新型コロナ第三波。辛うじて凌いだ韓国と収束失敗した日本の差は第四波で一層拡大か?

新型コロナ第三波。辛うじて凌いだ韓国と収束失敗した日本の差は第四波で一層拡大か?

K防疫体制を即座に強化した韓国 〈Simon.K.Shin / Shutterstock.com〉

◆始まりつつある「新たな脅威」

 前回、3月時点で既に北半球全域で非季節性パンデミックが始まっており、南半球では、季節性パンデミックが始まっていることを述べました。

 合衆国ワシントン州シアトルにある保健指標評価研究所(IHME)も、いよいよ英国変異株(B.1.1.7)による非季節性パンデミックが地球全体で始まっており、地域による時間差はありますが、3月から7月にかけてB.1.1.7によるパンデミックが生じ、続いて4〜6月以降にブラジル株(P.1)、南アフリカ株(B.1.351)によるパンデミックが生じるものと予測しています。

 今回本邦において第四波エピデミックSurgeを生じているB.1.1.7は、感染力が在来株の二倍程度とたいへんに強く、子供に感染しやすく、致死率がやや高いという脅威ではありますが、ワクチンの有効性、抗体薬の効果への影響は無い、または少ないとされています。

 B.1.1.7の次にパンデミックを起こすとされる、P.1とB.1.351ほか、最近世界中に拡散しつつある変異株には、E484K変異を含んでいるものがあります。このE484Kによって、既存の第1世代COVID-19ワクチン*の有効性が大きく落ちるとされており、さらに実は命の危機に瀕していたトランプ大統領(当時)の命を救ったモノクローナル抗体カクテル療法が効果を失うとされています。現在世界各国は、E484K変異を含むウィルスについては、少し先のこととして、B.1.1.7への対策に注力しています。

〈*筆者は第1世代COVID-19ワクチンをファイザー、モデルナ、アストラゼネカとスプートニクVと定義している。また第1.5世代としてノババックス、ジョンソンアンドジョンソン(J&J)を定義している。第1.5世代ワクチンは、E484K変異を持つウィルスに対しても現状で実用的有効性を持つとされる。E484K変異を持つウィルスなどに本格的に対抗する第2世代ワクチンは、各国各社今年秋に完成を目指している。第一世代ワクチンについては、ブースターを二回に増やし、三回接種にすることで対抗しようと治験がなされている。

 中国系のシノバック、シノファームなどの不活化ウィルスワクチンについては、開発時期から第1世代、第1.5世代ワクチンに該当するが、情報の透明性が低いために現在は言及していない。但し、最も枯れた技術によるワクチンであり、臨床実績も夏までに8〜10億人を目指しているためたいへんに有望なワクチンの一つである。ワクチンの種類についての概論は、以下のリンク先にわかりやすい簡単な解説記事がある。⇒「ワクチンの種類とその構成物・開発状況」 大阪大学医学部附属病院未来医療開発部 未来医療センター 山岸 義晃〉

 前回は、IHMEによる予測と評価をご紹介する前に本邦の現状を論じましたが今回は、引き続き韓国について現状を論じます。常に筆者が指摘している様に、本邦、韓国、台湾は、地勢的に事実上の島国*でありかつ人種、民族、社会・文化的背景がよく似ており、同じ自由主義社会であることもあって、今回のパンデミックについて比較することにたいへんに適しています。

〈*韓国は、38度線(軍事境界線)を隔てて人的・物的交流は絶たれている。また現在北朝鮮は、パンデミック対策の為に国境を閉鎖し鎖国に近い状態で、在平壌ロシア大使館員は、帰国の際に手押しトロッコで出国したほどである。 参照:Russian Diplomats Push Hand Car from North Korea to Get Home 2021/02/26 Bloomberg Quicktake〉

 今回は、韓国について論じますが、今回用いるデータは、執筆時の最新版としています。

◆定点観測2021/03/11韓国

 まず日本、韓国、台湾の2021/03/11現在の統計を比較して行きましょう。

 韓国では、昨年10月から100万人あたりの日毎新規感染者数が増え続け、クリスマス前までに本邦とほぼ同率になりました。韓国では、11月と12月におけるK防疫体制の二度にわたる強化と12/14以降のソウル首都圏域における大規模一般PCR検査の開始(首都圏域におけるクラスタ戦略の事実上の放棄)によって年末から100万人あたりの日毎新規感染者数の減少が始まりました。

