人気予備校講師が教える「真の学力向上のために必要なこと」

人気予備校講師が教える「真の学力向上のために必要なこと」

高橋廣敏さん

 いよいよ始まった大学入学共通テスト。今年の受験生はコロナ禍で学校で十分に授業が受けられず、十分な学力が付かないのではないかと親御さんたちに不安が広がっているとの声も聴きます。

 また、少子化で1人に掛けられる教育費が多くなったこと、そして長引く不況で少しでも就職に有利になるようにと子どもに高い学歴を望むことから、受験の低年齢化が進み早期の英語教育なども盛んに行われています。

 一方で、子どもの学力、特に国語力は低下していると言われています。学力到達度調査「PISA」の2018年の日本の実績は、数学的リテラシー6位、科学的リテラシー5位、読解力は15位。いわゆる難関大学の教員からも「今の学生は総じて幼く思考力が低い」という苦情も聞きます。

 教育費は上昇する一方で、精神年齢や思考力は低くなっているという声もある今の子どもたち。一体彼ら彼女らに何が起きているのでしょうか?

 今回は前回に引き続き、代々木ゼミナールで長年東大特進クラスなどで現代文小論文を担当し、現在はN予備校で教鞭を取る予備校講師の高橋廣敏さんに、学力向上のために本当に必要なことは何かについてお話を聞きました。

◆楽しいと思うことが大切

――前回は国語力の低下した子どもたちの現状についてお伺いしましたが、ではどのようにしたら学力が上がるのでしょうか。

高橋:やはりどこかの段階で勉強が「楽しい」とか「面白い」とか思うことが大事なんだと思います。知らないことを知ることができれば楽しいし、できなかったことができるようになれば楽しい。生徒たちには「とにかく好きになればいい」と教えています。例えばサッカー部の生徒がいたとして「サッカーができるようになってから好きになったわけではなく、好きだったからできるようになったんでしょ」と。ごくまれに「できるようにならないと好きになれません」と言う生徒もいましたら。偏差値70になったら勉強が好きになるのかという話です。とにかく楽しさや面白さを伝えながら、好きになるように教えるようにしています。

 特に僕が指導している現代文や小論文は自分と関係のあることです。自分の生活と関係のあることなので、例えば遺伝子組み換え技術に関する文章を読んで興味を持ったなら少しずつ他の科学の文章も読んで解いてみようという気になります。そうやって少しずつ解いていくとできるようになり、達成感を覚えれば確実にできるようになります。嫌いなままだとなかなか伸びていきません。全教科でなくてもいい。1教科でもいいから面白いと思ったらその子は他の教科も伸びていきます。

 また「いい点とったらゲーム買ってあげる」という報酬方式もそれほど効果がありません。勉強そのものが楽しくならないと伸びないからです。「報酬をもらうために勉強する」という構造は「報酬」=喜び、「勉強」=苦痛という対比構造を子どもに植え付けます。逆に言えば楽しくなれば周りが放っておいても伸びます。できるようになると快感を覚えてどんどんやるようになるんですね。教育学の実験でも報酬系のグループは伸びないと言われています。報酬方式を取り入れるのは教育熱心な親御さんが多いのですが実は、逆効果だと伝えたいです。

 それから、テストの結果だけを褒めるのは止めた方が良いです。それよりもプロセスをよく見てあげて褒めてあげてほしいです。勉強が楽しくなるようにプロセスを褒めて、楽しくなればどんどん自分から勉強するようになり成績も上がるという流れを作って欲しいですね。

 僕の生徒さんは社会人出身の人もいます。いわゆる元不良で大学に行かないまま社会人になりましたが、ある日思い立って大学受験をしようと自分の授業を受けたら急に好きになって勉強し始めたという人もいます。結局彼は大学に入り、今では僕のように予備校講師になりたいと言っています。似たようなケースが他にもありますが、1人は高校の教師になり、もう1人は大手予備校で講師をやっています。とにかく「楽しい」と感じることが大切なんです。

――子どもの将来を思うあまり、ついたくさんのお稽古ごとを習わせてしまったり、予備校の講座をたくさん申し込んでしまうお母さんも多いと聞きます。

高橋:富裕層の専業主婦のお母さんの場合、自分が評価される機会がないので、子どもの自己実現が自分の自己実現になってしまいがちです。また夫婦仲が上手く行っておらず、そのストレスが子どもへの期待になることもあります。そういう環境に育った子どもは親の顔色を窺ってばかりの人生となってしまいます。常に客観的な目線が必要だというこということを忘れないでほしいですね。

