犬笛吹いて餃子店を休業に追い込むことは「経済を回す」ことじゃない。「ホリエモン新党」の都知事選候補者が発端となったマスク非着用騒動

犬笛吹いて餃子店を休業に追い込むことは「経済を回す」ことじゃない。「ホリエモン新党」の都知事選候補者が発端となったマスク非着用騒動

10月18日に予定されている堀江さんの講演会には「※当日のマスクの着用と検温検査へのご協力よろしくお願いいたします。検温後37.5度以上の方や、症状が確認される方の入場をお断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください」とある(イベント告知サイトより)

◆「マスク着用」を巡る騒動が頻発する中で……

 昨年末に中国の武漢で始まった新型コロナウイルスは、あっという間に全世界に広がり、とうとう死者の数が100万人を突破。感染者も3300万人を超え、無症状で病院に行っていない人などを含めると、ざっくり1億人以上が感染しているのではないかと言われています。

 日本も新型コロナウイルスは例外なく蔓延していて、感染者は8万人以上、死者の数も1500人以上。秋の4連休で気が緩み、再び感染者が増えてしまうのではないかと懸念される中、いまだ画期的な治療法が見えないため、みんなが感染しないために努力を重ねています。ところが、世の中にはそういうみんなの努力を台無しにしてしまう人がいるのも現実です。先日、飛行機で「断固としてマスクをしたくない」と言い張る男性が登場。飛行機を降ろされたあげく、飛行機の出発が大幅に遅れるという出来事がありました。

 マスクをしていないからと公共の場で口論や喧嘩になるのも問題ですが、こうした出来事は単なる「クレーマー」であり、こんなものは「マスクをしない自由」でも何でもありません。そんなにマスクをしたくないのなら、他の移動手段を考えればいいのです。

 これと似たような話で、餃子屋さんで、同行者にマスクをしていない人がいたため、「マスクを着用しない人はお断り」ということで追い出されてしまった堀江貴文さんが、店の対応が悪かったなどとFacebookに書き込んで犬笛を吹き、餃子屋さんに多数の誹謗中傷やいたずら電話が殺到、営業を妨害をされた挙げ句に休業に追いやられるという事態になりました。〈参照:J-castニュース〉

 この問題、実は「ホリエモン新党」に関連する話になっていたのです。

◆事の発端は堀江貴文さん一行の一員のマスク非着用

 この事件は、堀江貴文さんが広島県尾道市の餃子店を訪れた時に、グループの中にマスクを着用していない人がいたため、入店を拒否されてしまったのですが、対応が失礼だとしてFacebookにアップ。これを読んだ堀江さんのファンがお店に電凸をかまし、お店の営業が妨害されました。かねてから堀江貴文さんは「マスクの着用が義務付けられるのはおかしい」と主張している人で、LCCの飛行機でマスクの着用を断固拒否して飛行機を降ろされた事件でも「コロナ脳」と表現し、マスクの着用が義務付けられるのはおかしいと主張していました。

 しかし、主張は何であれ、ここはお店のルールに従うべきです。相手のこともよく知らずにFacebookに悪評を書き込み、お店の悪評を垂れ流す行為は「経営者にあるまじき」だと思いますし、これではただの「モンスタークレーマー」です。

 尾道市にあるこの餃子店は、本来、新型コロナウイルスに対する意識の高い優良店です。どれだけ味が美味しくて人気だったとしても、あまりの人気で店内が密になっているのだと、不安が先行してしまい、安心して食べられない人もいることでしょう。このお店では、もともと30席あった椅子とテーブルを撤去し、店内は1組、商店街と交渉して特別に設けられた店外の席には2組しか座ることができないお店になりました。

 これで利益を出すのはかなり難しいと思いますので、利益より「安心」や「信頼」を重視しているお店だと言えると思います。このお店を昔から愛しているお客さんの中には高齢の方もいる人もいるでしょうし、そういうお客さんにも安心して食べてもらえる方が、お金を稼ぐよりも素晴らしいと考えたのでしょう。店内の座席を1人4人に限定するというのは、このお店が本当に新型コロナウイルスのことを考えている証拠です。ただ席を減らすのでは、かねてから指摘されているエアロゾル感染を防ぐことはできません。

