AGA治療院に相談が急増…新しい生活様式は髪に害? コロナハゲの恐怖!

AGA治療院に相談が急増…新しい生活様式は髪に害? コロナハゲの恐怖!

ハニートラップ梅木氏「もともと薄毛やけど仕事減のストレスでさらにハゲるわ!」

 新型コロナウイルスによる脅威は、経済面だけでなく、頭を守る大事な“髪”にも影響が出始めた!? 抜け毛が増える陰性者が続出しているという。その恐怖の理由を探った!

◆コロナハゲの恐怖!

『髪』は“長い友”と書くが、猛威を振るう新型コロナウイルスの影響で、突然の別れがやってくることもある――。

 今年8月、新型コロナから回復したハリウッド女優アリッサ・ミラノが自身のSNSで髪の毛をとかすと大量に毛が抜ける“後遺症”があると告白する投稿を行った。

 10月には国立国際医療研究センターが回復者を追跡調査したところ、脱毛などの後遺症が出るケースがあることも明らかに……。コロナとハゲに因果関係はあるのか? 実際に薄毛治療の専門クリニック「Dクリニック東京メンズ」でも、今年5月以降の相談件数が大幅に増加しているという。

「8月は4月比で331%、9月は394%。例年の2〜3倍は相談者が増えています。しかし、そのほとんどが新型コロナ感染経験者ではなく“陰性者”なのです」

 そう語るのは、同クリニックでAGA外来を担当する小山太郎医師。陰性者でもなぜハゲるのか?

◆募る将来不安とともに生え際が後退した!

 都内でコンサルティング会社に勤務する筧賢人さん(仮名・31歳)も、陰性ながらこの秋、生え際がすごい勢いで後退したという。

「美容室で前髪を上げられたとき、M字の角度がヤンキーの剃り込みみたいに進行していて、妻からも『あれ、急に生え際ヤバくない?』と指摘されました……」

 昨年末に比べ、今年11月現在ではわかりやすく生え際が後退している。筧さんはまだ30代前半で、親族にもハゲはいない。まさか自分が?と心を揺さぶられたという。

「不摂生な生活でハゲるならわかりますが、暴飲暴食は控えているし、コロナ禍でスポーツジムに行けなければ週3回は筋トレ&ジョギングもしていました。肌や頭皮ケアもしていたのに……」

 生え際の異変に気づいてから、毎朝起きては枕についた抜け毛を粘着シートで確認。その本数の多さに、ため息をつくのが日課になっていたそうだ。

「強いて心当たりを挙げるならば“ストレス”です。コンサルティングという職業柄、コロナの影響でクライアントからの相談も『倒産』や『契約打ち切り』といった重いものが増えました。あと緊急事態宣言中でも会社からはほぼ毎日出社を命じられているのに、上司から『絶対にコロナにかかるな!』というプレッシャーがすごくて……。おまけに妻のパートもなくなり生活費も月15万円足りず。本当にキツかった……」

 経済活動が再開され、夫人も仕事を再開。筧さんのストレスも緩和されたがMの痕は残ったままだ。

◆AGA治療薬を服用も頭頂部が丸くハゲた!

 続いて埼玉の製薬会社に勤める山本淳さん(仮名・48歳)の例だ。半年前は健康的な黒々した髪が生い茂っており、毛染めもしていなかった。まさにフサフサだが、実はAGA治療薬を長年服用した結果だという。

「30代前半から抜け毛が止まらず、以前は“落ち武者”レベルでハゲていました。そこで当時ネットで話題になっていた国内承認前のAGA治療薬を個人輸入して、見事に復活しました。白髪なんて一本もないぐらいでしたね〜」