◆教育虐待を回避するために

――親御さんが教育熱心になるのは悪いことではないと思いますが、過度な期待で追い詰める「教育虐待」のケースも聞きます。子どもに対してどのような距離感で、どのような指導をするのが良いのでしょうか。

高橋:親御さんに言いたいのは「自分は完璧なのですか」ということです。子どもにありのままを見せた方がいい。その方が子どもの方も安心します。それから、過度の期待をするのは概ね母親の方が多いです。父親は子どもに自分より高い能力を求めません。父親はドラえもんののび太の父親のようなスタンスでいるのがいいですね。のび太の父親は「宿題はできなくてもいい。のび太が生まれて来た時のことを思い出すだけで腕のあたりがポカポカ温かくなるんだ」とのび太に伝えています。どのご家庭も母親は「私はちゃんと注意しているんだからあなたも注意してください」と言うと思うんです。夫婦は一致していなければならないと。でも、それでは子どもが息苦しくなってしまいますよね。

 心理学的に母親は子どもを守ろうとすると言われています。自分の子がこの世で一番弱いので守らなければならないと。一方、父親はどこかで自分の子どもは根拠なく大丈夫だと信じている。そこは一致しなくていいと思います。父親は適当でもいい。

 矛盾は良くないという考え方がありますが、矛盾しているのが世の中なんだということを教えることも大切なんです。お父さんがそういう存在でもいいと思います。そして、それを伝えるのは親や教師でなくてもいい。かつては親、教師以外にも人生にとって大切なことを教えてくれる「謎のおじさん」がいたものです。昔だったらバイク屋のおじさんですね。

 自分は予備校教師ですが生徒とはそういう関係を築けたらと思っています。今の子どもたちは教室の中も同調圧力が強く、自分の本当にやりたいことを見つけられない子が多い。「偏差値だけが人を測る物差しではない」ということを伝えていきたいです。謎のおじさんはカッコよく言うと異邦人なんです。子どもは自分や周囲の価値観とは違う異邦人に出会うことが大切なんです。

◆学力向上のための対話

――コロナ禍にあって、学校の授業時間が減少していることから学習時間が減り、お子さんの学力低下に対して不安を抱えている親御さんも多くいると聞きます。このような状況にあって家庭でできることはどのようなことなのでしょうか?

高橋:まず、親御さんが自分との対話をした方がいいと思います。コロナ禍はいいチャンスです。何が大切で何が大切ではないのか。「学校に行くこと」がそこまで大切なのかということです。子どもによってはオンラインが合っている子もいる。学校に行って勉強することがすべてと思わない方がいい。今後は学び方の選択肢が増えると思います。塾もオンライン化していくでしょうし、費用も低廉なものが登場しています。

 そして、テレビとゲームを消して、低学年だったら図鑑を一緒に見てもいいし、小学校高学年から中高生ぐらいになったら親子で、環境や平和など様々なテーマで話し合ってほしいです。

 小論文を教えていますが「そのテーマについて両親と話しました」と発言するような生徒さんはやはり伸びますね。例えば「平和」だったら、小学生なら小学生なりに、中学生なら中学生なりの考え方があり、親子で話せば生きた勉強になると思います。自宅にいる時間が長い今だからこそ取り組んで欲しいです。

 後は本を読めるような環境を整えることです。家に本がなければ子どもの国語力は上がりませんし、また子どもにだけ「本を読みなさい」と言っても無理な話です。塾にお金を出すだけではなく、まずはそこからやって欲しいですね。子どもに「本を読みなさい」と言いっ放しにせず、図書館に行って借りて来てもいいので一緒に読んで欲しい。例えば本の感想を言い合うなどするところから始めれば対話も自然に生まれるのではないかと思います。