 店主は利益より「安心」を選択するタイプの人なのでしょう。1円でも多く稼ぐことを正義としているのではなく、1人でも多くのお客さんに笑顔になってもらうことをよしとして、ビジネスをしているタイプの人だということです。だから、お金を払えばどんなお客さんでも受け入れるというのではなく、お店が担保したい「安全」や「安心」を守ってくれるようなお客さんだけに食べてもらいたいということで、堀江貴文さんらの集団をお断りしたのだと思います。

 それに、店主や従業員がどんな持病を持っているのかを僕たちは知りません。ひょっとしたら何かしら重たい病気があるのかもしれず、ひとたび店主や従業員が新型コロナウイルスに罹ってしまったら「死」につながる可能性すら否定できないのです。店主や従業員がどんな病気を持っているかなんていう話は、それこそプライベートな話であり、いちいち説明するほどの話ではありません。客も客で根掘り葉掘り聞くような話でもありませんし、持病のある常連客が食べに来ることだって十分に考えられます。もし前の客の飛沫を十分に拭き取り切れなかった場合、感染のリスクが高まってしまいます。だから、多くの人は事情を察して、何も言わずにマスクをつけるってなものです。

◆この事件には「ホリエモン新党」が関係していた

 ただ、堀江貴文さんといえど、ただの一般人なので、一般人がどれだけモンスタークレーマーだったとしても、どうでもいい話です。世の中にモンスタークレーマーなんて星の数ほどいるので、そんな人たちにいちいち噛みついていては身が持たないというもの。しかし、僕がこの記事を書くことにしたのは、これがしっかり「政治にカラんだ話だったから」です。

 今回の騒動で、マスクをしていなかったのは、ホリエモン新党公認、NHKから国民を守る党推薦で、今年7月の東京都知事選に立候補していた斉藤健一郎という堀江貴文さんの秘書でした。

 彼は9月27日に「一連の騒動の発端は私です。/餃子食べられなくなってごめんなさい(?????) / #ボスには一切叱られてない/#むしろ守ってもらった/#Twitterトレンド入り」などとツイートしています。

 立花孝志が代表を務める「ホリエモン新党」は今、この斉藤健一郎という人物が仕切っているそうで、堀江貴文さんはマスクを着用していなかった斉藤健一郎のために店主と戦ってくれたというのです。

 しかし、実際はただのモンスタークレーマーです。にもかかわらず、今回の一件について、NHKから国民を守る党から今度の衆院選に立候補予定だという末永友香梨というN国党員は「問題提起のきっかけを作れた」と言い出す始末。これは問題提起ではなく、単なるクレーマーの迷惑行為です。倫理観の欠片もありません。

 しかも、斉藤健一郎が謝っているのは、迷惑をかけた餃子屋さんではありません。餃子を食べられなくなってしまった堀江貴文さんに対してであり、こんなに迷惑をかけるやり方が「社会に問題提起」だそうです。どれだけ社会をナメているのでしょうか。

「同調圧力に苦しんでいる人がいるから戦っているんだ」と言っていますが、これこそ立花孝志と同じ思想であると言わずにはいられません。多くの人が「堀江貴文さんはどうして立花孝志なんかと手を組んでいるんだ?」と思っていたかもしれませんが、「同じようなメンタルの持ち主だから話が合うんだ」という結論になるのだと思います。こうした行動を見ていると、立花孝志も堀江貴文さんも根本的な部分では一緒なのだと思います。

◆正解を誰も知らない中、マスク着用は「同調圧力」ではない

 いまや、新型コロナウイルス対策をまったくしていない店舗というのは皆無に等しいと思います。どこも感染を拡大させないために、入口には消毒液が置かれ、時には強制的に体温を測らされます。店内の座席は隣同士の間隔が空けられ、テーブルの数も減らされ、間仕切りも用意され、客もメシを食ったらすぐにマスクをつけ、そそくさと店を出ていきます。

 日本ではアジアや大洋州エリアでは被害も悪いほうに属しますが、それでも欧米よりは軽微な被害で済んでいるため実感しにくいこともあり、こうしたことを面倒だと思う人もいるかもしれません。しかし、まだ第3派などが予想され、その被害も未知数、解決策もまだない中では、できうる限りのことをして感染拡大を防ぐことが、堀江貴文さんがしばしば言うように「経済を回す」上でも必要なのではないでしょうか。

