って生まれてくるという持論で知られる産婦人科医・池川明氏だ。日頃、虐待される子供は虐待されるために生まれてきたのだと主張していることから、虐待の正当化や容認にあたるのではないかとの批判も浴びている。

〈参照:「胎内記憶」医師の登壇中止でも立教大スピリチュアル・シンポが不思議でいっぱいだった件〉

 その池川氏は昨年、MASAYA氏のMARTH TVでMASAYA氏と対談。こんなふうにMASAYA氏を持ち上げてみせた。

〈MARTHさんの音楽って、まさにその、愛をものすごく意識してらっしゃる音楽なので、これを妊婦さんが聴くことによって、意図せず、全然知らなかった人も、赤ちゃんにそういう愛を伝えることができるんじゃないか〉(動画より)

 池川氏はスピリチュアル系の人々の間でそれなりに人気を博している人物。それがこのように公然とMASAYA氏をヨイショすれば、池川ファンがMASAYA氏やHOH関連団体に接触し被害を受ける可能性すら出てくる。

 今年7月には、政治評論家・中丸薫氏が同じYouTubeチャンネルでMASAYA氏と対談した。

〈私、あるときにね。UFOからのメッセージがあってね。天橋立に来てくださいって言われてね。何で天橋立に?と思いながらも、言うとおりに行ったんですね。(略)なぜ天橋立に行かなければいけないのですか?って言いましたら、あなたがアマテラスだったときのものがそこに随分見当たるのでね。それを含めて、いろんなことが分かるから、行ってくださいと言って、まぁでも太陽の会の人たちと何人かで行ったんですね〉(動画中の中丸氏の発言)

 太陽の会とは、「新しい時代の人間復興ルネッサンスを日本から」などと謳う、中丸氏が総裁を務める団体と思われる。UFOがどうのとか、中丸氏がかつてアマテラスだったとか、MASAYA氏云々抜きでも十分首を傾げたくなる。そして終盤では、やはりMASAYA氏を持ち上げてみせた。

〈素晴らしかったと思うわ。これからね、一緒に世界平和を目指して。いろんなことを言って〉(同)

◆HOHとスピリチュアル右翼

 他にも医師の池田和子氏、作家の藤原定明氏、弁護士の秋山佳胤氏、元自衛官・池田整治氏、日本の心をつたえる会代表・小名木善行氏など、様々な人々がMASAYA氏との対談に登場している。スピリチュアル方面の人々ばかりだが、それぞれの主宰団体名等に「日本の」「日本から」などを謳う保守系スピリチュアリストの顔ぶれもちらほら。

 池田氏や小名木氏などは、古事記や聖書を用いた「日本スゴイ」的な歴史観を唱える人物だ。たとえば池田氏は、聖書における神の祝福を受けた民は日本人だったとか、聖書のイザヤ書から神の民・ヤマトの「東への道」の記述が削除されている、といった持論を展開している。

 HOHのこうした「スピリチュアル右翼」人脈は、必ずしも今に始まったものとは言い切れない。たとえばTOSHIはHOHの広告塔だった時代の2007年、日本BE研究所という自己啓発セミナー会社の代表である行徳哲男氏という人物を、東京・なかのZEROで行われた自身のコンサートのステージにまで登場させた。行徳氏の勉強会に出席した人物のブログによると、TOSHIは同年にその勉強会にもゲスト出演していたようだ。

 行徳氏は、日本創造教育研究所という自己啓発セミナー会社の顧問を務めているほか、親学推進協議会の顧問でもある。そう。日本会議系の教育団体だ。

 TOSHI脱会以降についてHOHと行徳氏との接点を見つけることはできなかったが、いずれにせよ、MASAYA氏は現在こうした「スピリチュアル右翼」方面の人脈を従来以上に強くネット上でアピールし、自己宣伝に利用している。TOSHIの脱会以降、HOHの問題がメディアで報じられることはなくなったが、いつまた深刻な被害者が出てもおかしくない。

<取材・文・撮影/藤倉善郎>

【藤倉善郎】

ふじくらよしろう●やや日刊カルト新聞総裁兼刑事被告人 Twitter ID:@daily_cult4。1974年、東京生まれ。北海道大学文学部中退。在学中から「北海道大学新聞会」で自己啓発セミナーを取材し、中退後、東京でフリーライターとしてカルト問題のほか、チベット問題やチェルノブイリ・福島第一両原発事故の現場を取材。ライター活動と並行して2009年からニュースサイト「やや日刊カルト新聞」(記者9名)を開設し、主筆として活動。著書に『「カルト宗教」取材したらこうだった』(宝島社新書)

関連記事(外部サイト)