老母がコロナに。痛感する行政のダメさと医療機関の限界。そして無視される家族の「献身」

老母がコロナに。痛感する行政のダメさと医療機関の限界。そして無視される家族の「献身」

画像はイメージ(adobe stock)

◆老母がコロナウイルスに感染

◆私的ルッキズム研究第12回

 原稿が遅れてしまったのは理由があって、保健所や病院とすったもんだしていました。新型コロナウイルスです。今回はコロナウイルスについてのレポートです。

 79歳の母が体調を崩し、身体がだるくてしょうがないということで、かかりつけの名大病院(名古屋大学医学部附属病院)で検査をしたところ、肺炎になっていることがわかりました。咳はなく血中酸素濃度も正常範囲内、しかしCTスキャンの画像はひどい肺炎でした。母はそのまま名大病院に入院し、PCR検査をおこなったところ、コロナ陽性という結果。

◆老老介護状態だった母の同居人、誰が面倒を見るのか?

 さて、ここからが大変でした。

 母は父と別れてから、1歳年下の男性と同居生活をしていました。この78歳の同居男性にPCR検査を行ったところ、結果は陽性。介護していた母は入院してしまい、私も彼の世話をすることはできないので、どこかに入院することを希望したのですが、保健所では無症状陽性者の入院先はない、自宅待機してくれ、という方針。

 彼は、認知症を患っているうえ、人工膀胱の袋を3日おきに交換しないといけない体なのですが、母が入院してしまったため、交換作業ができません。彼のかかりつけの医院にお願いしても、コロナ陽性者に対応できる体制にない、と断られます。

 この人工膀胱の交換作業は、原則として医療従事者にしかできないのですが、名大病院をはじめどの医療機関をあたっても、コロナ陽性者への処置に難色を示すのです。保健所に相談しても、入院できる空き病床はないから自宅待機してもらうしかない、の一点張り。

 さいわい、介護サービスの事業者が毎日弁当を宅配してくれることにはなったのですが、人工膀胱の交換については、介護事業者にはタッチできません。そこから保健所や医師会と押し問答をして、結局、春日井市民病院の緩和ケアセンターがストーマの交換作業を引き受けてくれたのですが、市民病院の方も感染爆発でてんやわんやですから、自宅への訪問看護まではやってくれません。

 誰かが、彼を市民病院に送迎しなくてはなりません。では、誰がこのコロナ陽性者を病院に送迎するのか。結局、平日昼間に時間の融通の利く私が、彼を車に乗せて病院に送迎することになったわけです。

 私は感染症に対応する訓練を受けていませんし、防護に必要な装備をわけてくれと要請しても、保健所は何もくれませんでした。しかたがないので、近所の薬局でアルコールスプレーを買い込んで、サージカルマスクを二重にかけて、自動車の窓を全開にして、市民病院までの道を走ったのです。

 私は、母が入院した直後にPCR検査をうけて、陰性という結果を得ていたのですが、それで一安心ということにはなりませんでした。同居男性のコロナ陽性が判明して、その介護を引き受けさせられてから、自分自身も外出を控え、自宅に自主隔離する生活に入ったのです。

◆カウントされない家族の献身

 身近な場所で2人の陽性者が判明してから10日間、緊張の日々を過ごしました。先ほど書いたように、私は感染症に対応する訓練を受けていない、ただの素人です。防護のための装備も支給されていません。そして私は職業的な医療従事者ではありませんから、もしこの作業の過程でコロナウイルスに感染しても、労働災害保険の対象にはならないのです。私の働きは無償であるばかりか、補償の対象にすらなりません。私が陽性者の対応のためにリスキーな作業を引き受けていることを、保健所の担当職員は知っています。しかし、公式の書類には残りません。

 おそらく私のような経験をした主婦や夫は全国にたくさんいると思います。しかし、素人の主婦や夫が感染症対策のために働いているという事実は、公式の数字にカウントされることはありません。そうしたリスキーな働きをしている主婦や夫が自分自身のPCR検査を受けたいと希望しても、保健所の回答は「自費で受けてください」なのです。

 これは、フェミニズムの理論家たちが指摘してきた、シャドウワーク(影の労働)、アンペイドワーク(何も支払われない労働)というものです。

◆無償労働の搾取

 シャドウワークとは、誰かがやらなければならないが、誰もやりたがらない労働です。そしてシャドウワークとは、「他に方策があったはず」とか「とくにやる必要はなかった」というふうに、その働きの意義を否定される労働です。シャドウワークとは、たんに日陰にあって人々に気づかれていない労働なのではなくて、みんなが知っているけれども、みながみなその意義を否定して正当に認知しないようにしている労働です。この否定の圧力が不断に働いていることによって、シャドウワークは、アンペイドワークになるのです。

 フェミニズム経済学者たち(例えばクラウディア・フォン・ヴェールホフやマリア・ミースといった理論家たち)は、このアンペイドワークからの搾取こそが、資本主義経済の資本蓄積の源泉になっているのだ、と指摘しています。

 つまりこういうことです。もしも厚労省が、私のような位置にある主婦/夫に、必要な訓練と装備を支給し、感染した場合の補償を用意し、従事した作業への正当な対価を支払ったなら、その費用は膨大なものになるでしょう。政府はその費用を支払わないことによって、大きな余剰金を生み出し、それを他の分野の企業支援に振り向けているわけです。電通やパソナが政府と癒着し、国産ジェット機やリニア新幹線に巨額の政府支援が行われている背後には、私たちのような主婦/夫の働きを無償で引き出し使い捨てることによって得た資金があるのです。

 新自由主義政策にまい進する菅政権が、「自助・共助・公助、そして絆」と言ったのは、偶然ではありません。彼らは、「絆」によって引き出される無償労働が、富の源泉であることを知っているのです。

<文/矢部史郎>

【矢部史郎】

愛知県春日井市在住。その思考は、フェリックス・ガタリ、ジル・ドゥルーズ、アントニオ・ネグリ、パオロ・ヴィルノなど、フランス・イタリアの現代思想を基礎にしている。1990年代よりネオリベラリズム批判、管理社会批判を山の手緑らと行っている。ナショナリズムや男性中心主義への批判、大学問題なども論じている。ミニコミの編集・執筆などを経て,1990年代後半より、「現代思想」(青土社)、「文藝」(河出書房新社)などの思想誌・文芸誌などで執筆活動を行う。2006年には思想誌「VOL」(以文社)編集委員として同誌を立ち上げた。著書は無産大衆神髄(山の手緑との共著 河出書房新社、2001年)、愛と暴力の現代思想(山の手緑との共著 青土社、2006年)、原子力都市(以文社、2010年)、3・12の思想(以文社、2012年3月)など。

関連記事(外部サイト)