 当時、筆者の予測では、韓国におけるCOVID-19エピデミックは、何事もなく順調に推移すれば3月末までに収束、夏までには完全終息の見込みでした。しかし韓国では、1月末に通算3回目の宗教団体起因の大規模Spikeが大田と光州で生じ、COVID-19対策が優秀な国の例に漏れず約二週間でこのSpikeを制圧したもののそれ以降、日毎新規感染者数が下げ止りました。その後2/14に始まり2/20に最大となり収束した1月末を上回るSpike以降は、増加に転じています。この2月下旬SpikeをIHMEは、遅行時間から考えて韓国の旧正月(ソルラル)2/11-2/14としてはやや早いのですがこのSpikeの感染発生日の最大日をソルラルの連休第一日の2/11と評価しています。K防疫では、接触者の検査を大規模且つ迅速に行っていますので、感染発生日(ウィルスへの曝露日)から新規感染者として統計に表れるまで概ね7〜10日の遅行時間(本邦は14日程度)です。このことは、韓国では、発症した人を直ちにPCR検査する態勢であることを意味しています。

 現在、現在韓国の100万人あたりの日毎新規感染者数は、8ppmと昨年11月末並みであり、僅かですが増加に転じていますので全く予断を許さない状態です*。このためK防疫の段階も、ソウル首都圏域で2.0段階、それ以外の地域で1.5段階と高い状態に留められています**。

〈*韓国の新規コロナ感染者 3日連続400人台=感染拡大の兆し 2021/03/11 聯合ニュース

〈**新型コロナ、新たに488人感染 現行の防疫対策さらに2週間延長 2021/03/12 KBS WORLD Radio〉

◆よく似た状況の日韓が”全く異なる対応”でどういう結果になるか

 筆者は、エピデミックの傾向を読み取るために日毎新規感染者数の一週間変化率と二週間変化率*を主として用いています。

 韓国では、韓国のお盆である秋夕(チュソク)9/30〜10/4の大型連休を切掛けに「秋の波」が始まったと考えられ、その後11/19に+101%、12/17に+51%と極めて大きな一週間変化率を示しました。韓国では、それぞれK防疫体制の強化によってエピデミックを収束に向かわせており、ソウル首都圏域における大規模一般PCR検査の開始もあって1月中旬には、-30%まで一週間変化率を下げることができました。この傾向を維持すれば、半減期(半減時間)20日となり100日後の4月末までには台湾並みのバブル=安全圏を国内全体に構築出来る見込みがありました。

 しかし1月下旬にIM宣教会施設での大田と光州におけるSpike、ついでソルラル(旧正月)によるSpikeにより下げ止まってしまいました。韓国では、3月に入り日毎新規感染者数が増加に転じており、B.1.1.7による非季節性の第四波エピデミックSurgeが始まっていると考えられます。

 IHMEによる韓国での真の新規感染者数予測によれば、韓国においてはB.1.1.7による第四波エピデミックSurgeは、統計上は3月下旬に最大値となり、すぐに収束するという見込みです。これはIHMEが韓国では、水際防衛、クラスタ戦略、そしてソウル首都圏域での大規模一般PCR検査をもちいた封じ込め戦略が有効に機能すると高く評価しているためです。

 現時点で本邦と韓国は、統計上は非常によく似た傾向を示しており、今回も第三波に引き続き、よく似た隣国同士が、よく似た状況から全く異なる対応でどのような結果となるかを観察する絶好の機会となっており、筆者は今後得られる知見に大いに期待しています。

◆エピデミックの状態と致命率がきれいに連動する韓国、連動しない日本

 日毎死亡者数と致命率(CFR)*をみますと韓国は綺麗に日毎新規感染者数と連動しています。これは当たり前のことで、本邦のように日毎死亡者数と日毎新規感染者数の統計上の関連が説明出来ないことが異常です。

〈*CFRとは診断付きの死者数を診断付き感染者数で割ったものである。その為概ね10倍ほどの過大評価となる傾向があるが、実測値として一般的に使われている。これに対し真の死者数を真の感染者数で割ったものはIFRであるが、推定値となる〉

 韓国では、第三波エピデミックによる医療への負荷増大によってCFRの上昇がありましたが、第三波エピデミックの収束に伴い医療への負荷は緩和されCFRは下降しつつあります。CFRの増減は、ウィルスの毒性の差異だけでなく医療へのウィルスによる負荷の増減を表しています。現在韓国ではB.1.1.7(英国変異株)による第四波エピデミックが始まっており、これによって医療への負荷が増加すればCFRは上昇すると考えられます。従ってCFRは注視すべき重要指標となります。

 このCFRと死亡数、新規感染者数統計について本邦を韓国ほか世界の国々と比較するとたいへんにおかしな挙動を示していることはこれまでに何度も指摘していますが次回、そのおかしさを論じます。

