「宗教2世問題」メディアによる不用意な一般化と「コンテンツ化」への危惧<NHK特集から見える第三者にとっての課題(1)>

「宗教2世問題」メディアによる不用意な一般化と「コンテンツ化」への危惧<NHK特集から見える第三者にとっての課題(1)>

とある宗教団体の洗礼を受ける子供の信者、それを見守る信者たちの 中にも幼い信者の姿が

◆NHKが取り上げた「宗教2世」問題への疑義

 NHKハートネットTVの「宗教2世」のドキュメンタリー番組に対して、鈴木エイト氏が、「カルト問題」の構造を示さないまま「宗教2世」として一般化することへの疑義を論じた。

●NHK、「宗教2世」番組を放送。カルト2世問題を“宗教”に一般化する危うさ

 当事者の声を拾い上げ、不十分とは言え問題の存在を広く示してくれた点は評価するし、その点を評価する意見に対して異論はない。しかしハートネットTVの番組内容は、カルト問題に対する問題意識の提示が「不十分」なのではなく「皆無」だった。程度の問題であればいちいち目くじらを立てて批判する必要もないが、極端に一面的であることには問題を感じる。

 一方で、当事者である2世自身が発信する意見や概念をどう扱うかという点で、私は鈴木氏とは少々違う意見を持っている。意見の内容は大して変わらないが、「力加減」が違うと言った方がいいかもしれない。

 鈴木氏は記事で、当事者が「カルト2世」ではなく「宗教2世」という言葉や概念を提唱している点に違和感を表明している。しかしそこには当事者ならではの問題意識や目的意識があり、メリットもあるのではないか。それも意識しながら、鈴木氏の議論を補完したい。

◆単なる親子問題でも単なる信仰問題でもない

 ハートネットTVの番組での「宗教2世」という一般化の問題について、鈴木氏は上記の記事でこう書いている。

〈具体的な教団名こそ出していないものの、エホバの証人(ものみの塔聖書冊子協会)や統一教会(天の父母様聖会世界平和統一家庭連合)を脱会した元2世信者が自身の苦悩や葛藤、親との関係性や自身の子どもへの接し方などを語る内容で、実質的に「カルト2世」の問題を扱ったものだ〉

〈団体・組織が持つ特性として人権侵害や精神的(時には肉体的)虐待が不可避な状態で2世に圧し掛かっているのが「カルトの2世問題」である〉

 さらに鈴木氏は上記の記事の中で、番組ディレクターによる〈「親は憎くないのか」という問いかけに当事者たちの答えは「憎くはない」でした〉というツイートを批判している。鈴木氏の批判は〈「親を憎むべきではない」が“正しい2世の心構え”としてスタンダード設定されてしまうことは、2世の多様性の否定になりかねない〉というものだ。私は、どちらをスタンダードとするか以前に、そもそも親子間のみの関係に特化するディレクターの発想に違和感を抱く。

 カルトにおける2世問題は、カルトによって人為的に組織的に生み出されたものだ。単なる「親子関係の問題」ではない。

◆からみあう加害者性と被害者性

 カルトにおいて、親たちはただ単に「信じている人」ではない。

 信じなければどうなるか、信仰や組織の方針に反する行動をとったらどうなるか。団体によって用語や概念は違うにせよ、それは「地獄行き」に相当する「サタンの行い」とされたりする。特に、教義や組織の方針に反する身内へのカルト内部での反感や攻撃性は、信仰を持たない人に対するものより厳しい。

 これはカルトに限らず、どんな人間集団でも同じだろう。自分が関わる組織や集団を想像してみるといい。人権問題に取り組む団体ですら、対立する身内に対しては人権もへったくれもない理不尽なハラスメント等をしてきたりする。日本脱カルト協会という、カルトの人権問題に取り組む団体の理事会ですら、いままさにその状態だ。ましてやそれがカルトとなればなおさらだ。

 そんな構造の中で、たとえば「ものみの塔」では、信仰に反する者として「排斥」処分とされた信者に対して実の親兄弟である信者ですら口をきかないといったことも起こる。「信仰を捨てた息子がムカつくから」といったような親の勘定による独断ではない。これが「ものみの塔」という集団のルールや慣習として確立されており、何なら個別の場面でもこれに従うよう親に指導や圧力をかけてくる。

