コロナ禍の年末年始、「帰省すると思う」が半数近くに

コロナ禍の年末年始、「帰省すると思う」が半数近くに

(adobe stock)

 2020年は新型コロナウイルスの世界的流行という予期せぬ事態が生じ、激動の年となった。緊急事態宣言の発令に伴う外出自粛やイベント興行の中止が相次ぎ、さらに感染拡大の第2波・第3波の到来によってコロナ禍が依然として続く状況となっている。

 そうした中、養命酒製造株式会社が「年末年始の外出・帰省についてのアンケート調査」の結果を発表した。例年であれば故郷へ帰省したり、忘年会や新年会を開催したりする人も多いが、今年はどうなるだろうか。

◆コロナ禍でのパーティーや宴会は控える

 まず、全国の20歳〜69歳の男女1000人に「今年の年末年始に、どのようなおでかけ(帰省除く)の予定があるか」を聞いたところ、「年の瀬の買い物」(30.2%)と答えた人が最も多く、次いで年始の「初詣」が21.1%だった。

 一方で、「クリスマスパーティー」(7.7%)や「忘年会」(6.7%)、「新年会」(3.1%)はいずれも1割を下回り、コロナ禍でのパーティーや宴会への参加を控える様子が伺える結果となった。

◆年末年始の帰省も自粛傾向に

 次に、帰省先がある500人を対象に「今年の年末年始に帰省するかどうか」聞いたところ、「絶対に帰省すると思う」と回答したのは16.6%、「どちらかといえば帰省すると思う」は27.8%となり、計44.4%の人が帰省を考えているという。

 さらに、「帰省すると思う」と回答した人を年代別で見てみると、若年層ほど高くなる傾向がある。50代、60代は4割以下なのに対し、20代では54.2%と実に半数以上の人は年末年始の帰省を現実的に考えているのがアンケート調査でわかった。

 一方で「絶対に帰省しないと思う」(27.6%)、「どちらかといえば帰省しないと思う」(28.0%)と、年末年始の帰省を考えていない人は55.6%に上り、今年は帰省せずに年末年始を過ごす人が多い状況だ。

 人の移動が多くなる帰省ラッシュの時期だからこそ、感染リスクを考慮した上で行動する意識が本調査でも浮き彫りとなった。

 12月17日には小池都知事による「年末年始コロナ特別警報」も発令されたことで、より帰省自粛の風潮が高まるかもしれない。

 また、年末年始に帰省すると思う人(222人)に、「コロナ禍で帰省のタイミングに影響があるか」聞いたところ、「例年とは異なるタイミングで帰省する」という人は29.7%と、3割近くが例年に比べて時期をずらす考えを持っていることがわかった。

 内訳としては「例年より早くすると思う」(19.4%)、「例年より遅くすると思う」(10.4%)となっており、混雑による密を回避し、感染防止に努めようとする意識が伺える。

◆8割以上の人がコロナ禍の外出に抵抗感を持っている

 日々報告される新型コロナウイルス感染者数に、一抹の不安を抱える状況が続く中、コロナ禍におけるおでかけに対し「抵抗を感じるか、感じないか」について全回答者(1000人)に聞いたところ「非常に感じる」が38.1%、「どちらかといえば感じる」が42.0%となり、8割の人がコロナ禍の外出について抵抗を感じている結果になった。

 年代別に見ると、20代が81.5%と最も多く、次いで30代78.5%、40代73.0%と続いた。

 年末年始におでかけの予定がある人(514人)についても、抵抗を感じている人の割合は83.1%と、大多数の人がコロナ禍での外出に対して不安な思いを拭えない状況が伺い知れる形となった。

 一方、帰省先がある人(500名)に「コロナ禍の帰省に抵抗を感じるか、感じないか」を聞いたところ「非常に感じる」(35.8%)、「どちらかといえば感じる」(38.6%)と合わせて74.4%もの人がコロナ禍の帰省に抵抗を感じている様子だ。

◆帰省予定でも「抵抗を感じる」が6割超

 帰省予定の有無別では、帰省すると思うと回答した人(222人)の65.3%、帰省しないと思うと回答した人(278人)の81.7%が「抵抗を感じる」と回答。帰省すると答えた人でも、過半数が「抵抗を感じる」という。

 新型コロナウイルスの流行以来、ニューノーマル(新常態)という言葉が盛んに使われるようになった。

 ソーシャルディスタンスやマスクの常備といった変わりゆく日常はもとより、旧来の社会習慣を取り巻く状況の変化にどう対応し、コロナ禍を乗り越えていくか。

 先の見えない社会に不安を感じながらも、日々生活していく中であれこれと模索を繰り返すほかないのかもしれない。

<文/古田島大介>

【古田島大介】

1986年生まれ。立教大卒。ビジネス、旅行、イベント、カルチャーなど興味関心の湧く分野を中心に執筆活動を行う。社会のA面B面、メジャーからアンダーまで足を運び、現場で知ることを大切にしている。

関連記事(外部サイト)