政治と宗教に抑圧されたポーランド女性たちの諦観とニヒリズム

政治と宗教に抑圧されたポーランド女性たちの諦観とニヒリズム

Salvatore Allotta / Shutterstock.com

 ここ日本でもようやく注目される機会が増えてきたフェミニズムや男女間の格差。埋めるべき溝はまだまだ深いが、その一方でヨーロッパではコロナショックの最中に大勢の女性が通りに出てデモを行うという事態も発生している。自らの権利を勝ち取り、そして守るために声をあげる彼女たち。しかし、宗教保守的な価値観が深く根ざしている社会では、女性の中でも意見が分かれることもある。

◆過激なスローガンには女性たちも難色

 ポーランドでは、政府による妊娠中絶禁止法案の強行をキッカケに、大規模なデモが全国各地で発生している。

 前回は、そうした宗教保守的な価値観が根付き、極右政党が支配する社会で女性の権利を訴えることについて、ポーランド女性の話を聞いたが、今回も引き続き男女間の格差だけでなく、女性の間にも存在する女性の権利への意識差について彼女たちの声から探っていこうと思う。

 「まずデモについてですが、女性は暴力的な言葉遣いには共感できないですよね。日常生活で男性よりも下に扱われていると感じたことはあまりありません。仕事でも格差は感じないですね。私は美大に通っているのですが、フェミニズムが浸透していますから。それは先人たちが変えてきた結果だと思います。ポーランドは何度も戦争に巻き込まれたり、ヨーロッパでも初めて女性参政権が認められた国のひとつです。そういった意味でも、他の国とは違います」(Eさん・30代)

 先述のデモでは「Wypierdala?!」(失せろ!)がスローガンとなっており、このメッセージには中絶禁止法案に反対する女性からも否定的な声があがっている。日本語で「失せろ!」と聞くとそこまで過激でもないようにも思えるが、実はポーランド語の原文では公共の電波で放送できないような言葉が使われていることを理解する必要があるだろう。

 「今はお互いが分断しているので、話し合う必要があると思います。こうした争いはスラブ系であることや、メンタリティの問題なのか、原因はわかりませんが。ポーランドにもミソジニーはありますが、それは教育などの問題だと思います。私の場合は、母も祖母も強い女性でした。母も祖母も大学を出ており、祖母は幼稚園の先生になって、田舎の人たちをあれこれサポートしていました。どちらも教会には通っていますけど、いわゆる『信心深い』家庭とは違うのかもしれません」

◆現代のフェミニストの使命とは

 また、フェミニズムを語る際には、「男女間の格差がどれぐらいあるのか」という問題がつきまとう。そこには、地域性・年齢・職種・家庭環境など、さまざまな要素が絡むため、すべてのケースをひとまとめにすることは難しい。

 「現代のフェミニストは自分の価値を理解していて、何も誰かに証明する必要はないと思います。むしろ、自分より弱い立場にいる女性のために戦うことが新たな使命になっていて、中絶禁止法案反対デモなどもその一環なのではないでしょうか。宗教の影響について答えるのは難しいですが、こと政治に関して言えば、見ていてイライラしますよね。中絶禁止法案にしても、賛成・反対どちら側も生産性のない言葉遣いが目立ちます。そもそも、コロナが流行しているタイミングで触れるべき問題ではありません」

 また、男性側の支援や女性に接する態度、日本人女性について訊ねると、次のような答えが返ってきた。

 「ポーランドではミソジニーの男性は多いかもしれません。ただ、直接何かを言われたことはないです。若い男性は大抵女性側を支持していますけど、女性の問題なので声をあげづらいという面もあると思います。日本の事情については、記事などで読んだ知識しかありませんが、自由な気がします。コスプレ文化とかスゴく力強くて、自由に感じます。一方で、いまだにスーツやヒールを強制されたり、芸者やホステスもいるんですよね。彼女たちにも自分の意見があるんじゃないでしょうか」

◆女性は「世界のオマケ」でしかない

 数万人規模のデモからは女性たち、そして彼女の主張に賛同する人々の団結力が窺える。しかし、いっぽうではより個々人の生き方にフォーカスするべきだという声もあった。

 「フェミニズムには興味もありませんし、あまり思想として認めていません。私個人は、何かしたいと思ったことは、ただ実行するだけです。父子家庭に育ったため、自分を100%女性だと認識していないことも理由のひとつかもしれません。彼氏に対してもそうですが、家事、炊事、育児といった女性的な役割を求められるときは、押しつけるのをやめるように言うだけです。ただ、それはフェミニズムとは違いますし、現状では男女の権利にそれほど差はないと思います」(Zさん・30代)

