南北戦争を知らずして、アメリカを語るなかれ<『宗教問題』編集長・小川寛大氏>

南北戦争を知らずして、アメリカを語るなかれ<『宗教問題』編集長・小川寛大氏>

(Photo by Zach D Roberts/NurPhoto via Getty Images)

◆アメリカはもともと分断されている

―― アフリカ系アメリカ人(いわゆる黒人)の差別問題がアメリカを揺さぶっています。これは今回の大統領選挙にも少なからず影響を与えました。小川さんはアメリカ南北戦争史を学ぶ日本人の集い、「全日本南北戦争フォーラム」の事務局長を務め、12月に『南北戦争-アメリカを二つに裂いた内戦』(中央公論新社)が12月21日に発売予定ですが、アメリカはかつて黒人奴隷をめぐって内戦まで行っています。今後も人種差別はアメリカ最大の課題であり続けると思います。

小川寛大氏(以下、小川): アメリカの人種差別は非常に根深い問題です。ただし、昨今ではトランプ大統領が人種差別をあおったことで、「アメリカが分断された」と言われていますが、これは若干不正確な表現です。「アメリカが分断された」という言い方の背後には「アメリカは統一された国である」ということが含意されているわけですが、アメリカは建国当初から黒人差別をはじめとしたさまざまな人種問題を抱えており、これはトランプ大統領が登場したから発生した問題ではありません。アメリカは建国以来、国家を統一する理念や思想を持てたことがないのです。それは南北戦争勃発の過程を見れば明らかです。

 南北戦争のきっかけは、1860年の大統領選挙で、奴隷制反対を掲げる共和党のエイブラハム・リンカーンが当選したことです。これに反発する南部諸州が合衆国から脱退し、翌61年に戦争が勃発しました。

 共和党は当時、北部を基盤とする新興政党で、奴隷制反対をワン・イシューのように掲げていました。北部は寒冷な気候風土を持つ地域で、自営農民や商工業が中心となっており、黒人奴隷を必要とする産業が存在しませんでした。南北戦争が始まって南部に攻め込むまで、黒人を見たことがない市民もいたほどです。

 北部が奴隷制廃止を強く訴えた背景には、宗教が関係しています。北部には清教徒やクエーカーなど、当時のイギリスで迫害されていた宗教の信者たちが入植し、つくった社会でした。彼らは自らの信仰生活を貫ける新天地を求め、アメリカに渡ったのです。他の植民者たちが寒冷で厳しい気候の前に挫折していく中、彼らは信仰心を武器に粘り強く生活を続け、その地に根づいていきました。

 彼らの信仰心をさらに盛り上げたのが、19世紀前半に起こった第二次大覚醒運動でした。大覚醒運動はキリスト教の信仰をより深めようとする運動で、信仰復興運動とも称されています。建国以来、アメリカでたびたび起こってきたムーブメントです。この大覚醒運動をきっかけに、より道徳的に生きようとする人々が登場しました。彼らが奴隷制廃止運動に合流したことで、奴隷反対派は宗教じみた熱狂を帯びていったのです。

 他方、南部は温暖湿潤で、農業にきわめて適した土地でした。そのため、高値で売れる商品作物を効率的に大量生産すべく、大規模な奴隷制プランテーションが次々に築かれていきました。この地域に入植し、根づいていった人々とは、イギリス国王の信任を得てアメリカに渡った貴族やその関係者たちです。バージニアやカロライナ、ジョージアなど、南部にイギリス君主に由来する名前の州がたくさんあるのはそのためです。彼らは貴族のように専制的な支配を行っていました。その結果、南部は同時代人たちから「非人間なことで悪名高い西インド諸島の引き写しのような奴隷制国家」とまで呼ばれる社会になってしまいました。

 このように、アメリカは地域ごとにまったく異なる性格を有しています。アメリカ独立革命は、当時の大英帝国に対抗するために生まれた同床異夢のムーブメントで、「合衆国」という枠組みも、きわめてゆるい盟約に過ぎません。一つの国家として考えることが、歴史的に見てもそもそも間違いなのです。

◆神話化されたリー将軍

―― 今回のアメリカ大統領選挙の最中、南北戦争の南軍司令官だったリー将軍の像を撤去する方針が発表され、話題になりました。リー将軍はリベラル派からは黒人差別の象徴とされる一方、南部では英雄視され、神話化されています。アメリカでは過去にもリー将軍の銅像をめぐって衝突が起きています。

小川:アメリカには南部に関して、次のような言い方をする人たちがいます。「南部では慈愛にあふれた白人の農園主が黒人奴隷たちを優しく保護し、面倒を見ており、黒人奴隷たちも主人を慕っていた。そこで産出された綿花は南部に大きな富をもたらしていた。南部は誰からも文句の出ない理想郷だった。ところが、北部の奴隷解放論者たちが南部の実情も知らずに南部批判を始め、ついには軍隊を差し向けてきた。南部の人々は自らの領土を守るために奮闘したが、物量に押し切られて負けてしまった」。現在でもこうした考えは根強く残っています。

