ミスコン廃止の上智大が挑戦した、新たな「ルッキズムに向き合うコンテスト」に覚えた違和感

ミスコン廃止の上智大が挑戦した、新たな「ルッキズムに向き合うコンテスト」に覚えた違和感

選ばれた候補者の6人。「結局は容姿が綺麗な人が選ばれてるじゃないか」という批判も多かった。(公式サイトより)

 大学のミスコン批判が相次いでいる。運営団体の不透明性や、ルッキズムに対する世間の注目が背景にある。そんな中、2020年に上智大のソフィア祭実行委員はミスコンを廃止。「ルッキズムやジェンダーの問題に向き合い多様性を尊重する新しいコンテストを開催する」と発表した。これらは朝日新聞、東京新聞など大手紙でも肯定的に報道され、期待が集まった一方で、実現性を疑問視する声も多く見られた。

 そして11月3日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けオンライン開催となったコンテスト。上智大学の学生である筆者も視聴したが、残念ながら充分に「多様性を尊重した」と言えるものでは無かったと思える。結局グランプリを取ったのは、ユニドル(学外にファンを持つ、アイドルのような活動をする女子大生グループ)として活動する美人の女子大生。なぜ、そのような結果となってしまったのか。そして、これからの時代のミスコンはどうあるべきなのか―。

◆多様性を尊重する「ソフィアンズコンテスト」とは

 新しいコンテストの名称は「ソフィアンズコンテスト」。その名の通り、上智大学を代表する学生を決めようというものだ。開催発表時の声明文では「ミス・ミスターコンがはらむ外見至上主義の問題」や「ジェンダー的な観点からのご指摘」を考慮して、「時代にあった革新的な運営」を目指すものとされていた。

 公式HPでは、「全上智生から選ばれた候補者が、ソフィア祭(学園祭)までの活動期間の中で自身の魅力と社会課題を発信するインフルエンサーとしての活躍を競います」とされている。

 また、他ページには「(理念は)多様性を尊重するコンテスト」「変革したこのコンテストが、ジェンダーをはじめとした社会課題を発信し広く議論を起こすための『spark』(火付け)になってほしい」などの文言が躍る。

 従来のミスコンとの具体的な相違点として、「男女混合で候補者を決める」「コンテスト本選での、ウェディングドレスの着用の中止」などがある。これらのコンセプトに基づき、選ばれた候補者たちはツイッターやインスタグラムを通じて、SDGsなどについての発信を行い、11月3日の本選を迎えた。しかし、多くの問題が浮き彫りになる。

◆グランプリは「ミスコンおじさん」の投票で決定?

 最も疑問を感じさせるのはグランプリの決定方法だ。公式サイトを見ると、コンテストは「自己PR部門」「スピーチ部門」「SDGs部門」の3つの順位を「事前審査」ないし「当日審査」によって決定すると記載されている。

 このうち「自己PR部門」「スピーチ部門」の審査の多くを占めるのがWEB上での投票だ。WEB投票を順位決めの重要な要素にするのは、近年のミスコンでよく見られる手法。これまでの上智大でのミスコンでも採用されていた。

 この投票者の多くを占めるのが、出場者の女子大生をSNSを通じて応援する大学外の一般男性たちだ。彼らは「ミスコンおじさん」などと揶揄され、彼らによって一般の女子大生がアイドル的に消費されていると批判がされている。

 いくら運営が「新しいミスコン」をうたったとしても外面的には「ミスコンの延長」と捉えられてしまう。相変わらず、「ミスコンおじさん」たちはコンテストの候補者たちに注目し、応援した。現に、コンテストの開催中にTwitterで反応していたのはアイドルやミスコン出場者をフォローし、リプライを送っている、いわゆる「ミスコンおじさん」ばかりだった。

