「返してもらうつもりなかった」小室圭さんが公開した“無実”の決定的証拠

「返してもらうつもりなかった」小室圭さんが公開した“無実”の決定的証拠

「返してもらうつもりなかった」小室圭さんが公開した“無実”の決定的証拠の画像

秋篠宮家の長女・眞子さまとの婚約が内定している小室圭さんが4月8日、いわゆる「金銭トラブル」について説明する文書を公表した。

小室さんの母・佳代さんは、元婚約者男性から約400万円の金銭的援助を受けていたことがあり、元婚約者男性がその返金を求めていたことで、トラブルになっていた。文書内では小室さんは、佳代さんの潔白を証明する“決定的証拠”についても言及している。

約400万円の金銭について、元婚約者男性は貸したものであると主張。一方、小室さん側は’19年1月に発表した文書で、婚約解消の話し合いの席によるやり取りを以下のように説明していた。

《母が婚約期間中に受けた支援については清算させていただきたいとお伝えしたところ、元婚約者の方から「返してもらうつもりはなかった」という明確なご説明がありました。支援や慰謝料の点を含めて金銭的な問題はすべて解決済みであることを二人は確認したのです》

つまり小室さんは、佳代さんが金銭的援助を受けたことは事実だが、婚約解消の際に元婚約者から返済を求める意志がないことを告げられたので、借金ではないとの認識をもっていたと主張していたのだ。

今回の文書で小室さんは、この元婚約者の「返してもらうつもりはなかった」との言葉について、録音データが存在することを明らかにした。その内容は、以下のようなものだったという。

元婚約者「返してもらうつもりはなかったんだ」
母「そんなのってあるの?」
元婚約者「いやあ、あるんですかねって、だって、その時はだって…」
母「だってあるんですかねってそんなの私不思議。そういう方と出会った
ことがないから。そう。」
元婚約者「うん。返してもらうつもりは全くなく…お金出してましたよ」

小室さんによれば、この録音は《母が支援を清算させていただきたいと言い始め、それに対して元婚約者の方が、差し上げたものだ、当初より返済を求めるつもりはありませんでしたという趣旨のことをおっしゃった時点で、私が録音をしておいた方がよいのではと考え咄嗟に録音したもの》だという。

小室さんの代理人は、元婚約者男性やその代理人の記者と話し合いを続けてきたが、十分な回答は得られなかったといい、《元婚約者の「返してもらうつもりはなかった」等の言葉について元婚約者の方がどのようなご認識を持っていらっしゃるのかいまだにわからないままである》という。

小室さんは文書の「おわりに」にて《この文書を読んでくださった方は、様々な印象や感想をお持ちになると思います》と記したうえで、以下のようなメッセージを綴っている。

《平成31年(2019年)の文書を公表するまでの経緯として書いている内容は、録音をはじめとする記録はあるものの、多くは私や母の認識に基づいています。そのため、この文書は私と母の一方的な言い分を記したものだと思われる方もいらっしゃるかもしれません。それでも、色々な事情があったのだということを理解してくださる方が1人でもいらっしゃいましたら幸いです》

秋篠宮さまは昨年11月の時点で「あくまで私の主観になりますけれども、感じとしては決して多くの人が納得し喜んでくれている状況ではないというふうに思っています」と述べられていた。

この文書発表により、眞子さまと小室さんの結婚問題への風向きは変わるのか――。

関連記事(外部サイト)