ベトナム・ハノイで邦人男性死亡、死後にコロナと発覚し広がる波紋

ベトナム・ハノイで邦人男性死亡、死後にコロナと発覚し広がる波紋

ハノイ邦人死後コロナと判明

ベトナム・ハノイで邦人男性死亡、死後にコロナと発覚し広がる波紋

テト休暇中はハノイも渋滞が解消される。(画像提供:ハノイ在住日本人)

◆14日夜、在越法人の間を巡ったメール

 東南アジアは全般的に新型コロナウィルスに対する対策が強固で、ほぼ鎖国状態にしているところが多い。しかし、コロナ対策優等生とも言われるようになったタイやベトナムも、昨年12月前後から今にかけて次々と国内感染者が発覚している。強硬手段で対処しても、いまだ終わりは見えてこない。

 そんなベトナムで、14日夜、こんなタイトルのメールが在住者に出回った。

『ベトナム国内における新型コロナウイルス関連発表(邦人感染者の確認、ハノイ市緊急通達)』……。

 発信者は、在ベトナム日本大使館だ。14日の夜、首都ハノイ市でコロナ対策を実施するハノイ市疾病管理センター(CDC)が、在住日本人たちが最も懸念していたことを発表し、日本大使館も動き出したのだ。

 それは、在住日本人の新型コロナウィルス感染の速報だった。この日本人男性は遺体で発見され、その遺体からウィルス感染が発覚した。大まかな足取りは掴めているようではあるが、CDCと在ベトナム日本大使館は、この足取りに関係ある場所を訪れた人は名乗り出てほしいと呼びかけている。

◆入国後強制隔離もPCR検査も済ませていたが……

 この日本人男性は1月中旬にベトナムに入国している。ベトナム政府は国籍問わず、外国からベトナムに入国する際はおよそ14日間の強制隔離を義務づけている。そして、この男性は南部ホーチミンから入国後、2週間ほどの強制隔離期間を経て、国内線でハノイに入った。それが2月頭のことだ。

 強制隔離中に数回行われるPCR検査ではいずれも陰性だった。だからこそ、この男性は入国を許可された。その後2週間ほどはホテルに滞在しながら、仕事をしていたとされる。日系の商社で、新任駐在員としてハノイに来た。また、遺体で発見されているため、現在は死因がコロナにあるのか、別の病気で亡くなったのかを確認中だ。現地在住日本人の間では脳卒中で亡くなったと噂されている。

 赴任したばかりなので、関係各位へのあいさつ回りをしていたとも言われ、接触者の数はただでさえ多いと見られる。いずれにしても、亡くなっているので正確な足取りが不明ではあるが、在ベトナム日本大使館が把握する行動は、14日の一斉メールの中に記されている。

(1)IBISホテル、ホーチミン市(1月31日夜)

(2)ホーチミン市発ハノイ市行きベトナム航空VN254便(2月1日11時発13時20分着)

(3)タイホー区クアンアンのタイホー通り2号にある「サマセット・ウェストポイント・ホテル」(2月1日から13日まで)

(4)ホアンキエム区ファンチュトリン23号の「サンレッドリバー・ビル」(9階の903号室及び2階の「東京レッドグリルレストラン」(2月2日12時から13時まで)。

(5)タイホー区クアンアンのXuan Dieu通り168号にある「八十八商店レストラン」(2月3日18時から20時まで)

(6)タイホー区クアンアンのXuan Dieu通り51号にある「ラッフルズ・メディカルクリニック」(2月4日朝、2月8日)

(7)バーディン区リンランのKim Ma Thuong75号にある「とり吉(とりきち)レストラン」(2月5日19時から21時まで)

※地名や通り名の表記は大使館の一斉メールのまま掲載しています。

 CDCと日本大使館はこれら日時にこの場所に行ったことがある場合、速やかに地元の医療ステーション、医療センター、あるいは在ベトナム日本国大使館のサイト記載の電話番号に連絡するように呼びかけている。

◆旧正月前の「準ロックダウン」通達

 ベトナムは社会主義国なので、すべてがトップダウンの一発で決まり、逆らうことは許されない。そういった管理体制なので、感染者が出てもすぐにその建物を封鎖したり、地域をロックダウンできる。

 今回の事件発覚以前の2月8日、首相府通知第26号が出された。これにより対策を実質的に実行するハノイ市やダナン市、ホーチミン市などは各々で対応を発表。感染者が多い地域から来る人には国内移動であっても強制隔離など、対応はそれぞれで違う。