 これでは、従来のミスコンと同じく、彼らからの人気を集めた出場者に有利になってしまう。案の定、ユニドル(学外にファンを持つ、アイドルのような活動を行う大学生グループ)として活動しており、自己PRの時間にはアイドルのコピーダンスを披露した美人の女性出場者がグランプリを獲得。準グランプリに輝いたのも従来のミスコンでも通用する容姿を持つ女子学生だった。せっかく男女混合にしても、最初から男性の出場者がグランプリをとれた可能性は低かっただろう。

 そもそも、多様性を尊重するのがテーマなのに、出場者の自己PRやスピーチを点数化して、順位付けするというシステムにも無理があるように思える。

 当然、外見やアイドル性も尊重されるべき一つの個性であり、それを武器にすることは自体は何の問題もない。しかし、多様性をテーマにし、多角的な評価を行うことを目指したコンテストとしては失敗なのではないだろうか。

◆「社会課題を発信するコンテスト」への疑問

 このコンテストの肝は、「社会課題を発信するインフルエンサーとしての活躍を競う」とした点だ。そのため、SDGs部門というこれまでにはない審査基準も設けられた。候補者たちは、SNS上でSDGsに関する発信を行うことに努めた。このコンセプトには学生・教員からの批判も多く、学内新聞の取材に上智大学の三浦まり教授は「SDGsの理念は世界の問題を皆で協力して解決することであり、個人が競うものではない」「HPで強調されるのは、出場者のメッセージではなく写真だ。服装も画一的で、必然的に顔が個性になっている」とコメントしている。

 しかし、そもそも候補者たちのTwitterでのフォロワーは軒並み数百〜二千人程度。これは例年の上智大学のミス・ミスターコンテスト候補者のフォロワーを大きく下回る数だ。「社会課題を発信する」といっても、SNSでの発信力はこれまで比べ小さいものになってしまっている。

 オンライン上で行われた肝心の本選も、Youtube上での無料配信にも関わらず100〜400人ほどだった。「新しいコンテストが開催されること」はメディアでも取り上げられ注目を集めたが、コンテストそのものはさほど盛り上がらなかった印象だ。

 SDGs部門の肝心の審査基準は「部門への参加意欲と社会発信度を合計し受賞者を決定」とされているが、詳しい基準はHPには明示されておらず、どのように決まったのか外からは分からない。本選でSDGs賞の受賞者が発表された時ですら、驚くべきことに受賞理由は一言も説明がなかった。非公開の内部資料によると「活動報告会などを開催し、教授やSDGsを推進する協賛企業が審査をする」とのことだが、協賛企業が審査をするとなれば純粋な社会貢献度のみで審査がなされるのかという懸念が当然生じる。本選の終了後、NHKやTBSなど大手メディアがコンテストを取り上げたが、これまで述べた問題点への指摘は無かった。

 とはいえ、コンテストの意義である「議論を起こすこと」については大きな成果があったと言える。本稿も含めて、新たなコンテストの開催は議論を呼び、学内外が大学ミスコンやルッキズムなどジェンダーの問題について考える契機になった。主催代表者として奔走した荒尾奈那さんに敬意を示すとともに、今後コンテストがどう変わっていくにせよ、良い方向に向かうことを一学生として願いたい。

◆大学ミスコンの問題点は、「ルッキズム」なのか?

 ここまで、批判的にソフィアンズコンテストについて言及してきた。しかし、これまでのミスコンもまた、多くの問題点を抱えていただろう。特に、近年のミスコンの変化について掘り下げて考えていきたい。

 既に「ミスコンおじさん」の問題については述べたが、5年ほど前からミスコンはSNSでの人気集めが重要な要素になっている。ミスコン候補者にSNS上で反応しているアカウントのうち、開催大学の一般学生は少数だ。出場者がSNS上で目立つことによりコンテストそのものが盛り上がる場合もあるので一概に悪いこととは言えないが、SNSの登場前に比べれば学生の手からは離れたイベントになったのは確かだろう。

