先鋭化する右派と二極化する世界。私たちは世界内内戦を生きている

先鋭化する右派と二極化する世界。私たちは世界内内戦を生きている

San Diego, California. June 1st, 2020(adobe stock)

◆世界の二極化と右派の先鋭化

 世界の二極化は激しく、ある意味内戦化していると言ってよい状況だ。

 ジェンダーやレイシズムに対する態度、最富裕層2153人が貧困層46億人よりも多くの富を持っているという極限化した経済格差(オックスファム調べ)など、グローバル化が顕わにしたものは世界があまりにも大きく分裂しているということだった。

 分裂の中で、改めて浮上したのは右派の先鋭化である。

 1970年代以降、先進諸国の脅威として存在していたのは、その極北をIS(イスラム国)とするイスラム主義であった。だが、ISは、その「首都」としていたシリア・ラッカやイラクでの拠点・モスルを2018年に失ったことに象徴されるように、現在、イスラム主義はアフリカなどに例外はあるものの概して凋落傾向にあり、そのなかで極右の問題が改めて浮上している。

 ドイツでは軍・警察を結ぶ極右のネットワークが話題となった。ドイツ連邦軍の特殊部隊「KSK」の隊員が自宅に武器、弾薬などを隠し持っていたり、また軍内には600人の極右支持者がいることも軍情報部の調査で判明、ドイツ憲法擁護庁長官のトーマス・ハルバンディング長官は極右の過激派とテロが今日のドイツの民主主義にとって最大の脅威、と表明している。

 BLM(黒人の命が大事)運動が盛り上がりを続けるアメリカでは3月、黒人の救急救命士であったブリアンナ・テイラー氏が射殺されたことに対し、ケンタッキー州の大陪審が射殺した警官を罪に問わなかったことでの抗議デモで死者が発生している。

 反レイシズム陣営が激しい抗議行動を行う一方で、重武装の右派民兵や、さらにはプラウドボーイズといったオルタナ右翼から、アロハシャツを着て自動小銃を構えるブーガルーと呼ばれる一群の潮流が登場している。ドナルド・トランプ米大統領を「世界を操る政財界、メディアのエリートたちと戦っている」として支持するQアノンなる、インターネット、SNSから生まれた潮流もある。

◆「本音」を隠さなくなった指導者たち

 数年前ならば思いもよらなかったようなオルタナ右翼の多様な潮流の登場の中、政治指導者も「本音」をむき出しにする傾向が出てきたことも指摘できる。

 ブラジルのボアソナロ大統領のエピソードが象徴的だ。先月25日、ボアソナロ大統領を支持するある人物がFacebookにエマニュエル・マクロン仏大統領の妻、ブリジット・マクロン氏とボアソナロ大統領の妻であり、ブリジット氏より28歳年下であるミシェル・ボアソナロ氏の写真と並べて投稿した。そこには「マクロンがどうしてボルソナロを責めるのか分かるだろう?」というコメントが添えられていた。

 マクロン仏大統領とボアソナロ大統領は、アマゾンの森林火災をめぐって対立していたが、マクロン氏がボアソナロ氏を批判するのは、彼の若い妻を羨んでいるのだと揶揄するような内容だったのだ。ボアソナロ大統領はこの投稿に「いいね」をし、「やつに恥をかかせるなよ、ハハ」とコメントした。

 当然、マクロン大統領は抗議し、「ブラジルの女性は大統領のコメントを読むことを恥ずかしく思うだろう」と返しているが、普通に考えれば、政治指導者が論敵の妻の外見について揶揄する、というのは“品位”にもとることだ。

 しかしこうした品位にもとる行為をしているのはボアソナロ氏だけではない。トランプ大統領が対立候補のバイデン氏が美容整形を受けていることを示唆し、その上で、マスクをすればなんのために整形手術に大金を使ったのか、と揶揄している。

 権威主義的な政治指導者が、むき出しの“本音”を隠さないことによって、右派の歓心を買う、という構図ができている。“本音”で語る、というのは、日本においても大体において保守的なオヤジの居酒屋政談である、という構図はあるのだが、ともあれ、ボアソナロ・トランプ両大統領の発言はジェンダーやレイシズムの問題が焦点化することに対する右派のいらだちが根底にあるといっていい。

◆様々なイシューをめぐり分裂する世界

 また、トランプ大統領については、9/29日、大統領選の公開討論会が開催されたが、その壇上においての振る舞いもなかなか凄まじいものがあった。トランプ大統領はプラウドボーイズが議題になった際、オルタナ右翼のプラウドボーイズには「引き下がれ」と言った一方で、アンティファにメスを入れる必要があるとした。6月にも同大統領は「アンティファをテロ組織に指定」すると言っており、その延長線上の発言であろうということは理解できる。だが、アンティファは統一性のある党派や団体というわけでもない。どうやってテロリスト指定をするのかは不明だ。

 コロナ禍の前より、フランスや香港など、世界中で暴動が頻発していたことも忘れられない。

 ともあれ、アメリカの黒人に対する抑圧に端を発した抗議運動や暴動だけでなく、この間世界は様々な政治的イシューをめぐり分裂している。

◆分裂が可視化するプロセスとしての内戦

 しかし、21世紀もすでに5分の1となった現在、なぜここまで世界が分裂してしまったのだろうか? というより、それは実のところ、世界の分裂が可視化するプロセスとしてこの間の内戦的状況があるのではないだろうか。

 昨年刊行された書籍、エリック・アリエズとマウリツィオ・ラッツァラートによる『戦争と資本』(作品社・杉村昌昭、信友健志訳)によれば、昨今の状況は「金融資本主義によるグローバルな内戦」とでも把握すべき状況であるという。2011年のオキュパイ運動から「アラブの春」などといったこの間の様々な運動もそうであるし、ネオリベラリズムの側も警察力をバックに動き、ひいては極右とでも呼ばれる層も、外国人や移民、ムスリム、女性、“アンダークラス”と呼ばれる下層の民衆に対しての戦争を発動していると指摘する。

 そして、この「民衆に対する民衆の戦争」とでもいうべき事態は、植民地戦争がそうであったように、国家ではなく民衆そのものに対しての戦争であり、戦争と平和の間の区別、経済、政治と軍事的なものの区別は存在しないものであり、この事態の起源は70年代以降にネオリベラリズムの波が世界を覆う中で始まっていったものであるともされる。

 これは、70年代以降のネオリベラリズムの中で、植民地戦争のスタイルが社会一般において行われ、特に先進諸国における昨今の暴動や極右の伸長はそれが可視化、加速化していったものであるというように把握できる。

 もはや、「国民」という概念で民衆を一括りにすることは困難だ。あまりにも民衆の感覚が分裂しているのである。重要なのは人びとそれぞれの「主体性」ということになるだろうか。

 世界の分裂が今後どのようになるのかはわからない、たとえばジェンダーをめぐる問題を考えてみても、#metooに賛同する人もいれば、杉田水脈議員のように結局陳謝したとはいえ性犯罪について「女性はいくらでもうそをつける」といってのけてしまう御仁もいるなど、分裂は深い。先述したBLMをめぐる民衆の分裂については言うまでもない。世界大の民衆間の闘争が激しくなっている。

<文/福田慶太>

【福田慶太】

フリーの編集・ライター。編集した書籍に『夢みる名古屋』(現代書館)、『乙女たちが愛した抒情画家 蕗谷虹児』(新評論)、『α崩壊 現代アートはいかに原爆の記憶を表現しうるか』(現代書館)、『原子力都市』(以文社)などがある。

関連記事(外部サイト)