五輪組織委 文春記事に厳重抗議も、MIKIKO氏に同情の声

五輪開閉会式プレゼン資料掲載の文春に組織委抗議 再び巻き込まれたMIKIKO氏に同情も

記事まとめ

  • 五輪の開閉会式の演出に関するMIKIKO氏のプレゼン資料が週刊文春に掲載された
  • 五輪組織委は文春に抗議をしたが、再び巻き込まれる形となったMIKIKO氏に同情の声も
  • ネット上では「MIKIKOさん、はた迷惑だろうな」といった声があがっている

五輪組織委 文春記事に厳重抗議も、MIKIKO氏に同情の声

五輪組織委 文春記事に厳重抗議も、MIKIKO氏に同情の声

五輪組織委 文春記事に厳重抗議も、MIKIKO氏に同情の声の画像

東京五輪パラリンピック組織委員会は4月1日、『週刊文春』及び『文春オンライン』に掲載された、五輪の開閉会式の演出に関する記事について、厳重抗議したと発表した。同委員会は、内部資料を掲載して販売することは著作権の侵害にあたるとし、掲載誌回収やオンライン記事の全面削除、資料破棄などを求めている。

『週刊文春』で報じられたのは、開閉会式制作チームのメンバーだった振付師のMIKIKO氏のチームがIOCにプレゼンした280ページに及ぶ内部資料(昨年4月6日付)。記事内では演出内容についての言及や、資料の一部画像が掲載されている。

MIKIKO氏は当時、五輪開閉会式の演出担当の責任者を務めていた。同誌の報道によると、昨年4月にはIOCに開会式案のプレゼンも行っており、その企画は高い評価を得ていたという。しかし昨年5月、急遽責任者が佐々木宏氏(66)に変更となる。その後佐々木氏は、それまでのMIKIKO氏の企画案を無視し、IOCに新たな企画案のプレゼンを重ねた。しかし、それらの案はIOCに認められなかったため、佐々木氏はMIKIKO氏の案を切り貼りして作成した企画を提出していたという。佐々木氏は、女性芸能人の容姿侮蔑を理由に、3月18日に辞任している。

組織委員会の抗議文書には《さらに、制作チームの当時のクリエイティブディレクターなど、内容を知りうる全ての関係者には、あらためて守秘義務の遵守徹底を求めてまいります》とMIKIKO氏を示唆するような表現も。MIKIKO氏は、文春の直撃を受けても「守秘義務からお答えできない」と報じられていた――。

再び巻き込まれる形となったMIKIKO氏には、同情の声がSNS上で多く寄せられている。

《MIKIKOさん、はた迷惑だろうな》
《今回の暴露で、mikiko氏が傷ついてしまうことが一番心配》
《何の罪もないMIKIKO先生の負担があるんじゃないかと心配になります…》

さらに、今回の抗議声明をうけて五輪組織委員会への批判も高まるいっぽうだ。

《おそらくは元々の案をそのままではないにせよ、切り貼りしたような案で進めているのでは》
《ボツにしたんでしょ? なら公開してもいいじゃないのよ? 》
《え?クビにした人のプランですよね》

身から出た錆、と組織委員会に対する世間の視線は冷ややかだ。

「不採用になった案を“勝手に公開していい”という機密保持契約はほとんどないでしょうから、情報の漏洩がに批判が集まるのは仕方ないでしょう。しかし、これだけの報道があった後『MIKIKOさんの企画案を一度ボツにしたにもかかわらず、やっぱりその案を切り貼りして開会式を行おうとしていたんだ』と、組織委員会の自分勝手な行動が推測されてしまった。火に油を注ぐ形になってしまいましたね」(社会部記者)

この状況下、はたしてどのような開会式が開催されるのだろうか――。

関連記事(外部サイト)

×