 また、今の大学のミスコンは企業との結びつきが強すぎるという問題もある。90年代からミスコンの出身者が女子アナウンサーになる、という流れが加速していき、2010年ごろからさらに急増。モデル、アイドル事務所などに所属する出場者も増え、出場者のキャリアのための登竜門としての要素が強くなっていった。

 同時に、協賛企業との結びつきも強くなっていった。企業から見れば、普通の代理店を通すよりも安く、フォロワー数のいる女子大生を使ってPR活動が出来るから好都合だ。ミスコン出場者のSNSにはスポンサー商品のPRが溢れかえっている。最近は大手通信会社のような大口スポンサーも珍しくない。出場者の自己実現に繋がるという意味では価値があるが、本来は一般学生のエンターテイメントであるはずのイベントとして見れば歪な状態だ。

 元々は、学内に設置された投票箱に学生や来場者が投票するだけだった大学のミスコン。今のミスコンは本当に学生の方向を向いているだろうか?

 「ミスコン=ルッキズム」といった批判がされがちだが、SNSでの人気集めコンテスト化、企業との結びつきなどで、もはや学生のためのコンテストではなくなったことが最大の問題点だと考える。ジェンダー的な観点からも、ミスコンは多くの問題点を抱えていると言えるが、それ以前の問題がここにある。

◆これからの大学ミスコンはどうあるべきか

 出場者が、見知らぬ大人からアイドル視され、企業の利権にがんじがらめにされてしまっている今のミスコン。「革新的な運営」を目指したソフィアンズコンテストでも、これらの問題は解決しなかった。まずは原点に立ち返り「学生の、学生による、学生のためのコンテスト」の開催を目指すことが重要ではないだろうか。

 面白い例を二つ紹介したい。早稲田大学の「早稲田王」とフェリス女学院大学の「フェリスストロンゲスト」だ。

 

 早稲田王とは、早稲田祭で開催される名物コンテストだ。大隈講堂前のステージで大勢の人が見守る中、出場者4人が早稲田王の称号をかけて、様々な難関に挑戦する。体中に鎖を巻いてそこから脱出を図る、カブトムシの幼虫を食べるなど、強烈な戦いを制したものが早稲田の王というわけだ。まさに学園祭で学生を沸かせるためのコンテストとして、多くの早稲田生から注目される。

 フェリスストロンゲストは、ミスコンと似ているが「外見ではなく、フェリス生の内面を重視して表彰する企画」だ。なんと、そのために候補者たちは基本的に仮面を着用して活動する。学園祭のステージ企画でプレゼンやパフォーマンスを行い、来場者投票でグランプリを決めるそうだ。コンテストの名称が「フェリスで最も強い女性を決める」を意味していることからも、ステレオタイプなジェンダー観から距離を置いていることを感じさせる。

 なお、この2大学ではミスコンは開催されていない。2つのコンテストがミスコンの問題点を完全に解決しているわけではないが、思い切った学内コンテストを開催することが実現不可能ではないことを教えてくれる。

 「学生の、学生による、学生のためのコンテスト」が必ずしも典型的な大学のミスコンである必要はない。ジェンダー意識が高まる現代で、従来型のミスコンを守ろうとすることも適切ではないだろう。運営側は学生のためにどんなコンテストが出来るかを、学生側はどんなコンテストを求めたいかを、考え議論することが大切になってくる。新たな団体が全く新しいコンテストを作ることも望ましいだろう。多くの問題点があったソフィアンズコンテストも、新たな試みに挑戦したという意味では重要な前進だ。

<文/茂木響平>

【茂木響平】

ライター・イベンター。大学のお水飲み比べサークル会長。現在、上智大学4年生。面白そうな場所に顔を出していたら、なりゆきでライターに。興味分野はネット・大学・歴史・サブカルチャーなど。Twitter:@mogilongsleeper

関連記事(外部サイト)