「仕事の前にコカインで目を覚ます」…欧州の依存症患者と話して感じたこと

「仕事の前にコカインで目を覚ます」…欧州の依存症患者と話して感じたこと

photo via Pexels

 相次ぐ芸能人の薬物汚染などで注目されている依存症。ようやく日本でも治療法や社会全体の取り組みが重視されるようになってきたが、欧米に比べるとまだまだ世間の依存症患者への視線は冷たいのが現実だ。

◆日常生活でも耳にする依存症問題

 当サイトでは過去にも欧州のドラッグ事情などを取り上げてきたが、筆者が滞在しているポーランドでは、取材以外の日常生活でもドラッグなどに依存している/していた人の話を聞く機会は少なくない。

 こう聞くと「やはり、欧米は薬物乱用が激しい」と片付けてしまいがちだが、注目していただきたいのは、依存症問題について話すことに対してオープンな土壌ができていることである。

 もちろん、当の本人たちは軽い気持ちで話しているわけではない。それぞれ羞恥心や後悔を抱えているのだが、「カミングアウト」できることが治療の第一歩であり、依存症再発防止になっていることは間違いないだろう。

 日本ではいまだに薬物などの依存症が芸能人による「スキャンダル」で、一般人には関係のない話と考えられているフシがあるが、それは問題を直視していないことも原因のひとつなのではないかと思う。決して日本が「クリーン」だからではないのだ。

◆日本も決して他人事ではない

 例えば、厚生労働省の「現在の薬物乱用の状況」によると、大麻取締法の検挙者数は12年に1692人であるのに対して17年は3218人、コカインの検挙者数は12年に66人であるのに対して17年は185人となっている。つまり、5年間で大麻は約2倍、コカインは約3倍にも検挙者数が急増しているのだ。

(参照:厚生労働省)

 さらにコロナウイルス発生後は在宅勤務が普及したことで、アルコールの「隠れ依存症」、「巣ごもりアルコール依存症」の危険性なども指摘されている。

 また、路上や公共交通機関、居酒屋などで泥酔、嘔吐している大人を見たことがないという読者の方は恐らくいないだろう。欧米では反対にこうした光景は滅多に見ることがない。

 日本は決してアルコールや薬物の依存症と無縁の国ではない。社会全体、そして我々一人一人の捉え方が異なるだけなのだ。

◆別な薬物に乗り換えるケースも

 では、欧州ではそれらの問題に対して、どのような姿勢で受け入れているのか。実際に筆者が出会った人々の声を紹介してみたい。まずはとある作業現場で出会ったPさん(27歳・男性・フリーター)だ。

「何年か前にスピード(覚せい剤)にハマっていたんです。初めはもちろん楽しいんですが、だんだん自制が効かなくなってきて、友達からも『顔色がよくないから、しっかりしろよ』と言われるまでに。家族には気づかれていなかったと思いますが、もうそれ以上耐えられないと感じて、自分から中毒になっていることを打ち明けました。

 その後、依存症患者を対象にしたセラピーに通っていたのですが、家族に話せてよかったです。言い出すまでは苦しかったですけど、自分だけでは解決できなかったでしょうから。特に、妹は親身になって心配してくれて、彼女の存在が大きな助けになりました」

 覚せい剤は使っていないものの、いまだに仕事中にも関わらず大麻を吸ったり、コカインを売り買いしたりしているというPさん。ひとつの薬物から抜け出せたと思っても、薬物そのものから抜け出すことは難しい。作業をしながら、家族への感謝を述べるPさんの表情は、少し苦しそうにも、少しホッとしたようにも見えた。

◆出勤前にコカインを吸引

 いっぽう、友人の紹介で知り合ったLさん(40歳・男性・不動産)の場合は、現在進行形で薬物依存症の渦中にいる。

「若い頃はいろいろ試しましたけれど、その後、結婚してしばらくは落ち着いていたんです。ところが、離婚して独身になってから、また薬物を使って遊ぶようになりました。もともとナンパ好きだったので、コカインは高揚感が得られて、会話が楽しくなるので相性がいいんです。

 ただ、夜遊びに使っているうちに、今度は目覚めがよく頭も冴えるので、出勤前にも吸うようになりました。周りにはバレていないというか、今付き合っている彼女にも、特に何か聞かれたことはありません。コカインはやはりお金がかかるので、友達を誘って割り勘で買ったり、そんな大量に使っているわけではないんですが……」

 仕事の前に使用し、周囲の人間を巻き込んでまで薬物を入手しようとする……。側から見れば完全に依存症だが、本人は「コントロールできている」と豪語する。

◆酔ったまま仕事に出ることも

 3人目は失恋をキッカケにお酒にハマってしまったKさん(32歳・男性・建築)だ。

「付き合っていた彼女が浮気していたんです。それも知り合いと……。それまではどちらかというと落ち着いた性格だったんですが、嫌なことを忘れるために夜遊びで憂さを晴らすようになりました。

 それが気づくと家でも飲むようになってしまい、休みの日は昼から飲むように。当然、寝不足や遅刻が続くようになり、お酒が残ったまま仕事に行くこともありました。

 実家が遠いので家族には相談できませんでしたが、助けになったのは職場の友人です。『酒臭いし、お前飲んでるだろ? そんな状態じゃクビになるぞ』と、“説教”してくれたんです。それまで心のなかで誤魔化し続けていたんですが、そこでハッと『問題がある』と気づけたんです」

 今でもお酒は飲むが、酒量は激減。友達の目もあり、酔って出勤するようなことはなくなったという。

◆臭い物に蓋をするより、風通しをよく

 さて、読者の皆さんは日常生活で家族や友人からこのような相談、告白を受けたことはあるだろうか? 冒頭で述べたように、仮になかったとしても、それで周りにそういった問題を抱えた人がいないということにはならない。恥ずかしい、知られたくない……。そんな理由で苦しさを胸に押し込んでいる人が身近にいる可能性は十分ある。

 周囲の人間が異変を感じても、正面切って問題がないか聞きづらいという環境もあるだろう。しかし、依存症患者の多くは、薄々問題に気づきながらも、なかなか自覚できないという面もある。今回紹介したケースのように、周囲からの言葉がキッカケで向き合うことができたという例もあるのだ。

 筆者も、こういった依存症患者との出会いを通して初めて、「あの人は実は依存症だったんじゃないか」と振り返ったことが何度かあった。在宅ワークの普及などで、そういった問題はますます可視化することが難しくなっている。しかし、無視したり、単なる「スキャンダル」と捉えるのでなく、依存症は身近にあるということを知ることが解決への第一歩になるのではないだろうか。

 臭い物に蓋をするのではなく、風通しのよい環境づくりが重要であると、ヨーロッパでの生活で気づかされた。

<取材・文/林 泰人>

【林泰人】

ライター・編集者。日本人の父、ポーランド人の母を持つ。日本語、英語、ポーランド語のトライリンガルで西武ライオンズファン

関連記事(外部サイト)