悠仁さまが文学賞入選!審査員も文才絶賛「紀行文のお手本」

秋篠宮ご夫妻長男・悠仁さまの作文が文学賞入選 美智子さまから文才を受け継がれたか

記事まとめ

  • 秋篠宮ご夫妻長男・悠仁さまの作文が、子どもノンフィクション文学賞の佳作に選ばれた
  • 悠仁さまの作文の賞入選は2度目で、今回は紀子さまと訪れた小笠原諸島の体験を綴る
  • 審査員は那須正幹さん、最相葉月氏、リリー・フランキーという錚々たる面々だった

悠仁さまが文学賞入選!審査員も文才絶賛「紀行文のお手本」

悠仁さまが文学賞入選!審査員も文才絶賛「紀行文のお手本」

悠仁さまが文学賞入選!審査員も文才絶賛「紀行文のお手本」の画像

悠仁さまが文学賞に入選――。

北九州市主催「第12回子どもノンフィクション文学賞」の佳作に、秋篠宮ご夫妻の長男・悠仁さまの「小笠原諸島を訪ねて」が選ばれたのだ。

作文は400字詰め原稿用紙19枚の大作。悠仁さまは、小学5年生だった’17年に紀子さまと2人で訪れた小笠原諸島での体験を綴られている。

「フェリーで片道24時間かけて訪れた小笠原4泊5日のご体験は、悠仁さまにとって深く胸に刻まれるものだったようです。イルカと泳がれたり、ウミガメを放流されたりといった体験を通じて、大自然を実感されました。さらに戦時中に築かれた塹壕や軍道などの痕跡を巡って、戦没者鎮魂の碑に献花、黙祷をされました」(皇室担当記者)

賞の審査員を務めた那須正幹さんに話を聞いた。那須さんは、『ズッコケ三人組』シリーズなどで知られる、日本を代表する児童文学作家のひとりである。

「紀行文のお手本のような作品でした。宮さまの作文だと知ったのは審査後のことで、純粋にいい作品として読ませていただきました。東京から船に乗ったところから、旅での新鮮な感動がとても丁寧に、たいへん素直に書かれていました。そして島の民俗や歴史、自然についても、しっかりと調べてきちんと書かれているのです。

島を船が離れるときに島民が海に飛び込んで見送ってくれたという描写があるのですが、とても感動したことが伝わってきて、私もそこがいちばん印象に残りました」

那須さんの印象に残ったという別れのシーン。悠仁さまはこのように綴られていた。

《船が出航するときに、私たちは互いに手をふり、別れを惜しみました。乗船前に島の人から、「もし、また島に戻りたいと思ったときには、レイを海に投げてください。」と言われていたので、また小笠原に来たいと思った私と母は、いただいたレイを首から外して海に投げました》

《次々と船人が飛び込む姿も感動的でした。島の人々のあたたかさが最後まで感じられ、私は父島や見送りの船の姿が見えなくなっても、しばらくの間、小笠原の方を見続けていました》

審査員は那須さんのほか、ノンフィクション作家の最相葉月氏と、俳優で作家のリリー・フランキー氏。悠仁さまの文才は錚々たる面々に認められたのだ。

実は、悠仁さまの作文が賞に入選するのは2度目のこと。

’19年、中学1年のときに、「トンボと私」という作品で「第69回全国小・中学校作文コンクール」都大会の佳作に選ばれている。

「皇室で“文才”といえば、思い浮かぶのは美智子さまです。上皇陛下とのご成婚前、20歳のときには、読売新聞が募集した作文コンクールで2位に入選していらっしゃいます。悠仁さまの文才は、美智子さまから受け継がれたものかもしれません」(前出・皇室担当記者)

悠仁さまの“次回作”発表が待ち遠しい!

「女性自身」2021年4月6日号 掲載

関連記事(外部サイト)

×