フォントとしての「ゲバ字」。筆跡で特定されないために生まれた?

フォントとしての「ゲバ字」。筆跡で特定されないために生まれた?

フォントとしての「ゲバ字」。筆跡で特定されないために生まれた?の画像

 「ゲバ字」と呼ばれる書体がある。トロ字という呼ばれ方もするこの書体だが、タテカンと呼ばれる立て看板やビラ、ステッカー、横断幕、落書きなどで使われた書体である。ワープロやパソコンの普及、時代の変化もあって、いまや書かれる/見られる機会も減ったが、かつては多く学生運動や大学の自治運動、労働運動の現場で見ることができたものだ。もっとも、その時代には「ゲバ字」とは呼ばれていなかったという証言もあるのだが、いわゆる「68年」のムーブメントの中で生まれた、一種のグラフィティ・カルチャーとして印象深い。

 学術的にも研究されるようになり、また2017年には国立歴史民俗博物館で展示『「1968年―無数の問いの噴出の時代」』が開催されるなど、68年を振り返るモードもここ数年見られる中で、改めてこのゲバ字に着目してみたい。

◆戦前の「左翼不定文字」

 第二次大戦前から、政治運動、それと同伴する文化・芸術運動のシーンにおけるビラやポスターなどでは独特の文字が使われていた。グラフィックデザイナー・高橋錦吉の『図案文字のかき方』(1956年)によると、この種の文字が「左翼不定文字」と名づけられていたという。この文字が登場した背景を高橋はこのように語る。

「丁度30年も前であったとおもいます。治安維持法という悪法が出て(中略)その当時左翼の美術家たちは地下にもぐって(中略)ポスターや伝単(※筆者注:ビラ)の例を、木版刷や謄写版の印刷で作って、辻の電信柱などに貼りつけて、当時の人たちに驚異の目をみはらした時代があったのです。

 厳しい地下組織のなかで一刻も早く大衆にアッピールするために、しかも四囲からつけねらわれている身として、最も短い時間の内にこれらの仕事を果たすのですから、原稿を作るにしても少しの余裕もありません」

 警察などの監視下で、隠密裏かつわずかな時間のうちに強烈な印象を残すポスターやビラを作る、ということでこの「左翼不定文字」が生まれたという。20年代ならではのモダニズムというか、プロレタリアな感じが印象深い書体だ。

 ゲバ字の登場以前から、左派といえばこれ、という書体があったというわけだ。

◆謄写版が基になった書体

 ゲバ字に話を戻そう。この書体は、謄写版の書体を基にした書体と言えるだろう。60年安保と、続く大学管理法案が焦点化した時期にはゲバ字、とみなすことができる書体の登場が確認できる。ゲバ字は68年的なものの登場とともにあり、そうであることを証明する書体として様式化されている、というべきか。

 だから、というわけではないけれども、左翼不定文字とゲバ字に、たとえば書き手が直接影響を受けた、というような意味での連続性を見いだすのは難しいだろう。左翼不定文字とゲバ字の共通性として、「一刻も早く大衆にアッピールする」などといったことから、政治的、社会的緊張を受け止める感性、美しく、かっこよく書こうという動機など、共通のものを見出しうるが、前者と後者の違いは、単純に世代も違うということもあるが、前者が美術家によるプロフェッショナリズムの反映と、なすべき任務として作られているという性格を強く持つのに対し、後者は、書きたい人間が書くべきときだけでなく、書きたいときに書く、というのが許される、むしろそれが重要、という感性が存在するようになった時代の文字であるということだ。

◆ゲバ字のルーツは中国の簡体字?

 ゲバ字のルーツとして、中国の簡体字を参考にゲバ字が産まれた、という説もあるが、そもそも漢字には略字が多く、その歴史も古い。たとえば「抄物書」と呼ばれる仏教関係の写本における漢字の簡略化は平安時代からある。

 むしろ、簡体字の中に、日本で謄写版などに使われた略字が取り入れられているものもあり、謄写版で使用する略字がそのままゲバ字の略字となっているとみて良い。簡体字にゲバ字の起源を見出す説が存在するのには、文化大革命時の壁新聞など、ゲバ字が書かれた立て看板に雰囲気が似ていることなどもあるのかもしれない。

 学生運動や大学の自治団体もまた独自の略字を持っている。学生会館の「館」のつくりの部分を「K」にしたものや、「寮」のウ冠の下を「R」にしたものなどだ。

 また、潮流によって書体が違うので、ビラなどの字体を見ることで「ああ、これは●●系なんだな」などと把握することもできた。

 京都など関西の潮流には独特の書体がある。書体の統一がなされていることもあり、見る人が見ると、「ああ、関西のゲバ字だなあ」という印象を強く与える。

◆匿名性の中の自己表現

 筆跡で人定されないようにするために生まれた書体だという説もあり、実際、筆者も何人もの運動経験者からそう語られるのを聞いたことがある。けれど、先述のようにゲバ字は謄写版で使用された書体から派生しているものなので、人定を防ぐために……というのには、疑問符がつくのが正直なところだ。

 もっとも、「誰がどの落書きを書いたか、公安刑事が把握していた」という証言もあり、文字の癖が人定に繋がるということはあっただろう。けれど、誰が書いたかわからない、といっても、現実的な問題として、大概の場合は当人が好むか好まざるかは別として、本当に地下活動をするぞ、というようでなければ大学当局などに人物を把握されている場合が多いのではないだろうか。日本共産党の戦前期の地下活動、戦後の山村工作隊の経験など、統一したゲバ字を使うことも多い、ということがそういう理解を産んだのかもしれない。

 けれど、統一した書体を使う場合もあるが、一方では逆に「これはあいつが書いたな」とわかる人にはわかる場合もあり、むしろ一種の自己表現としてゲバ字が存在している、ということもある。

 ゲバ字職人とでもいうべき存在もいたし、ラディカリズムや美的感覚を十全に表現するため、たとえば払いの部分を末広がりにしたり、過激≠ネ雰囲気を出すようなこともあったり、学生の「学」の部首をいかにいい感じに曲げて書くことができるか、ということに努力したりということもあったという。ゲバ字には各種の表現上の試みもあって、自己の政治性や心性、自己解放の表現という性格もあることは特記しておきたい。ゲバ字をめぐり、以下のような詩がある。日大闘争についてのものだ。

 立看部長の全実存を賭けた作品も火炎ビンで破壊された。不思議なことに彼らは隊列を組みデモもした。

(藤代誠「右翼」『反逆のバリケード』日大文闘委編より)

 立看に全実存をかける、というのである。ひたすらゲバ字を練習し、書きまくる、ということに何かを見出したりと、集団性・無名性と自己表現という、二つの軸がゲバ字にはある。ゲバ字を書く、ということは匿名性の中に自らの表現を最大にものす、ということでもあったのだ。

(資料協力:模索舎・榎本智至)

 

<文/福田慶太>

【福田慶太】

フリーの編集・ライター。編集した書籍に『夢みる名古屋』(現代書館)、『乙女たちが愛した抒情画家 蕗谷虹児』(新評論)、『α崩壊 現代アートはいかに原爆の記憶を表現しうるか』(現代書館)、『原子力都市』(以文社)などがある。

関連記事(外部サイト)