東京入管でクラスター発生、男性被収容者の約4割が感染。施設内のコロナ対策がずさんすぎる?

東京入管でクラスター発生、男性被収容者の約4割が感染。施設内のコロナ対策がずさんすぎる?

東京入管でクラスターが発生した

◆被収容者39人、職員6人が感染。感染者はまだ増えている!?

 東京都港区にある東京入管の収容施設で、ついに新型コロナウイルスのクラスターが発生してしまった。

 昨年8月、収容されていたイラン人のジャファリさんがコロナに感染した。昨年7月半ばから東京入管局では職員4人(本局3人、羽田支局1人)のコロナ感染が判明している。しかしそれらの職員は部署が違うので、特にジャファリさんとの接触があったわけでもなさそうだ。

 理由は不明のまま、4回目の検査で9月末にやっと陰性が出た。その間、不衛生な部屋に隔離されたままで「自分で掃除するように」と職員に指示されていた。検査は採血ばかりでよけいに具合が悪くなり、CTスキャンなどの検査や治療は受けさせてもらえなかった。やっとコロナが治ったと思っても、職員や他の被収容者に煙たがられるなど、辛い思いを体験したという。

 入管総務課は「コロナ対策を一貫してしっかりやっている」と言い続けていた。しかし、被収容者たちは「とてもそうは思えない」と口々に言っていた。

 そしてとうとう今年の2月15日、東京入管の被収容者から支援者に「たくさんの人がコロナに感染してしまった」との知らせが入った。16日に入管はツイッターで状況報告をしたが、明確に「クラスターを起こした」という書き方はしていない。同日は午前中までは通常の面会はできたが、午後から急遽中止となった。

 2月19日までに、被収容者約130人のうち39人と、職員6人の感染が確認された。被収容者からは「まだ感染者は増えている」との連絡がきている。

◆収容所内にはどこにも逃げ場がなく、どうしようもなく怖い

 約30人の女性被収容者たちも検査を受けたが、今のところ感染はしていないという。しかし面会が禁止になる以前は、男性と廊下ですれ違ったり同じエレベーターを使ったりしていた。今が陰性だからといっても、安心はまったくできない。

 現在、女性たちは部屋に閉じ込められていて、フリータイム(開放処遇)はない。シャワーは一部屋ごとに順番に使用している。「毎日職員が入れ替わるので、とても不安」「自分たちにはどこにも逃げ場がなく、どうしようもなく怖い」「家族や支援者と面会ができずにストレスがたまる一方。早く出たい」などと、支援者や弁護士に助けを求めている。

 ある女性は「男性たちの多くはコロナに感染してしまったが、自らどこかへ遊びに行くなどしてわけでもなく、収容施設にいるだけで感染した。非常に気の毒だ」と心配していた。

◆「ちゃんと治療をしてくれるのか」と聞いた感染者に暴行?

 男性被収容者は、現在約4割がコロナに感染している。昨年コロナに感染したジャファリさんは、2度目の感染となってしまった。職員に「隔離するので部屋に出るように」と命じられ、「ちゃんと治療をしてくれるのか?」とジャファリさんが尋ねたところ、「部屋の移動だけだ」と職員は答えた。「それなら行きたくない」と拒否すると、複数の職員に暴力を受けたという。

 その光景を目撃した被収容者は、「職員が部屋の電気を消して、暗闇の中でジャファリさんの腹を殴っているように見えた」と証言した。

 ジャファリさん本人にも聞くと、憤りを隠せない様子だった。

「職員たちに殴る蹴るの暴力を受けて、部屋から引きずり出された。足や手首から血が出ていた。殴られた左胸の骨も痛くて、異常があるかもしれない。『レントゲンを撮ってほしい』と頼んでも拒否された。普段から車いすを使い、体の弱っている自分がなぜこんな目に合わされるのか。あまりにも入管はイジメすぎだ」

◆「いつクラスターが発生してもおかしくない」と弁護士は警告

 2月20日からは、陽性者の部屋に監視カメラが置かれ始めた。入管はほとんどの陽性者をただ個室に閉じ込めているだけで、万全な治療をしているとは言い難い。被収容者の弁護人を務める駒井知会弁護士に、今回のクラスターの件で話を聞いてみた。

「18日には『弁護士も極力面会を控えてほしい、緊急であれば要相談』と言われました。今まで弁護士はそこまで規制されることはなかったのに、入管側も今回のことでよほど困惑しているのだなと感じました。

 しかし、昨年からこういうことにならないように『解放できる人は早く解放してほしい』と再三言ってきたにもかかわらず、こんな結果になってしまいました。まだ今後も感染が広がる可能性があります。(被収容者の)家族からも、面会もできず『感染したらどうしよう』『心配でたまらない』との声を聞きます。

 今日まで国際法違反の収容を続けて、入管庁が今回の事態について責任を感じていないのであれば大問題です。衰弱した人々、多様な疾病に苦しむ人々を密閉空間に長期収容している状態がいかに危険なことか。弁護士会を含む多くの団体が、過去10か月近くにわたって警告を発し続けてきました。

 いつクラスターが発生してもおかしくないと警告し続けてきたのです。人々の命と健康を守るため、今回の事態の早急な解決はもちろん、違法な入管収容制度を直ちに改めてほしい。現状は『精神的拷問』に近い状態ととらえています。

 国籍にかかわらず、地位にかかわらず、陽性反応を示したすべての人々に必要な治療と体調改善のための適切な対応をするべきです。そして、感染していない人についても、極力速やかに解放することを望みます」

◆被収容者から支援者へ施設内の様子を伝える電話が殺到中

 2月19日、外国人支援団体(SYI収容者友人有志一同)のメンバー・柏崎正憲氏が急遽、入管問題を訴えるために品川駅前で情宣活動を行い、その後に東京入管前で被収容者への激励をした。前日にSNSで急な告知をしたにもかかわらず、8人が集まった。

 柏崎氏は拡声器で自分の電話番号を叫び、被収容者に施設内の情報を求めた。現在、支援者の携帯電話には陽性・陰性にかかわらず、被収容者たちからの連絡が殺到している。

「コロナ対策をしっかりやっている」と言い続けていた法務省・入管庁が、このクラスター発生に対してどう責任を取っていくのかを注視したい。さらに、施設内にいる人たちには一刻も早く適切な対処が行われ、早く救われなければならない。これは人命にかかわる問題だ。

<文/織田朝日>

【織田朝日】

おだあさひ●Twitter ID:@freeasahi。外国人支援団体「編む夢企画」主宰。著書に『となりの難民――日本が認めない99%の人たちのSOS』(旬報社)など。入管収容所の実態をマンガで描いた『ある日の入管』(扶桑社)を2月28日に上梓。

関連記事(外部サイト)