 子供に悪影響を及ぼす親も、カルトにおいては集団にコントロールされ子供との関係を悪化させる行動に走らされた被害者とも言える。

 親子関係に限らずカルトでは、個別の信者の中に被害者性と加害者性が入り組んで存在している。入信した人は勧誘する側に回り、相手を騙して入信させたり霊感商法等で金を巻き上げたりという加害者としての活動もするからだ。精神的な束縛の構造も、団体の指導者だけが作り出しているのではなく、信者同士が互いに交流する中で信仰を深めあったり、あるいは信仰に反した信者を批判したり上層部にチクったりという調子で、下っ端信者も集団内の同調圧力を維持し発揮するための機能を持っている。

 しかしその信者自身たち自身も、教義に縛られ金や労働力を団体に収奪されている。加害者性があるからといって被害者性がなくなるわけではない。教義や教団による信者への統制、信者間の同調圧力などに縛られた親が、子供との間に「2世問題」を引き起こす。

 組織や集団の側の問題に構造に触れないということは、「批判すべき相手を批判しない」という問題にとどまらない。根本的な問題の所在を不明確にしてしまえば、相対的に親の「自己責任」が増してしまう。親もまた、カルトから人権を侵害されている被害者性を併せ持っているにも関わらず。

 組織や集団の問題にも触れながら、当事者が親を恨んでいるかいないかという話をするならわかる。しかし組織や集団の問題に触れずにそれをやるなら、結局は「親が悪い」という話にしかならない。子供が親を恨んでいようがいまいが、家庭や親子の関係について最も責任があるのは通常、オトナである親なのだから。

◆寺の跡継ぎ問題とは違う

 「カルト問題」において、「宗教」と「カルト」との間に明確な境界線はない。人権侵害の深刻さや組織制・反復性などが判断基準なので、宗教団体以外(スピリチュアル団体、個人事業の占い師、マルチ商法、政治セクトなど)も含む。宗教に関しても、伝統の有無や信仰の対象が何であるのかによって区別することもない。

 しかし「宗教」と「カルト」を一緒くたにすることもしない。騙したり脅したり、あるいは霊感商法や虐待やテロのようなカルトの問題は、たとえば「宗教の関係でちょっと嫌な思いをさせられた」というレベルの問題とは構造も深刻度も違う。

 しかし宗教団体側の問題を提示せず、「信仰を持つ親」と子供の関係に特化して見せれば、たとえば「寺を継げと親がうるさい」という類の話と区別がつかない。現に私の視野に入る範囲でも、ハートネットTVにからめてこの手の持論を語り、2世問題を我田引水的な自己PRに利用している僧侶が発生している。

 伝統宗教であろうが何だろうが、深刻な人権侵害が伴うケースなら「カルト2世」と似ていたり結果は同じだったりするかもしれないが、単純に一般化してしまうと、カルトにおける2世問題の深刻さが希釈される。

◆「国歌を歌えない」は2世問題なのか

 ハートネットTVにも登場したエピソードだが、学校で国歌や校歌を歌えない、というケースがある。特に異教の要素があるもの、偶像崇拝、セレモニー的なものを避ける教えがあるものみの塔に顕著だ。争いや暴力を否定するため運動会の騎馬戦や武道関連の授業への参加を禁じられていたりもする。

 これももちろん2世問題の一端ではあるが、宗教性のある行事や「国歌」に関しては、必ずしも親や宗教団体側の問題とは限らない。

 七夕だのハロウィンだのクリスマスだのといった行事は基本的に子供にとって楽しいものかもしれないが、「君が代」を歌いたくてしょうがない子供がいるだろうか。別に歌わなくてもいいだろうし、信仰ではなく政治的信条から「歌わない」ことを積極的に選ぼうとする大人だっている。

 子供がやりたいと思っているのに、親や宗教団体のせいでやらせてもらえない。それは辛いだろう。だが、後ろめたく感じる必要がないことを後ろめたく感じさせてしまうなら、それは親ではなく社会や学校の問題だ。