 劇的な毛髪の復活に、社内で一時“カツラ疑惑”が出たほどだったが、山本さんは誇らしげに黒髪をなびかせていた。しかし……異変に気づいたのは、この10月初旬だ。

「会社のオンライン会議で、モニターに映った自分の頭頂部が輝いていました……。『ずっと薄毛治療に取り組んでいるから大丈夫だろう』という油断があったのかもしれません。思い当たるのは、不摂生ぐらい。3月から出社は週1回程度になり、在宅勤務で生活リズムが変わりました。共働きの妻とは、食事が別々なので昼はカップ麺、夜は酒とツマミで空腹を紛らわす。深酒や夜ふかしも増えましたからね……」

 近頃ははいていたズボンもきつくなり、秋の健康診断では「メタボ一歩手前」と医師から警告を受けた。

「小6の娘に『鬼滅の刃』を観にいこうと誘ったら『デブハゲなパパとは行きたくない!』と言われて……さすがにこたえましたね」

 今も山本さんの頭頂部の毛は、Go Toしたままだ。

◆コロナ禍のストレス・運動不足が髪を奪う!

 なぜコロナ陰性者でも、毛が抜ける人が続出したのか。前出の小山医師はこう説明する。

「まず考えられるのが、コロナ禍のストレスです。将来への不安や、外出自粛で自由に遊びにいけない現状。ストレスにより自律神経が乱れ、頭皮の血行不良を引き起こしたり、発毛に関わる種々のホルモンのバランスに悪影響が生じて、抜け毛の増加や、脱毛症の進行の一因になっている可能性もあります」

 まさに前出の筧さんがその例で、ストレス緩和や治療で戻ることもあるという。一方、2人目に紹介した山本さんは薄毛治療中だったのに、なぜハゲたのか?

「治療薬の効果が落ちたわけではなく、先ほどのストレスに加えて、食事、睡眠、運動、喫煙といった生活習慣全般におけるコロナ禍での変化が脱毛症の進行に影響した可能性を考えます。AGA治療もコロナ前のケアだけでは十分に対応できない人も出てきているので、我々も“新しい生活様式”に対応する治療、アドバイスを提案していきます」(小山医師)

これは男性だけの症状ではなく、女性からも相談が増えているという。健康と思っていても、頭髪は“変調”のサインを送っているのだ。手遅れになる前に、新しいヘアケアを心がけていきたい。

◆薄毛芸人がコロナ陽性に!後遺症で毛は絶滅したか?

「療養施設で“後遺症で毛が抜ける!”の記事を見たときは、本当に絶望しましたよ……」

 そう語るのは、10月下旬にコロナで療養生活を強いられたお笑い芸人・ハニートラップ梅木氏だ。20代後半から全体的な抜け毛が進行し、あらゆる手段を駆使。現在もハゲ隠しの苦肉の策で“金髪”にしていたが……。

「結果、療養生活という規則正しい生活のおかげか抜け毛は変わらず。でも、自分が感染源になる恐怖、そして退院後なのに“コロナ差別”的に仕事キャンセルが続いてます……。そっちのストレスでハゲそうですわ!」

 そんなコロナ陽性者と抜け毛の因果関係について、前出の小山医師はこう解説する。

「当院にもコロナからの回復者はきていますが、後遺症で抜けるという因果関係はまだ明らかになってはいません。罹患したという強いストレス、そして病後なので衰弱や栄養失調などの肉体的ダメージが考えられる。心身のケアが大切です」

 髪のサインを見逃すな!

【医学博士・小山太郎氏】

慶應義塾大学医学部卒業。Dクリニック東京メンズの男性型脱毛症(AGA)専門外来、男性更年期専門外来で診療を行う傍ら、毛髪の研究に取り組んでいる。

【ハニートラップ梅木氏】

サンミュージック所属のお笑いトリオ「ハニートラップ」のツッコミ担当。20代後半から生え際が後退、ケアには並々ならぬ努力を行う。ちなみに株トレードが趣味だ。

<取材・文/アケミン 万亀すぱえ 加藤浩之 取材協力/Dクリニック東京メンズ>

関連記事(外部サイト)