 そのため、店も店で一生懸命取り組んでいますし、客も客で「体温を測るな!」なんて言い出す奴はいないわけです。それは同調圧力などではなく、経済を回さないと生き残れない店やフラストレーションが溜まる一般市民が、なんとか模索した「手段」なのです。

 いちいち「メシを食う以外はマスクをつけてくれ!」なんて言われなくても、メシを食う時以外はマスクを着用しています。もしお店でクラスターが発生しようものなら、たちまち街の噂になって、お店が潰れることだってあるかもしれません。誰だってお店が大変なことを理解しているので、少しぐらいマスクをつけるのが面倒臭くても、お店の人や周辺のお客さんに新型コロナウイルスを感染させてしまったら、持病のある人は死んでしまうかもしれないし、何より「お店を殺すことになりかねない」のです。

 昔と違って、今はマスクがなくてもコンビニやドラッグストアに行けば簡単に手に入ります。値段だって全然高くありません。マスクさえつければ美味しく餃子を食べられるのですから、マスクを買って来ればいいではありませんか。それでもマスクをつけないというのは、ただのカルトです。もし「マスクを他人に押し付けるな」と主張するのなら、「マスクをしないこと」を他人に押し付けることも間違えているのです。

 ちなみに、10月18日に堀江さんが登壇する講演会では、「※当日のマスクの着用と検温検査へのご協力よろしくお願いいたします。検温後37.5度以上の方や、症状が確認される方の入場をお断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。」と注意書きがありました。それが当然の判断でしょう。

◆犬笛吹けば操られる人たちがいる

 恐ろしいことに、堀江貴文さんがFacebookに自己中心的な批判を書き込んだだけで、「犬笛」に操られて、お店に電凸(文句やイタズラの電話をかける)する人間がたくさん現れました。百歩譲って、堀江貴文さんや同行していた当事者が文句を言うために電話をかけるのは分かるとしても、この騒動をインターネットで聞きつけた野次馬信者が電話をかけまくることには何の意味もありません。

 「マスクをつけていないぐらいで追い返すとは何事だ!」と言いたいのかもしれませんが、追い返すかどうかはお店の自由です。そもそもお金を払う前から追い返されているので、客でもありません。そういう人たちはドレスコードのある高級レストランでも、Tシャツ・短パンで入れないのはおかしいと言うのでしょうか。お店にドレスコードがあるのは、周囲のムードを壊さないための配慮であり、特別な時間を過ごしてもらうための演出でもあります。そんなお店で「俺はTシャツ・短パンで楽しみたいんだ!」と言っても、「お帰りください」で終わりです。嫌なら行かなければいいだけの話です。

 今回のマスクも、ある意味ではドレスコードのようなもの。周囲のお客さんに安心して食べてもらうための配慮です。そんな簡単なことも理解できず、犬笛に釣られて電凸し、結果として店を営業停止まで追いやってしまう。これのどこが「経済を回せ」なのでしょうか。

 相変わらず「コロナはただの風邪」だと言ってしまう人はいるのですが、本当に風邪と同じレベルだったら、こんなことになっていません。世界中で経済を犠牲にしてまで命を守るために必死に取り組んでいるのに、この様子を見てなお「コロナはただの風邪」だと言っているのは、さすがに認識が甘いとしか言いようがありません。

 思想は自由なので、そう思い込むことで窮屈な毎日をストレスなく生きていくということもあるのかもしれませんが、それでも個人営業の小さな店を休業に追いやるような暴挙に出ていいわけではありません。

 世の中には新型コロナウイルスに罹ったら重症化してしまうかもしれない人たちもたくさん生きていて、「コロナ脳」とぶった斬れるのは、その人が若くて健康だからです。若くて健康な人でも重篤な後遺症が残るという報告もあり、すべてがまだ未知数の感染症である以上、「危険」のほうに張るのが普通のリスクマネジメントです。

 社会には高齢者もたくさんいるし、病気を持った人もたくさんいます。本来、若くて健康な人たちは、そういう人たちにこそ優しくあるべきだと思うのですが、自己中心的な振る舞いをして、ネット上でのお店の評判が落とされるだけ落とされるというのは、これほど理不尽な話があったでしょうか。自分たちの主張を押し通すために、一生懸命頑張っているお店がどうなっても構わないと考えてしまう人たち。僕はこれを「N国脳」と呼んでいます。少なくとも政治の世界からは撤退していただきましょう。

<文/選挙ウォッチャーちだい>

関連記事(外部サイト)