 彼らがその象徴として祭り上げているのがリー将軍です。リー将軍は穏健かつ高潔で、郷土への忠誠心と伝統を守るために戦った英雄とされています。

 確かにリーは温和で決断力に富んだ軍人として、周囲から尊敬を集めていました。しかし、当時の南部の白人たちの間では一般的な認識でしたが、彼は白人と黒人が平等だとは考えておらず、自分が所有していた黒人奴隷にひどい仕打ちを行ってもいました。また、南北戦争後に学長に就任した大学で、学生たちが人種差別的な運動をしていたにもかかわらず、それを止めようともしませんでした。しかしリーは「南部の正義」を信じる人々によって特に南北戦争後、実態以上に美化されていき、黒人差別を正当化する偶像のようにまでなって、現在に至っているのです。

 そもそも「南部は北部の横暴によって打ち倒された」といったように、あたかも「南部」という確固としたものが存在するかのように語ること自体、歴史的に見て誤りです。南部の政府や軍は南北戦争中も統率がとれておらず、常に内部崩壊しかねない緊張関係にありました。また、当時の南部の人口は900〜1000万人ほどで、そのうち奴隷を所有する裕福な人たちは30万人程度だったと言われています。その他は黒人奴隷と、貧しい白人たち、現在で言うところのプアホワイトです。つまり、黒人と白人の間だけでなく、白人間にも明確な階層が存在したのです。 

 南部が一体感を獲得したのは、むしろ南北戦争が終わってからです。南北戦争では南部のプアホワイトたちが兵士として動員されましたが、彼らは戦争によって土地や家を焼き払われ、さらに貧しくなりました。いったい自分たちは何のために戦ったのか、あの戦争の大義はどこにあったのか――。こうした屈折した感情を癒すため、人々は神話を求めました。それがリー将軍の聖人化をもたらし、南部の一体化につながっていったのです。

 このことは黒人差別にも影響を与えています。アメリカの黒人差別は、実は奴隷制を打倒した南北戦争後にむしろ強化されたとの説があります。確かにKKK(クー・クラックス・クラン)などの人種差別を根底とする暴力組織が登場したのは、南北戦争が終わってからです。今日のアメリカ社会を揺るがす黒人差別は、南北戦争抜きには語れないのです。

◆「奴隷解放宣言」は奴隷を解放したのか

―― 南部のリー将軍が神話化されているように、リンカーンも神話化されています。

小川:リンカーンは当初、奴隷制に関して慎重な態度をとっていました。リンカーンが懸念していたのは、南北の境界部分に位置する境界州の動向です。南北戦争を有利に進めるためには、できるだけ多くの境界州を取り込む必要がありました。しかし、境界州は奴隷制を認めていたので、もしリンカーンが明確に奴隷制を否定すれば、彼らが南部に加わってしまう恐れがありました。

 そのため、リンカーンは開戦直前に行った大統領就任演説でも、「奴隷制度が敷かれている州におけるこの制度に、直接にも間接にも干渉する意図はない」と述べています。この発言は南部に対して最後の説得を試みたという側面もありましたが、それと同時に、境界州を極力刺激しないという狙いもありました。

 しかし、共和党内の急進的な奴隷解放論者たちは「リンカーンは弱腰だ」「南部のスパイではないか」と反発します。リンカーンはこうした批判をのらりくらりとかわし続けますが、南北戦争が始まると、共和党の穏健派たちもリンカーンに苛立ちを示すようになります。リンカーン寄りだった新聞さえ「連邦政府は何をすべきかを知らない人の集団だ」といった批判記事を掲載するようになりました。

 それゆえ、ついにリンカーンも明確な態度表明を行わざるを得なくなります。これが世に言う「奴隷解放宣言」(1863年1月)です。

 しかし、この奴隷解放宣言も不十分な内容でした。奴隷解放宣言は「合衆国に対し謀反の状態にある州あるいは州の指定地域の内に奴隷として所有されているすべての人々は、その日ただちに、またそれより以後永久に、自由を与えられる」と規定していました。そのため、奴隷制を保持したまま北部側に加わったケンタッキーやデラウェア、ミズーリ、メリーランドなどの境界州は、奴隷解放の適用外とされたのです。また、このときまでに北軍が制圧していたテネシーや、北軍の実効支配下にあったバージニアやルイジアナの北部地域などにいる黒人奴隷も解放の対象にならないとする補助規定がつけられていました。こうしたことから、奴隷解放宣言で黒人奴隷は実質的には一人も解放されなかったとまで言われています。