――コロナ禍で収入が下がり、学習塾にお金を掛けられないご家庭もあると思います。

高橋:「お金を掛けさえすれば学力が上がる」というものではないので、そこは不安を感じなくて良いと思います。お金を掛けずに着実に学力を上げる方法は、まずは好きな科目をとことんやり貫くことです。そして、それで勉強の楽しさを覚えたら、学校の勉強と並行して予備校のオンライン講座を上手に利用するのも良いと思います。例えば、現在所属しているN予備校では月1000円で全教科学べて、過去のアーカイブ画像も見ることができます。長年予備校講師をしてきて、お金を掛けられて高学歴になった子たちをたくさん見てきましたが、今はそういう時代ではありません。オンライン授業は離島でも外国でも利用できます。廉価なWebサービスを上手く利用して欲しいです。

――大学入試制度が変化しても問われるべき学力の本質は変わらないと思います。入試制度のタイプにかかわらず、太刀打ちできる学力を身に付けるには何をすれば良いのでしょうか。

高橋:いい問題をきちんとやるということです。例えば、国語の読解力であれば、東北大、筑波大学など定評のある国立大学の問題をやるといいと思います。東大の問題だけ20年分やるのもいいです。そうすれば大学入学共通テストはもちろん、どのような形式の問題でも解けるようになる。後は小論文ですね。これからの入試は「自ら問題を発見し、自ら問題を解決する」能力を評価すると言われていますが、その能力は小論文で培うことができます。

◆AI社会に必要なのは想像力

――AIが到来する社会になり、人間はAIを使いこなせる存在になる必要があります。その基礎力となるのはやはり学力ではないかと思いますが、これからの時代に必要な「学力」とは何か、そして、それを身に付けるために必要なことは何かをお聞かせください。

高橋:一番大事なのは想像力だと思います。「AIが人間に取って代わる」とは良く言われることですが、「AIで作りたい未来」を想像できなかったらAIを使いこなせないですよね。また、治安を維持するという名目で、監視カメラが設置されてAIで顔認証ができるようになって、AIが人間を支配する社会が来るかもしれない。そういう社会は人間が幸せな社会とは言えません。あくまでもAIが人間を幸せにする社会でなくてはならないですよね。そう考えると想像力が必要であると感じています。そしてそれを養うのはやはり読書。『鬼滅の刃』も面白いですが、マンガがきっかけでもいいので、活字の本もぜひ読んで欲しいです。

 また、想像力を持つのに必要なのは学力の根本である「興味関心」だと思います。自ら積極的に知的好奇心を持つようでなければ想像もできません。逆にそれがあれば知識を得ようとして自分で学びます。ところが、今は物事に対する興味関心が感じられない子が多い。小さい頃から親が色んなものを与え過ぎて自分から興味関心を持つことが少ないのではないかと感じます。

 そして、もう一つは物事に対して問題意識を持って欲しいということです。問題意識がないと問題を発見できません。そして、問題を発見できなければ解決もできないということです。ところが小論文を教えていてある時期から感じ始めたのが「日本は問題がない」という答案が増えたことです。「日本は科学技術も進歩し、豊かなので問題がないのである」というような趣旨の答案を「バカボンのパパ答案」と呼んでいますが、そういう答案が増えて来ました。物事に関する興味関心が薄く「これでいいのだ」と思っており、問題意識もないので問題発見もできない。ところが、問題文にはたくさん問題点が書いてあるんです。それを読みとる力がない。

 本を読んだり親子で対話を重ねたりして、お子さんに知的好奇心や問題意識を持たせてあげて欲しいです。

――教師の役割とはどのようなものでしょうか。

高橋:生徒が勉強に夢中になれるきっかけを作るということだと思います。面白い問題、夢中になれる話を授業中にすることも大切です。「勉強って面白いんだよ」ということを伝える。できるだけ答えは言わず、自分の頭で考えさせる。極端に言うとファシリテーターのような感じです。「自分はこれだけ合格させた」という先生もいますが、それだと先生の自己実現になってしまう。勉強はあくまで生徒が主役です。自分の理想は生徒の知的好奇心に火を点けることですね。その火を点けたら後は勝手に伸びていきます。それで本人が勉強する快感を覚えたら心配ないですね。なので、親御さんにも子どもがそういう流れに乗れるような環境を整えて欲しいと思っています。

<取材・文・撮影/熊野雅恵>

【熊野雅恵】

くまのまさえ ライター、クリエイターズサポート行政書士法務事務所・代表行政書士。早稲田大学法学部卒業。行政書士としてクリエイターや起業家のサポートをする傍ら、自主映画の宣伝や書籍の企画にも関わる。

関連記事(外部サイト)