昨年12月15日のPornhub一斉削除によって「守られた」もの

昨年12月15日のPornhub一斉削除によって「守られた」もの

昨年12月15日のPornhub一斉削除によって「守られた」ものの画像

 昨年末、急にPornhubの動画が一斉に削除され、ダウンロードができなくなった。この騒動を日本のAV業界はどう見ているのか。関係者や女優に聞いた!

◆地殻変動を迎えるAV業界

 昨年の12月15日、世界最大のポルノサイトである「Pornhub」(以下、ポーンハブ)が1000万本以上の動画を一斉に削除したことで、一時ネットの一部が騒然とする事態になった。

 発端は米国人記者の告発だった。「未成年者を性的虐待する動画が多数あり、違法作品により収益を得ている」との記事が米ニューヨーク・タイムズ紙に掲載され、直後に決済会社が取引を停止。ポーンハブは経営危機に陥った。

 これを受け、著作権やプライバシー権を侵害する違法な動画をポーンハブが一斉に削除したというわけだ。動画の削除だけでなく、海賊版の温床となっていた未承認ユーザーのアップロードも禁止。動画ダウンロード機能についても無料ユーザーは不可となった。

 この「1215ショック」で、日本の一部ユーザーがSNSや掲示板で狼狽。告発した記者への殺害予告とも取れるつぶやきまで現れる始末だった。

◆AV関係者からは歓迎の声

 ポーンハブにおいて、日本は米国に次ぎ第2位のアクセス数を誇り、国内のサイト別トラフィック量でもフェイスブックやウィキペディアより高い10位にランクインしている(’20年、シミラーウェブ調べ)。

 国内最大手のアダルトサイト「FANZA」よりもユーザーが多く、ポーンハブの存在は日本のAV業界にとって長年悩みの種だった。

 一連の騒動を受け、AV関係者はどう思っているのか。メーカーの著作権を保護する活動をする知的財産振興協会にまず聞いた。

「ポーンハブについては、従来からパトロールで海賊版動画の削除要請を日々、送っていました。

 今回、大量の動画削除は大きな驚きでしたが、AV作品の海賊版対策に取り組む立場としては当然、歓迎すべき流れです」

 一方、AV女優の労働環境や権利向上に取り組む日本プロダクション協会(以下、JPG)も次のように指摘する。

「被害に遭った女優がサイト側に削除依頼をしても、著作権がないため削除してもらえないケースが多かった。しかも、一度アップロードされると、次々とコピーされて広がっていく。

 泣き寝入りするしかなかったので、今回の決定は好意的に見ています」

◆「女優だった過去を消したい」と願う女性たちを脅かす違法サイト

 審査を受けて正規ルートで売られている「適正AV」は、発売から5年たった作品については女優からの依頼があれば、削除できるルールになっている。

 しかし、ポーンハブでは当然、こうしたルールは適応されない。

「FANZAでは終売した作品が違法サイトに残っているという問題が起きていました。そのため、女優だった過去を消したいと願う女性たちの生活を脅かす二次被害を生んでいました」(JPG)

 業界サイドはひとまず安堵しているようだが、近年、海賊版AVに関しては年々、対策が進んでいた。

 今年から改正著作権法が施行され、海賊版サイトに誘導する「リーチサイト」も違法に。多くの海賊版AVまとめサイトも閉鎖を余儀なくされている。

 ’19年の「漫画村」摘発後、AV業界でも著作権の保護が課題になっており、やっと漫画や映画に追いついたのだ。

 一方で、競合サイトは残ったまま。告発した米国人記者は「同じように視聴者数が多い『XVIDEOS』にも圧力をかけるべき」と発言しており、今後、ほとんどの違法ポルノサイトは窮地に追いやられるだろう。

 そして、こうした流れのなかで、AV業界は大きな地殻変動を迎えている。

◆18禁の課金型SNSにAV女優が多数進出中

 実は今回の一斉削除の少し前に、ポーンハブは日本のメーカーに対し、秘密裏に交渉していたという。

「メーカーの公式チャンネルをつくろうとアプローチしていたという話を聞いています。ただし、違法アップロード動画が多数ある状況でメーカー側は応じず、交渉はまとまらなかったそうです。

