49人の写真家が追った、東日本大震災から10年。決して忘れてはならない悲しい記憶と復興への“絆”

49人の写真家が追った、東日本大震災から10年。決して忘れてはならない悲しい記憶と復興への“絆”

津波で漁業の街は壊滅。港に停泊していた大型漁船は市街地まで運ばれた(2011年4月27日、宮城県気仙沼市=撮影/野町和嘉)

 2月13日23時ごろ、地鳴りのような大きな振動を伴い、巨大地震が東日本を襲った。震源は福県沖。マグニチュード7.3、最大震度6強を記録した。幸いなことに震源が地下約55kmと深かったせいか、津波の被害は発生しなかった。

◆49人の写真家が追った、東日本大震災から10年

「10年前のことを思い出した」と語るのは、福島県飯舘村で酪農と農業を営んでいた長谷川健一さん。

「『あの時と同じだ』と感じて、いろいろな記憶がよみがえってきました。何よりも、津波が来るかどうかをまず心配しました」

 この地震が起きた直後、共同監督した映画『サマショール〜遺言 第六章』上映のため福島県に向かった写真家の野田雅也さんはこう語る。

「地震が来たとき、まず身震いがしました。それからいろいろな震災の記憶がよみがえってきて……。私は震災以降、現地に通い続けていましたが、その体感の後に被災地で見た光景や現地での痛ましい体験がフラッシュバックしました。被災者の中でも、10年前の震災のPTSD(心的外傷後ストレス障害)が再発したという人も多いと聞きます」

◆ウイルス感染対策などより細やかな対応の必要性

 2月13日の大地震の後も、福島県周辺では地震が頻発している(’21年2月12日15時〜19日15時の震度1以上の地震の観測回数は112回、そのうち2月13日の「震度6強」のほか、震度4が2回)。気象庁は「’11年3月11日の東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の余震と考えられる」と推定。また、政府の地震調査委員会は「今後10年間は大地震への警戒が必要」と発表した。

 奇しくもこの地震の直後に、’11年3月11日の東日本大震災時に現地に向かい、現場のリアルな姿をとらえた49人の写真家による写真集『災害列島・日本』が2月28日に発売となった。本書のキュレーターを務めた、元共同通信の新藤健一さんはこう語る。

「地震調査委員会は『もう少し震源が浅く規模が大きければ、高い津波が発生した』とコメントしていました。東日本大震災は、地震に津波、原発事故が重なった“複合災害”でした。ここ最近の災害は、単なる自然災害に別の災害がさらに重なり、人為的なものも加わっています。地球温暖化による異常気象、環境汚染、森林・生態系破壊、貧困と格差拡大、ウイルス感染など。今後はより広範囲できめ細やかな対応が必要となるでしょう」

◆10年経ってもまったく終わっていない

 東日本大震災は、10年がたった今でもまったく終わってはいないのだ。多くの人が大切な人を失い、過去の思い出も失った。その深い痛みを忘れず心に受け止めると同時に、震災復興の過程で新たに生まれた人と人のつながりを、さらに大事にしていかなくてはならない。

<文/北村土龍>

※週刊SPA!3月9日発売号より

関連記事(外部サイト)