「バラバラ」なメンバーでも最強のチームになる。25周年を迎えたV6の裏にある「モチベーションファクター」

「バラバラ」なメンバーでも最強のチームになる。25周年を迎えたV6の裏にある「モチベーションファクター」

多様性は強みになる。イラスト/PIXTA

 V6が結成25周年を迎えた。SMAPの解散、嵐の活動休止、TOKIOやNEWSのメンバー脱退など、多くのグループに紆余曲折があるなかで、当時のメンバーのまま四半世紀を迎えたことは、驚くべきことだ。

◆各メンバーのモチベーションが6つに分布

 私にはその理由が、V6のメンバーのモチベーションファクターが6つにきれいに分布されていることにあると思えてならない。

 モチベーションファクターとは意欲を高める要素で、人それぞれで異なる。私はそれらを「目標達成」「自律裁量」「地位権限」「他者協調」「安定保障」「公私調和」の6つのファクターで捉えている。

 試行錯誤しながらチャレンジすることで意欲が高まる人は目標達成、自分が興味・関心に沿って独自のことに取り組む人は自律裁量、責任を果たすことを志向する人は地位権限のモチベーションファクターの持ち主と言える。

 周囲と協力することで意欲が高まる人は他者協調、足りない点を補うことに取り組む人は安定保障、バランスを重視する人は公私調和のモチベーションファクターを持っている。

 20年来の私の演習参加者のもっとも強いモチベーションファクターは、これらの6つにだいたい均等にわかれる。

◆言動が示す各々のタイプ

 モチベーションファクターは、表に現れる言動から見当づけることができる。V6のメンバーのモチベーションファクターをメディアでの言動を通して捉えると、坂本昌行さんは目標達成が強そうだ。デビューするまでの下積み、ジャニーズ事務所を一度辞めてサラリーマンを勤めていたが、思いが明確になり戻り、東山紀之の付き人も経験する。チャレンジをし続けてきた。

 長野博さんは自律裁量だ。ジャニーズ大運動会で優秀選手賞、ロードレースへの関心、調理師と野菜ソムリエの免許取得と、多彩な自己実現を果たしているように見受けられる

 岡田准一さんは地位権限だ。ジャニーズ事務所史上最年少でCDデビュー、日本アカデミー賞に輝くが、中学校の社会の先生になりたかったという発言から、役割を果たす、貢献するモチベーションファクターが伺える。

 井ノ原快彦さんは他者協調のモチベーションファクターの傾向がある。MCとしての活躍も、若手メンバーとのパイプ役を果たしていることも、他者協調の典型だ。

 三宅健さんは安定保障。聴覚障がい者から手話で話しかけられたが何も答えられなかった経験から手話を学んだという姿勢は、足らざる点を補おうとする安定保障のひとつのあらわれだ。

 森田剛さんの現在の状況には公私調和だ。ワイルド、アウトローというイメージが強かったが、宮沢りえさんとの結婚後は公私調和、舞台での活躍とプライベートの充実とのバランスも伺える。

◆「バラバラ」ではなく、「多様性」がある

 モチベーションファクターは、人それぞれの行動や発言の元になる意欲を高まる要素なので、一般に異なるモチベーションファクターの人同士は、話が通じにくかったり、相性が悪かったりする。

 私は、夫婦間の性格の不一致とは、つきつめればモチベーションファクターの不一致であると捉えているし、上司と部下、シニアと若手の断絶が生ずる原因も、モチベーションファクターが異なることにあると考えている。

 だとすれば、同じモチベーションファクターの人同士がグループを組んだほうが、長続きするのではないかと思うかもしれないが、それが逆なのだ。さまざまなモチベーションファクターの人同士でグループを組んだほうが長続きする。

 なぜならば、ファンも6つのモチベーションファクターに分布されているからだ。また、中長期的に見ても、環境変化に伴い時代が求めるモチベーションファクターは変化するからだ。多様なファンに長く支持されるためには、多様なモチベーションファクターを備えたグループを組成することがキーとなる。

 ただし、異なるモチベーションファクターの人同士は、自分とは異なる相手のモチベーションファクターを理解して、それをふまえてコミュニケーションをとったり、手順を決めたりすることが必要になる。V6の各メンバーはこうしたスキルを備えているに違いない。

◆言動から相手を分析しよう

質問:モチベーションファクターごとに言動パターンがあるか

 モチベーションファクターごとに典型的な言動のパターンのようなものはあるでしょうか? そういうものがあれば、相手のモチベーションファクターを見極めやすいのではないでしょうか?

 回答:言動パターンがわかると相手のモチベーションファクターを見極めやすい

 モチベーションファクターごとに典型的な言動のパターンを挙げると以下のとおりです。このパターンを頭に入れておいて、相手との対話のなかで、相手がどのモチベーションファクターかを見極めていくと、見極めが容易になります。

【山口博[連載コラム・分解スキル・反復演習が人生を変える]第214回】

<取材・文/山口博>

【山口博】

(やまぐち・ひろし)

モチベーションファクター株式会社代表取締役。国内外企業の人材開発・人事部長歴任後、PwC/KPMGコンサルティング各ディレクターを経て、現職。近著に『チームを動かすファシリテーションのドリル』(扶桑社新書)、『クライアントを惹き付けるモチベーションファクター・トレーニング』(きんざい)、『99%の人が気づいていないビジネス力アップの基本100』(講談社+α新書)、『ビジネススキル急上昇日めくりドリル』(扶桑社)がある

関連記事(外部サイト)