 健全化したならば、今後はメーカーの公式チャンネルができていくのでは」(AV制作会社スタッフ)

 メーカーだけではなく、AV女優が自ら動画を上げ、収益を得るスタイルも浸透しつつある。海外では出演者自らが撮影し、自分のサイトで作品を販売するスタイルも一般的だ。

 日本のAVシーンを飛び出て、現在米国で活躍するMARICAさんも、オフィシャルサイトを中心に、動画や写真などを販売している。この流れが日本にも押し寄せている。いわば、アダルト界でユーチューバー化が起きているのだ。

 風俗店やライブチャットに女性を斡旋しているスカウトマンは言う。

「TikTokで生着替えなど、セクシー要素のある動画を流して、そこから有料のFANZAライブなんかに誘導するスキームなんですが、まだそんなには稼げていないのが現状ですね」

 また、ガールズバーで働く女性(24歳)もこう語る。

「お客さんから『顔出しなしでも稼げるみたい』と言われて、お尻専門の短い動画の販売を始めました。

 月2万円くらいの収入ですが、ツイッターでセクシーな自撮りを載せると『いいね』がいっぱいついて楽しいですよ」

◆多様化する配信プラットフォーム

 素人がエロ動画を配信するサイトといえば、かつてはFC2の独り勝ちだったが、現在はプラットフォームも増えた。

 ポーンハブ上にも、女性が個人で撮影したり、風俗店が制作したオリジナル動画が販売されているが、世界的に18禁の課金型SNSが流行中だ。

 MARICAさんも利用している「OnlyFans」(英国)は、コロナ禍で欧米のセックスワーカーやポルノ女優たちが大量に参入し大ブレイク。昨年8月には歌手のベラ・ソーンが1週間で2億円を稼いだことで話題になった。

 国内では、同様のプラットフォームに「オヒネリ」がある。人気AV女優・北条麻妃さんは言う。

「AVとは違う部分の私を見せられたらいいなと思って始めました。家で自撮りしているのですが、AVとは違って、ファンとの距離の近さがありますよね」

 ファンの反応も上々。特にコロナ禍で家から出なくなり、人と話す機会が減ったというファンから「配信を楽しみにしている」という感想を多くもらったという。

 「オヒネリ」には他のAV女優も続々と参入しつつあるようだ。

 ポーンハブの健全化に、配信プラットフォームの多様化――今年、ニッポンのアダルトシーンは大きな地殻変動を迎えそうだ。

◆違法サイトと知らずに見ているユーザーが多い!

 ポーンハブ一斉削除をAV女優たちはどう見ているのか。デビュー13年のベテラン女優・大槻ひびきさんに話を聞いた。

「1000万本!? そんなに消えたんですか。嬉しいですね。特に若いファンから『いつも無料サイトで見てます!』と言われることが多くて……」

 ユーザー本人も違法サイトと知らずに利用しているため、悪びれずに伝えてくるという。

「その都度『違法サイトで見るとメーカーさん、販売店さん、女優のみんなが困ってしまう。AVを作れなくなってしまうから、正規店で買ってほしい』とお願いしていたのですが、何年たっても状況は変わらないので困っていました」

 違法サイトの跋扈により新しい作品の制作本数が減り、仕事をしたくてもオファーが入らず、志半ばに業界を去っていく女優も少なからずいるという。

「これを機に悲しい引退がなくなるといいなと願っています」

 当たり前だが、AVも制作費をかけて作られる商品であり、人件費だってかかっている、れっきとした「作品」であり「売り物」なのだ。

【大槻ひびきさん】

’08年デビュー。キカタン女優として累計2000本近い作品に出演。「DMMアダルトアワード2016」最優秀女優賞を受賞。ファンからは“ひびやん”の愛称で親しまれている。

<取材・文/中山美里(オフィスキング)>

関連記事(外部サイト)

×