 現実に奴隷解放につながったのは、憲法修正第13条(1865年1月に議会通過)です。こちらのほうが奴隷解放宣言よりずっと重要です。憲法修正第13条は「奴隷制および本人の意に反する苦役は、適正な手続を経て有罪とされた当事者に対する刑罰の場合を除き、合衆国内またはその管轄に服するいかなる地においても、存在してはならない」と定められています。この条文は奴隷制廃止条項と呼ばれています。

 リンカーンはこの修正第13条を可決する際、数々の裏取引を行い、恫喝のようなことまでして議会の賛成票を取りまとめていきました。リンカーンは高潔で優れた大統領だったと見られており、私も立派な大統領だったと思いますが、実は政界の寝業師と呼ぶべきタフ・ネゴシエーターだったのです。

 リンカーンのこうした側面が見落とされがちなのは、彼が暗殺によって命を落としたからでしょう。アメリカに限らず、劇的な死に方をした人は過剰な意味づけをされがちです。それがリンカーン神話を生み出していったのだと思います。

◆バイデンは「忘れられた人々」と向き合え

―― アメリカの南北が最初から分断されており、その上それぞれ別の神話をつくり上げているとするなら、アメリカは今後も一つの国家になることは難しいと思います。

小川: もともと統一されていた国が無理やり分断されたのであれば、改めて統一することが重要な課題になります。しかし、アメリカは最初からバラバラでゆるい国家なのですから、無理に統一しようとすれば混乱が生じるだけです。アメリカを「分断」というキーワードで語ることは無意味です。

 もし現在のアメリカに「分断」という言葉が当てはまるものがあるとすれば、民主党支持者たちの分断でしょう。民主党はかつては労働組合を有力な支持母体とした政党で、炭鉱夫や自動車の組立工などに支えられていました。今ラストベルトと呼ばれている地域にも民主党支持者たちが多数いました。

 ところが、昨今の民主党は労働者たちの苦しい生活を直視することよりも、LGBTや少数民族の問題などにばかり目を向けています。そして、そういう問題にポリティカル・コレクトネス的な見地から関心を寄せる、都市インテリ、グローバリストたちと密接に結びつくようにもなりました。

 もちろんこれらは重要な問題ですが、彼らはこうした問題に取り組む一方、プアホワイトたちのことを見過ごしてきたわけです。だからこれまで民主党を支持してきた人たちがトランプに投票するということが起こってしまうのです。今回の選挙結果を見ても、民主党vs共和党の戦いは、事実上「都会vs地方」の戦いでした。

 トランプ大統領の出現によって共和党が変質したと言われることがありますが、ブッシュ(子)などを見ればわかるように、共和党は長く保守的な政党です。それに対して、最近の民主党は明らかに変質しており、アメリカの保守派内では「今の民主党はゲイと社会主義の政党だ」とまで言う人たちさえいます。

 民主党の基盤が揺らぐことは、アメリカにとって好ましいことではありません。アメリカは二大政党制ですから、2つの政党のうちの1つが弱体化してしまえば、アメリカ政治は不安定化してしまいます。

 南北戦争の勃発の背景にも民主党の不安定化がありました。民主党は全国に基盤を有していたため、奴隷制度をめぐって南北間で対立が生じ、ついには北部民主党と南部民主党に分裂してしまいました。リンカーンが当選した大統領選挙では、北部民主党と南部民主党はそれぞれ候補者を擁立し、票を分散させています。先ほども言ったように、二大政党制の中における一方の政党の混乱は、国中を混乱に巻き込みかねないのです。

―― 今回の大統領選挙は、トランプ大統領が郵便投票をめぐって法廷闘争に持ち込む方針ですが、民主党のバイデン候補の勝利でほぼ決まったと見ていいと思います。民主党が本来の姿を取り戻せば、アメリカは現在よりマシになるでしょうか。

小川: 繰り返しますように、アメリカは最初からバラバラな国であるからこそ、二大政党がおおまかにアメリカの全市民の意識を収斂し、対峙することで成り立ってきた面があるのだと思っています。バイデン氏は当確が出た後からしきりと「国民の団結」を呼びかけていますが、これが空念仏にならないよう、実際に地方を歩いてみることだと思いますね。民主党が顧みなくなった「忘れられた人々」との向き合い方を考え直さないと、「トランプ的なもの」はよくも悪くも、強固に残り続けると思います。     

(11月10日、聞き手・構成 中村友哉)

<記事提供/月刊日本12月号>

【月刊日本】

げっかんにっぽん●Twitter ID=@GekkanNippon。「日本の自立と再生を目指す、闘う言論誌」を標榜する保守系オピニオン誌。「左右」という偏狭な枠組みに囚われない硬派な論調とスタンスで知られる。

関連記事(外部サイト)