 韓国では、移動傾向はたいへんに良好な成績で、2020/01/13を基準として現在も-40%近いモビリティ(移動傾向)の減少となっています。但し、韓国の場合なぜか移動傾向の評価に公共交通機関が含まれていません。韓国は、鉄道とバス、地下鉄が発達した国ですので、移動傾向の評価から公共交通が抜けるのは困ります。

 韓国の移動傾向は、2/11頃から明らかに増加していますが、IHMEによれば、感染発生は2/11以前から増加していますので少し合っていません。但し、公共交通機関の移動傾向が抜けていますので長距離移動の影響評価が抜けています。また本邦の実例ほか、米欧の例などから、移動傾向の増加よりも屋内外食やパーティによる感染発生への寄与の方が遙かに大きいため、韓国における2月下旬のSpikeは、ソルラル(旧正月)によるものと考えて良いでしょう。

◆日韓ともに出遅れたワクチン接種だったが……

 第1世代COVID-19ワクチン接種は、日韓共に大きく出遅れました。統計上、本邦は2/17から、韓国は2/25から接種開始*と、本邦が8日先行しましたが、その後のワクチン接種速度は韓国の方が遙かに速く、3/10日時点で韓国は本邦の8倍以上の接種率となっています。

〈*厳重な護衛のなか…アストラゼネカ製ワクチン、韓国での流通「第一歩」 2021/02/25 hankyoreh japan、文大統領、コロナワクチン接種現場を訪問…韓国初の接種を見守る 2021/02/26 hankyoreh japan〉

 ワクチンの確保量についても韓国は第1四半期(3月末まで)に150万回分のワクチンが納品されることになっており*、これは人口比で本邦での370万回分に相当します。

〈*韓国政府、緊迫したワクチンの確保状況で導入時期前倒し 2020/02/17 hankyoreh japan〉

 この150万回分のワクチンは、現状の速度では月末にやや余る程度の量ですから、ワクチン獲得量としては不足気味ですが、3月中に全人口の2.5%程度、医療従事者の半分以上には行き渡る勘定となります。おそらく韓国では、4月いっぱいで全医療従事者にワクチンが行き渡るのではないでしょうか。

 合衆国が典型ですが、マス・ヴァクチネーション(大量ワクチン接種)に成功している国は、マス・PCRテストのインフラ、人員、経験があり、その資源をそのままマス・ヴァクチネーションに応用、転用しています。とくに合衆国では、200万検査/日という驚異の実績を打ち立てたその経験と資源をそのままマス・ヴァクチネーションに転用し、連続200万接種/日をこえるという偉業を打ち立てています。合衆国では、5/1以降から希望する全成人に対する一般ワクチン接種が開始されます。

 ワクチンは、本邦のように足下を見られてもお金に糸目を付けなければ他国を押しのけてでも入手は可能です。しかしワクチンはそこにあるだけでは全く無意味です。接種しなければ期限が来てゴミになるだけです。

 接種開始半月の本邦と韓国を比較するとマス・ヴァクチネーションに必要な態勢を整備してきた韓国と、屁理屈とウソでPCR検査すら拒絶してきた本邦との実力差が如実に表れています。

 お相撲で言えば、先日まで怪我で長期休場後復帰の大横綱が合衆国、実力派関脇の韓国、番付外の本邦という実態です。筆者は、20年ほど昔までですが、衛星放送で番付外のお相撲を視聴していました。結構面白かったです。

 本邦や韓国では、医療従事者、介護従事者、法執行職員、行政現業職、教師・保育士、介護施設・デイサービス利用者のお年寄りへこそ迅速ワクチン接種をせねばなりませんが、謎々効果*(Factor X))のおかげで一般ワクチン接種を急ぐ必要はありません。優先接種対象でさえ本邦では3千万人程度になると考えられ、せめて韓国程度の実力は求められます。

〈*モンゴル、中国、ミャンマー以東の東部アジア、大洋州ではCOVID-19パンデミックによる被害が他の地域、特に米欧に比してきわめて小さい。筆者はこの事実に2020年2月末頃に気がつき、同3月には「謎々効果」(謎々ボーナスタイム)と名付けている。全く同じ効果を”Factor X”と呼称している人たちもいる。米欧メディアや研究機関が注目するものの、謎々効果の原因もそれがどのような現象であるかも不明であった。謎々効果の原因は依然不明だが、この領域では、感染率が当初米欧の1/1000程度に抑えられていたことが謎々効果として可視化されていることである。致命率(CFR)は謎々効果があっても米欧他と大きな差はない。CFRは、主として医療への負荷によって変動している。謎々効果は、アフリカ大陸でもほぼ全域で見られている〉

