詐欺疑惑で被害者の悲痛な告白が続々…カーシェア投資に騙された!

詐欺疑惑で被害者の悲痛な告白が続々…カーシェア投資に騙された!

埼玉県川口市にあるS社の駐車場。吹きさらしの広大な空き地に高級車が並んでいる

 被害者とのトラブルでマスコミを賑わせた「カーシェア投資」は、運営会社の破産手続開始決定で問題がさらに複雑化している。被害者たちの怒りの声や新証言などその巧妙な手口を暴く!

◆11月20日ついに東京地裁に破産申請

 今回、問題になっている個人間カーシェアリングサービス「スカイカーシェア」は、個人投資家が購入した高級中古車を預かり、ユーザーに貸し出すというビジネスモデルだった。

 ローンや駐車場代などを全額、運営会社が負担し、かつ投資家は契約報酬や貸し出しによる月々の配当がもらえると謳い投資を募っていたが、10月に事業を停止。そしてついに11月20日、「スカイカーシェア」を運営するSERIAS社(以下、S社)と関連会社3社が、東京地裁に破産を申請した。

 今回の「カーシェア投資」騒動は、遡ること約1か月、代表者から投資家の元へ事業停止を知らせるメールが送られてきたことで表面化。投資していた被害者は600人を超えるとされ、社会問題となっていた。

◆途方に暮れる投資家たち…自己破産を考える人も

 事業停止は投資家にとってとどめとなった。というのも、すでに8月頃からS社からの入金はストップしており、投資家の間では存続を危ぶむ不安の声が上がっていたからだ。700万円のローンを組んでレクサスを購入したTさん(30歳)は途方に暮れる。

「残債が540万円も残っています。車は川口(埼玉県)の駐車場にはなく行方不明です。5〜6月に貸し出しという連絡があったので、本当なら戻ってきているはずなんです。しかも、貸し出された場合、売り上げの5%が配当されるという話だったんですが、振り込まれた額はどう見ても5%に届いていない。その直後に事業停止となり、破産ですよ……」

 今回、被害に遭った投資家たちの多くは20〜30代と若い世代だ。年収も特に多くなく、300万〜400万円台が中心。手取り月収二十数万円のうち3分の1から半分近くをローンの支払いに持っていかれるのだからたまらない。

「私は年収350万円なのですが、ローン契約書を見たら700万円になっていた。もちろん、そんな金額は書いていません。毎月の支払額はローンと保険料合わせて8万2000円。S社が破産しても信販会社への支払いは続くので、相当厳しい」(Nさん・32歳)

 前出のTさんも年収は410万円だったが、書類上は680万円と“改ざん”されていた。ローンなどの支払いは月々10万円を超え、現在は自己破産を考え始めたという。

◆報奨金を餌に投資経験の乏しい若年層を釣った?

 このカーシェア投資は、ビジネス系のコミュニティやSNS、友人・知人を通して知り合った運営関係者と中古車の売買契約をし、その管理をS社の関連会社に託すというのが一般的な流れだった。しかし、投資家たちが手にした契約書は別の関連会社のもので、カーシェアの広告宣伝を依頼する業務委託の契約書のみ。にもかかわらず、毎月のローン相当額はS社から振り込まれるという不可解なスキームだった。

今回のカーシェア投資の問題点について被害者の代理人である加藤博太郎弁護士はこう話す。

「今回、低収入の若年層に大きな借金を背負わせているのが問題点のひとつ。契約時に渡す数十万円の報奨金を餌に、投資経験の乏しい若年層をターゲットにしたのでしょう。2つ目の問題点は関連会社が多数あり、お金の流れが非常にわかりづらいこと。そこに相手側の思惑があるのですが、被害者のほうも全体の仕組みを理解できず、結果的に契約書の不審な点にも気づきにくいのです」

 契約時に投資家はS社に言われ、若年層にはあり得ない高い年収を偽って記載していた。自動車ローンの融資を行っていた信販会社はプレミアとアプラスが多かったが、在籍確認もほとんどされず、杜撰な貸し付けが行われていた形跡がある。

「シェアハウス投資で騒動になった『かぼちゃの馬車問題』が起こり、不動産ローンの審査は現在、厳しくなったのですが、車のオートローンはまだ審査が甘かったので狙われてしまったのでしょう。収入に見合わない高級車を若年層にローンを組ませて売る仕組みがあったという部分において、信販会社に社会的責任はあると思います」(加藤氏)

 加えて、昨今の投資詐欺によく用いられる「紹介制」がカーシェア投資でも使われた。紹介者には10万〜15万円の報酬が支払われるため、結果的に被害者が詐欺に加担してしまう構図となり、騒動を一層複雑にしているのだ。

◆新証言も!投資家の車は反社が乗り回していた!?