 また、世代によってもフェミニズムに対してのアプローチは変わってくる。

 「たしかに今は中絶の権利が制限されていますが、どのみち女性は中絶をすると思います。また、各人で視点も違います。国を動かしているのが30歳だったらまた違ったと思いますが、私の祖父世代が支配していると考えると、彼らが女性についてどう思っているか想像がつくでしょう」

 男女同権を語る際、真っ先にあがるのは給与や雇用の問題だが、その格差が埋まったからといって、心理的な格差が埋まるわけではないとZさんは言う。

 「相手が女性であろうが男性であろうが、私のやりたいことは止められません。人間の習性はそんなもので、私は人を男女にわけては考えていません。しかし、この国がどうなっているかや、これまで接してきた人たちから見る限りでは、女性は世界のオマケでしかありません。何も生産性がなく、子どもを産まなければいけない。仕事があって稼いでいるなら、上出来だと。それがこの国の実情です」

 子どもを産み、それで仕事もしていれば完璧……。日本でも幾度となく政治家の口から垂れ流されてきた言葉だ。

◆仲間の前だとミソジニーが加速する男性たち

 雇用についても、単に男女同権を叫んでいるのではなく、取材を通して女性たちの複雑な思いが浮かび上がってきた。

 「私の周りにはフェミニストが多いです。女性の権利や格差については中絶禁止法案もそうですが、もうひとつ男女の給与格差という問題があると思います。肉体的に男女は異なるので難しいですが、同じ間違いを繰り返すことには反対です。以前、ジョーダン・ピーターソン(トロント大学の心理学教授)という人の本を読んだことがあるのですが、女性に選択肢を与えるとかえって格差が広がるという例もあるそうです。女性は人と接する仕事のほうが合うなど、相性もあるので簡単には言い切れないと思います」(Dさん・20代)

 また、男性側については次のような傾向を感じるという。

 「男性はグループになると、女性蔑視が垣間見えることがあります。一人でいるときに面と向かっては言ってきませんけど、複数になるとステレオタイプな発言をしたり、仲間の前でカッコつけたいのかもしれませんね。ただ、それは反対に女性側にも同じケースがあるので……」

 政治と宗教はポーランドを語るうえでは外せない要素だが、Dさんはただでさえ複雑ですれ違いが発生しやすい状況に、メディアが拍車をかけていると話す。

 「ハッキリした問題がありますよね。ポーランドでは政治に宗教が関わってきます。特に現政権は教会と結びついているので。中絶禁止法案の反対デモでも、それは重要な要素だと思います。政治に宗教色が強ければ、常に女性の権利は制限されるでしょう。ただ、戦う女性の文言にすべての女性が賛同しているとは思いません。フェミニストは男に向かって叫んでいるというイメージがつきまとってしまうので。普通に聞かれたらフェミニストを自認しますけど、彼女たちの行動すべてには賛成できません。個々人ではなく、集団としてのイメージが強調されすぎています。

 世代間のギャップについてはメディアの影響が大きいです。若い人はネット、上の世代はテレビです。どちらもプロパガンダやフェイクニュースに溢れていて、特に年上世代は情報が限られているため、話が通じません。『通りに出て何であれデモをしている人たちだ』、と。パンデミックのさなかに妊娠中絶禁止法案を強行したのは予想通りです。それを政権が利用しています。うちのおばあちゃんも、『デモには絶対行かないで!』と言っていました」

 最後に、男性側の支援と日本人女性については、次のような意見が出た。

 「はい、多くは男女同権に賛成しています。多分そう……。ただ、フェミニストであるかについて言えば、いいえです。メディアの影響もあるので、定義に従って聞くか、イメージについて聞くかで答えは違ってくるのではないでしょうか。日本人女性についての印象は、『理想像』です。綺麗で、頭がよくて、文化的で、自らを理想に近づけようとしているイメージがあります。私たちはそこまで完璧を目指していません」

 「フェミニストたちのデモ」というと、大きな人混みと声を荒げる女性の姿ばかりが切り取られがちだ。フェミニズムや男女同権について語るとき、そこには政治が、宗教が、メディアが、そして我々自身が作り出したイメージが立ちはだかる。

 しかし、一人一人の女性の声に耳を傾けると、そこにはさまざまな思想と生き方があった。まずは身近にいるお互いの、聞いたことのない意見、目にしたことのない表情を感じることが、分断を埋めるためのキッカケになるはずだ。

<取材・文/林 泰人>

【林泰人】

ライター・編集者。日本人の父、ポーランド人の母を持つ。日本語、英語、ポーランド語のトライリンガルで西武ライオンズファン

関連記事(外部サイト)