◆IHMEによる予測(韓国)

 それではIHMEは、韓国についてどのように評価、予測しているのでしょうか。本稿執筆中の3/11(EST)にIHMEが予測を更新しましたのでここからは最新の3/11(EST)現在の予測と評価を用います。韓国については僅かに上方修正されています。

 なお、本邦については3/6現在に比して3/11現在の予測は、下方修正されています。これについては、後日改めてご紹介します。

 韓国における8月以降のエピデミックは、8/15光復節におけるサラン第一教会によるゲリラ大規模集会によって激化した第二波、10月はじめのチュソクに始まった「秋の波」第三波、そしてB.1.1.7(英国変異株)によって始まった第四波に分けられており、現在第四波の渦中にあります。

 韓国ではCOVID-19ワクチン接種が始まったのが2/26と遅く、現時点で接種率1%程度と僅かですので、第四波にワクチン接種の寄与はありません。しかしながら、従前の非薬理的対抗策、K防疫が有効に機能しており、IHMEはそれを高く評価しています。従って韓国において第四波は、3月中に収束に向かうという予測です。但し、韓国には「秋の波」は来ないというIHMEによる9月時点での予測に反して、11月から12月にかけて第三波が拡大し、予測を大きく上方修正したこともあり、95%不確実性区間(信頼区間)は大きくなっており、最悪の場合、12月並みになる可能性も示しています。但しこれは悪いシナリオ且つ95%不確実性区間の最上限ですので蓋然性は低いものとなります。

 IHMEは、韓国では今後南ア変異株(B.1.351)やブラジル変異株(P.1)による第五波が7月までに発生することはないとしています。この予測については韓国では、既にE484K変異を持つ変異株が確認されていること、B.1.351やP.1に対するワクチンの有効性が不明であることから不確実性が高い*のですが、一方でK防疫による封じ込めは大いに期待出来ます。

〈*韓国でコロナ変異株「71日間で182件」拡散…「氷山の一角」2021/03/10 hankyoreh japan〉

 韓国における日毎死亡数についてIHMEは、楽観的な予測をしており、最大でも6人/日であり、四月中には収束し、7月までに第五波はないという見込みです。これは、人口比換算で本邦の15人/日に相当し、優秀な数値と言えます。95%不確実性区間上限でも17人/日であり、これは本邦の42人/日に相当します。繰り返しますが、悪いシナリオ且つ、95%不確実性区間上限ですので、蓋然性はたいへんに低いです。

 韓国における累計死亡者数について、IHMEは、7/1までに2067名と予測しています。これは人口比換算で、本邦では約5千人に相当します。韓国は、第三波でまさかの約1300人死亡という大きな犠牲をだしましたが、謎々効果とK防疫によって良く踏みとどまったと言えます。

 このように韓国は、秋の波=第三波で大きな犠牲を出しましたが、11月12月と適切に対応し、K防疫の評価を高めたと言えます。しかしそうではあっても僅かな対応の遅れが1300人という大きな犠牲となったわけで、エピデミック対策は迅速に行わねばならないという教訓を残しています。

 韓国においてもB.1.1.7がドミナント(支配株)となる蓋然性が高いとされ、加えて既にE484K変異を持つワクチンの効きにくい変異株も確認されています。これらの脅威に文在寅政権がK防疫と第1世代COVID-19ワクチンという二枚の盾でどのように立ち向かうか、次の半年で真価が問われると筆者は考えています。

 今回はここまでとし、次回は台湾の順番ですが、その前に本邦の情報追加と、前回執筆後に分かった問題点について論じる予定です。

◆コロラド博士の「私はこの分野は専門外なのですが」新型コロナ感染症シリーズ42:第四波エピデミック(3)

<文/牧田寛>

【牧田寛】

Twitter ID:@BB45_Colorado

まきた ひろし●著述家・工学博士。徳島大学助手を経て高知工科大学助教、元コロラド大学コロラドスプリングス校客員教授。勤務先大学との関係が著しく悪化し心身を痛めた後解雇。1年半の沈黙の後著述家として再起。本来の専門は、分子反応論、錯体化学、鉱物化学、ワイドギャップ半導体だが、原子力及び核、軍事については、独自に調査・取材を進めてきた。原発問題について、そして2020年4月からは新型コロナウィルス・パンデミックについてのメルマガ「コロラド博士メルマガ(定期便)」好評配信中

関連記事(外部サイト)