厳冬とマスク疲れで感染者が急増中。ワクチン接種拡大の障壁も……。東欧春のコロナ事情

厳冬とマスク疲れで感染者が急増中。ワクチン接種拡大の障壁も……。東欧春のコロナ事情

ポーランド最長のヴィスワ川では流氷が見られ、一部には凍結した地域も

 日本では、なんら効果的な対策を打てず、相変わらず統計データも疑わしいまま緊急事態宣言の解除が検討され始めているが、欧州も春が近づき寒波のピークこそ過ぎたものの、いまだにコロナショック終焉の兆しは見えない。

◆欧州でも接種拡大の障壁になっているワクチン忌避論

 現在、筆者が在住している東欧・ポーランドでは、数年ぶりの本格的な冬が終わろうとしている。

 一時はマイナス20度近くまで下がっていた気温も、日中はプラス15度程度まで上昇。あとはコロナが収束すれば、いよいよ春……。だが、肝心の感染者数は一向に減る気配がない。

 長期間のロックダウンの効果もあり、昨年11月から今年の2月半ばまでは順調に減っていたポーランドの感染者数だが、一日約5000人にまで下がっていた数値は、再び約1万2000人まで急上昇。「春になればロックダウンも終わりか……?」と噂されていたが、どうやらその夢は幻に終わりそうだ。

 こうした状況を打開するには、日本でも効果が期待されているワクチンがカギとなる。しかし、医療関係者や高齢者を皮切りに接種がスタートしたものの、現地の人々の表情は浮かない。

「ウチの親(60代)も摂取しましたけど、我々30代や若者にまで行き渡るのは、早くて今年の後半じゃないですかね。このペースじゃ、ワクチンの効果が出るのは当分先だと思います」(30代・男性)

 また、接種のスピードだけでなく、それ以外の面でも不安は残る。

「ワクチンは60%以上の人が接種しなければ意味がないと言われています。ところが、副作用などを気にして躊躇している人が多いんです。『政府にコントロールされる!』『急いで作ったワクチンなんて、あとから何が起きるかわからない』と、まるで中世ですよ」(40代・男性)

 実際、筆者の周りにも、ワクチン接種に懐疑的な声は少なくない。ワクチン治療は効果的ではあるものの、政府と国民の間に信頼関係が構築されていることが前提だ。それゆえ、一概に「ワクチンを恐れる人」だけを批判することはできない。しかし、こうした人々が大勢いる限りは、たとえワクチンを求めている人に行き渡ったところで、水の泡となってしまう可能性も否めないだろう。

◆厳冬でマスク疲れにウンザリ

 ワクチンの配布と接種が滞るようであれば、今まで以上に一人一人の感染防止策が重要となるが、こちらも見通しは暗い。前述のようにポーランドではだいぶ気温が上昇してきたが、それに比例してマスクを外している人も増えているのだ。

 食料品などお店での買い物はもちろん、本来であればマスクなしでは外を出歩くことすらできないのだが、そんなルールは何処吹く風。警察に見つかれば罰金を払うことになるが、「マスクずらし」どころか、そもそも着けていない人も多く見かける。

「暖かくなったので子どもと公園に出かけたんですが、マスクを着けていない人だらけで驚きました。昨年、春のロックダウンでは森や公園ではマスクなしでも大丈夫だったので、『また制限が解除されたのかな?』と思ったぐらいです。

 人気のないところでマスクを外している人は以前からいましたが、通り過ぎるときぐらいは着けていました。今ではそれすらなく、街中でも外している人が増えていて呆れます」(30代・女性)

 自粛疲れと越冬でストレスが溜まっていることは容易に想像がつく。久々の厳冬のあととなれば、なおさらだ。

 しかし、こうした緩みが事態を長期化させてしまうことは説明するまでもない。ポーランドではフェイスガードや布マスクを禁止し、高性能マスクの着用を義務づける動きも出ているが、はたして感染爆発までに間に合うかは微妙だ。

◆劇場再開も大手シネコンは休業中

 また、昨年11月から感染者数が下降していたことで、2月から劇場や映画館、美術館などが再開したことも、影響しているかもしれない。飲食は禁止、席数は制限されているが、再開直後の週末に足を運ぶと人でごった返していた。

 エンタメ業界にとっては明るいニュースかもしれないが、感染者が急増し、再び閉鎖となれば元も子もない。事実、一部は再開したものの、大手シネコンなどは休業したままだ。ある映画館チェーンの従業員は、苦しい胸中をこう明かす。

「日本でも同じでしょうが、映画館は飲食の売り上げが頼みの綱。それが禁止されているうえに、席数も制限されているとなれば、ウチのようなシネコンは大赤字です。

 そもそも、劇場公開される新作もほとんどないですし、開けるとなれば宣伝や人件費もかかる。それでようやく開いても、今の状況を見る限りではすぐに閉鎖される可能性が高い。いま劇場を再開するのはリスクが大きすぎます」(30代・男性)

 つかの間の息抜きが、かろうじて残っていた最後の灯を消し去ってしまうことにも繋がりかねない、というわけだ。

◆厳冬で飲食店のインフラが崩壊?

 さらに厳しいのは飲食店だ。テイクアウトやデリバリーこそ許されているものの、通常の営業が停止してからは、すでに100日以上が過ぎている。そこに追い打ちをかけるのが厳冬だ。現地の不動産業者は、その理由をこう話す。

「ポーランドでは築100年以上ある建物はザラです。デリバリーなどでずっと稼働しているお店は別ですが、ロックダウンの間ずっと休業しているバーなどは、寒さで水回りが痛んでいる可能性が高い。ようやく感染者が減って営業を再開しようと思ったら、修繕費が払えなくて倒産……なんてケースも多いでしょうね。冬の間、家賃を払い続けただけでも、かなりの負担ですから、それ以上は耐えられないというのも無理はないでしょう」

 また、飲食店の休業や営業形態の余波は、学生たちにも押し寄せている。

「いろいろなお店にバイトの応募をしましたが、全滅でした。どこもできるだけ人件費を抑えたいので、新しい店員を雇うどころか、リストラするお店がほとんど。同級生と話していても、みんな『何か仕事はないか』と血眼になっています。ウーバーイーツか何か、デリバリーのバイトを探すしかなさそうですね……」(10代・男性)

 気温や湿度が上昇し、ワクチンが開発されたことで、コロナショックも春には落ち着く……。そんな楽観ムードは、マスクを外したまま出歩く人々の姿にこそ見られるものの、現実はそう甘くない。

 くれぐれも日本に住む読者の皆さんには、欧州の現状を反面教師として、油断せずに春を迎えていただきたい。

<取材・文・撮影/林 泰人>

【林泰人】

ライター・編集者。日本人の父、ポーランド人の母を持つ。日本語、英語、ポーランド語のトライリンガルで西武ライオンズファン

関連記事(外部サイト)