 また人権に関して特に問題がない宗教で、何かしらの理由で国歌全般あるいや君が代を否定する教義を持つ宗教だったらどうだろう。外国出身の宗教マイノリティの子供はどうだろう。彼らが仮に宗教的な理由で君が代を歌わないとしたら、それを後ろめたく感じなければならないのだろうか。

 特に外国出身の宗教マイノリティを意識するなら、問題は「君が代」にとどまらない。異教の要素があると見なされる類の学校行事への不参加、食事その他の禁忌や服装等、様々な場面で生まれる「他の多数との違い」。これによって後ろめたさや居心地の悪さを感じさせてしまうとしたら、それは2世問題ではなく学校問題だ。

 理想を言えば学校や社会は、2世やその親がどのような宗教を信じていようが、他人に迷惑をかけない限りは臆せず伸び伸びと生きていける場所であるべきだ。しかし実際には、おそらくそうではない。

◆差別、アウティング、いじめという社会の問題

 さすがに宗教マイノリティの存在等まであの番組の中に盛り込むべきだとまでは言わないが、学校や社会の不寛容さを意識しない一般化は差別の足がかりになるという問題意識が感じられない点が残念だった。

 私はカルト問題の中でも特に幸福の科学に関連する問題の取材に力を入れている。幸福の科学にはものみの塔のような事細かなタブーはない。学校等での日常生活で他人から奇異に見られるたぐいの様式はない。しかし教祖の霊言等、奇異なもの滑稽なものとして見られてしまう要素が強い。

 複数の幸福の科学学園の卒業生から、「履歴書に幸福の科学学園卒」と書かれていることから生まれる差別の体験を聞かされる。アルバイトの面接や就職活動時に、それをネタにからかわれたり説教をされたりする。学園卒業後に一般の大学に進み幸福の科学から退会したのにこうした差別を受けるばかりか、ゼミ生たちの前で教員から学園卒であることを冗談のネタにされるというアウティングめいた体験を語る2世もいた。恋人の親から「たとえ退会していても、そんな宗教を信じている家の子供は認めない」と言われ別れさせられたという話も聞かされた。

 すでに信仰を捨てている2世ですら、これだ。もしかしたら、創価学会など他の新宗教系の学校を卒業した人の中にも共通する体験の持ち主はいるかもしれないし、伝統宗教系でも差別の口実にする人はいるかもしれない。

 地方の場合、本人が言わなくても近所の人の間では一家の信仰が知られている場合もある。2015年に幸福の科学信者である高校生が祖父母を殺害した事件の公判を私は傍聴したが、そこではその高校生が学校でいじめられており、幸福の科学信者であることもいじめの口実にされていたことが語られていた。彼は高校をやめ幸福の科学学園に入り直すために金が必要と考えて、遺産目当てで祖父母を殺害した。

 私はときおり大学でカルトについて講義することがある。2世問題にも触れる際には、必ず「差別はだめだ」という注意を付け加える。2世だろうが1世だろうが、カルト信者にだって人権がある。また宗教コミュニティ外の人々との親交は、2世が自らの力で広い視野や考えを獲得していく上で大きな助けになる。学生たちには「常識や習慣がちょっと違うと感じても、細かいことは気にせず他の友人と同じように普通に接してほしい」と伝えている。

 大学で数百人の学生を相手に講義をしていると、当たり前だが、中には何かしらの宗教の2世である学生がいる場合もある。幸福の科学学園の卒業生だという学生が声をかけてくれたこともある。別の宗教の2世だという学生が、悲しそうな顔で「うちの宗教もやっぱりカルトなんでしょうか」と質問に来たこともある。このときは「私はカルトだと思っているが、あなた自身が誰かに迷惑をかけていないなら、あなたは何も悪くない。後ろめたく感じる必要はない」と答えた。

 2世の人々は、信仰を自分で選択しておらず親の影響で事実上の強制や、あるいは当然のこととして入信させられているケースが大半だ。そんな彼らに後ろめたさを抱かせないためにも、差別へのストッパーは常に明確にセットでなければならない。特にカルト問題や2世問題など、一般的にはその複雑さを知る人があまり多くないテーマを語る際にはなおさらだ。