 この通達は、ベトナム人が最も大切にする連休「テト」の直前に出された。いわゆる旧正月で、2021年は2月12日が元旦だった。休暇は昨年末に政府が2月10日から16日の1週間と決定。ベトナムの労働法では5日間だけでもいいのだが、帰省ラッシュの密を防ぐ狙いがあったと見られる。

 国内感染者が少なく、テトの連休も長いということで、在住外国人はみな、ベトナム国内旅行を楽しもうと、連休日程の閣議決定後に航空機やホテルを予約した人が続出。ところが、直前に首相府通達でロックダウンに近い状態になる地域や、住まいの住所によっては強制隔離があるということで、日本人の多くはテト休暇の旅行を断念した。

 在住日本人曰く「幸い、こういう事態なので、ホテルはキャンセルチャージなし。ベトナム航空の場合、航空券は3か月後に全額払い戻しか、やや料金を上乗せした1年間有効クーポン券を受け取るかの2択でした」という。

 ともあれ、この 「テト」が、今回の死亡発覚以前から始まったことで、後述する問題も浮上するようになる。

◆挨拶回りで多くの人に会っていたと思われる死亡男性

 ベトナム政府は感染者対策のために濃厚感染者らを等級分けしている。感染者と直接接した人をF1、F1と接触した人をF2、F2と接した人をF3などにしている。これによって国民自身も自分が置かれる立場を理解しやすく、感染対策への協力を要請しやすい。 

 また、海外からの入国者による感染拡大防止のためにも、かねてより強制隔離後に取るべき行動などのガイダンスを発表している。その中では『14日間の隔離を終えた者は、その後14日間、自宅又は居住地で、健康状態について自身による経過観察を継続する。周囲の人々との接触、混雑した場所への訪問を控え、5K(当館注:マスク着用、消毒、ソーシャルディスタンスの確保、密集しない、医療申告の実施。)を実施する。』(在ベトナム日本大使館のメールより引用)とある。

 死亡後にコロナ感染が発覚した日本人男性は1月31日かその前日に強制隔離が終わり、2月1日にハノイに来ている。そして、14日(あるいは13日)に亡くなったと見られ、ちょうど、経過観察が明ける時期に来ていた。しかし、不運にも亡くなってしまった。

 死亡男性がガイダンス通りにあまり人と接触していなければいいのだが、在住者同士の噂では、新任あいさつのためにかなりの人と会っていたとも言われる。いずれにしても、飲食店には複数行っており、そこで直接接客した人は、先の等級で分けるとF1になる。

 死亡男性が勤めていた企業と同じビルに入居する日本人会社員は、「直接会っていないけれど、同じ飲食店で食べています。その飲食店名は大使館のメール内のリストにもありました。場合によってはF2になっているかもしれません」という。

◆旧正月の帰省で国内に拡大した可能性も

 死亡した男性がいたホテルは、CDC発表があった翌日15日朝の段階で封鎖されていると、現地日本語メディアが伝えている。また、同日昼には、勤務先があるビルも封鎖の準備が始まっているようだと現地在住者が話す。

「ただ、政府側の人間が来て封鎖という感じではなく、もしかしたらビルが自主的に閉めているだけかもしれない」という。事務所ビルが封鎖となっても、基本的には消毒だけなので、早ければ当日、遅くとも数日中には解除になるので、ビジネスへの悪影響は最小限だと、その現地在住者が続けた。

 問題は死亡男性に関わったベトナム人だ。F1であろうが誰であろうが、テトに入ってしまったため、一斉に帰省してしまった。そのあとに自体が発覚している。万が一帰省者にF1F2の感染者がいた場合、地方の人々にまで感染リスクが広まったことになる。

 執筆時現在、まだ感染経路もわからない。そんな中で現地日本人の生活にも感染とは別の危険にさらされるのではないかという懸念が浮上している。筆者は昨年3月、ベトナムが国ごと封鎖される数日前にハノイにいた。その時点でさえ、コロナ=外国から来た病気=外国人が危ない、との偏見が渦巻き、外国人入店お断りなどの差別が始まっていた。今回は明確に「日本人」と現地メディアでも報道されているようなので、バッシングが始まるリスクも決して否定できないのだ。

<取材・文/高田胤臣>

【高田胤臣】

(Twitter ID:@NatureNENEAM)

たかだたねおみ●タイ在住のライター。最新刊に『亜細亜熱帯怪談』(高田胤臣著・丸山ゴンザレス監修・晶文社)がある。他に『バンコクアソビ』(イースト・プレス)など

関連記事(外部サイト)