 S社が破産した今、被害者はとにかく自分がローンを組んで買った高級車をまず取り戻さなければいけない。破産手続開始決定の直前、投資家たちが川口市内の駐車場に集結。S社の代理人弁護士に対して怒号が飛び交い、大混乱となる場面もあった。今もほとんどの被害者は車が戻らない状態だが、なぜこんなことが起きるのか。

「私の車は長期で貸し出し中になっているのですが、どうやら又貸しされているんです」

 こう話すのは高級ミニバン・ヴェルファイアのオーナーであるYさん(32歳)だ。投資家同士のつてを辿って、ようやく貸出先リストを持つS社の内情に詳しい事情通と出会い、貸出先の電話番号と名前を入手したYさんだったが、その事情通からこう忠告されたと言うのだ。

「『あなたの車は現在、反社の人が使っている可能性があるから、連絡しないほうがいい』と。これはもう脅しに近いですよね」

 一方、自分の車が貸し出されるときに何度か立ち会ったという別の被害者もこう証言する。

「受け渡し場所は池袋や新宿の駅のロータリーが多かったですね。受け渡し役のドライバーは歯の抜けたアジア系外国人や40代くらいの日雇い労働者風の男性でした。車を借りていった人も、完全にカタギではない、半グレのようなオラオラしたタイプの人でした」

◆車を買えない反社がユーザーだった!?

 車の貸し借りにはきなくささが漂っており、暴排条例等により自動車の購入が難しい反社会的勢力が、高級車に乗るための方法として利用していたのではないか。さらにS社がその行為に関与していた可能性も否定できない。

 投資家への車の返却や、反社への貸し出し問題について、S社の代理人である芝琴平法律事務所に問い合わせたところ「取材には一切応じていない」と回答を拒否した。加藤弁護士はこう話す。

「過去にはシェアハウス、最近だと持続化給付金と、時節柄ホットになっているものは詐欺に狙われやすいんです。今回、納車がされず、車検証もないにもかかわらずローンを支払っているケースもあり、そういう方に関しては詐欺被害者ということで、免責にできる可能性が高い、またS社のバックに反社会的勢力がいるという話も耳にしており、内情やスキーム、経営状態についても今後、裁判等で明らかになっていくでしょう」

 詐欺的なカーシェア投資の全貌が明らかになるには、まだまだ時間がかかりそうだ。

◆グルなのか? 中古車販売業者を直撃!

 今回、被害者からは「そもそも市場価格より割高な値段で高級中古車を購入・契約させられた」という証言も多々あった。週刊SPA!が調べたところ、被害者が買ったものと同車種・同年式の車が中古車販売サイトで100万〜200万円安く販売されていたケースも。

 そこで、ローン契約書に記載されていた情報をもとにS社と組んで中古車を販売していた業者を直撃した。

「ウチも被害者ですよ。というのも、信販会社から現在、車のオーナーがローンを払わなければ販売店が立て替えろと何回も言われている。むちゃな話でしょ。ウチで販売した分は多くないですが、仕入れ値に整備代と利益を少し乗せただけです。軒貸し(売買時の名義貸し)もありましたが、販売価格が高すぎるとは思っていません。ただ、金利が高いのは気になっていましたが……」

 この業者はS社から車両整備を依頼されたことで取引が始まり、中古車の仕入れやオーナーへの販売を行うようになったという。事業停止直前に購入した投資家に対しては、キャンセル料をこの業者が負担した上で解約を手伝い、被害者の相談にも乗っているという。

 一方、S社のグループと目される中古車販売会社もあたったが、こちらは何度電話しても繋がらず。すでに営業を停止していた。

<取材・文/中山美里(オフィスキング) 写真提供/スカイカーシェアに投資した方々>

関連記事(外部サイト)