◆コンテンツとして消費するメディア

 ハートネットTVはそもそもカルトの問題に触れておらず批判もしていない。だから「カルト2世」への差別問題には関係がないように思えるかもしれないが、そうでもない。

 根本的な問題は宗教団体の方にあるのに、2世の親子関係の特殊性しか見せていない。それでいて、「宗教」として一般化しているように見えるものの実際には、一般的な多数派宗教とは明らかに別種の「特殊な信仰」のみを取り上げていた。極端な言い方をすれば「変な信仰を持つ親に育てられてしまった子供」という一般化の足がかりになりかねない。

 ハートネットTVの内容が直接差別を助長するとまでは言わないが、NHKという最大手のメディアが幅広い問題意識を発揮せずに当事者の語りを並べて「コンテンツを作る」という手法をとる。これが2世問題報道のスタンダードになれば、コンテンツとして消費する輩が現れる。映像分野にしろ文字の分野にしろ、メディアにはそういう輩がいくらでもいる。

 実際、それはNHKより前にすでに起こっている。昨年2月に放送された、AbemaTVの2世問題特集だ。

●宗教を信仰する家庭に生まれた子どもの苦悩 “2世信者”に信教の自由は?

 これもまた「宗教を信仰する家庭」という一般化の問題を孕んだ番組だが、番組内で流されたVTRはNHK同様、当事者自身の苦悩に向き合う内容ではあった。ところがAbemaTVの場合は、VTRの後に専門家でも当事者でもないタレントたちがスタジオで、2世問題そのものではなく「信仰の自由がどうたら」等々の抽象的な持論の開陳に花を咲かせた。2世たちの苦悩を記録したVTRが、タレントのトークショーの添え物にされた形だ。

 これがメディアによる消費、あるいはこの手のコンテンツを好む人々による消費だ。

 これまで2世問題をテレビ等の大手メディアが取り上げる機会は少なかったが、そもそも2世問題に限らないカルト問題全般も同様だ。刑事事件化したり有名人がからむ話題性があったりしない限り、テレビは基本的に「カルト問題」に関わる問題には手を出さない。教団からのクレームのリスクと話題性を天秤にかけて、話題性が勝る時しか手を出さないし、手を出す場合もクレームを恐れて特定団体への批判は抑制的になる。

 さすがにNHKともなれば、芸能人のゴシップ的な話題でドキュメンタリーを作ることもしないだろう。これはクレームを恐れてというより、民放よりは品性があるということかもしれないが。

 一方で2世問題の場合、教団名を出さなくても宗教団体への批判をしなくても、苦悩する当事者のストーリーをなぞれば、具体的な内容を伴ったドキュメンタリー風のものはできる。教団からのクレームというリスクを冒さずに、「多くの視聴者が知らない特殊な世界」をコンテンツにできる。

 メディアにとって2世問題は、カルト問題の中では比較的取り上げやすい。近年、当事者による手記が何冊も出版されており、SNSでの当事者たちの発信も活発になっている。取材対象を見つけることも、さほど難しくなくなっている。

 私が「コンテンツ化」を危惧するのは、これが理由だ。今回のハートネットTVには、上記のような下世話さはない。しかし民放や新興ネットメディアや低劣な書き手がこれを見て「うちでもできるじゃん」と乗っかってくれば、「特殊な世界」に触れるコンテンツとして消費される。そうなれば差別も助長される。

 ハートネットTVの直接の問題点以外も含めて散々ネガティブなことを書いたが、次回は「カルト2世ではなく宗教2世」という捉え方の意義やメリットについて考える。

<取材・文・写真/藤倉善郎>

【藤倉善郎】

ふじくらよしろう●やや日刊カルト新聞総裁兼刑事被告人 Twitter ID:@daily_cult4。1974年、東京生まれ。北海道大学文学部中退。在学中から「北海道大学新聞会」で自己啓発セミナーを取材し、中退後、東京でフリーライターとしてカルト問題のほか、チベット問題やチェルノブイリ・福島第一両原発事故の現場を取材。ライター活動と並行して2009年からニュースサイト「やや日刊カルト新聞」(記者9名)を開設し、主筆として活動。著書に『「カルト宗教」取材したらこうだった』(宝島社新書)

関連記事(外部サイト)