議員辞職の菅原一秀氏にボーナス300万…「税金泥棒」と批判殺到

菅原一秀前経産相が衆議院に議員辞職願提出 ボーナス300万に「税金泥棒」と批判も

記事まとめ

  • 菅原一秀前経済産業相が1日、衆議院に議員辞職願を提出し、自民党へも離党届を提出
  • 『スポニチアネックス』によると3日に辞職すると期末手当は満額の314万円が支給される
  • 2月に有罪確定し、議員辞職をした河井案里元議員にも約5000万円の歳費が支払われた

議員辞職の菅原一秀氏にボーナス300万…「税金泥棒」と批判殺到

議員辞職の菅原一秀氏にボーナス300万…「税金泥棒」と批判殺到

議員辞職の菅原一秀氏にボーナス300万…「税金泥棒」と批判殺到の画像

6月1日、衆議院に議員辞職願を提出した菅原一秀前経済産業相(59)。同日に自民党へも離党届を提出しており、3日の衆院本会議で辞職が承認されるとのこと。

そんな菅原氏は「忸怩たる思いでいっぱい」や「不徳の致すところで慚愧に堪えない」など、党幹部に反省の思いを伝えたとも報じられている。

だがそのいっぽうで「ボーナスは満額支給される」といい、波紋が広がっているのだ。

『スポニチアネックス』によると3日に辞職した場合、6月分の歳費は日割りで10万3,520円。日割り規定のない文書通信交通滞在費は100万円。夏季ボーナスに当たる期末手当は基準日となる6月1日時点で在職しているため、満額の314万2,802円が支給されるという。つまり合計で、424万6,322円が菅原氏に支給されることになるのだ。

「19年10月の大臣辞任以降、菅原氏は1カ月以上も国会を欠席しましたがその時も、323万円強ものボーナスが満額で支払われていました」(全国紙記者)

19年9月に『週刊文春』で、有権者に香典や現金を配った疑いがあると報じられた菅原氏。昨年6月に不起訴処分とされたが、検察審査会が「起訴相当」と議決したため再捜査となった。

各紙によると菅原氏は18年以降に、選挙区内の行事で現金計数十万円を配ったとし、本人も認めているとのこと。東京地検特捜部は近々、菅原氏を公職選挙法違反(寄付の禁止)で略式起訴する見通しだという。

菅原氏へのボーナス支給には野党からも批判の声が。『朝日新聞デジタル』によると立憲民主党の安住淳国対委員長(59)は2日、自民党の森山裕国対委員長(76)と会談。菅原氏について、「6月に入ってからの辞任ならボーナスを満額受けられる。ボーナスを受け取って辞めようという魂胆があったのでは」と疑問視。菅原氏が辞職する前に、衆院政治倫理審査会で説明するよう求めたという。

■「税金泥棒」「アホくさ」

今年2月に公職選挙法違反(買収)で有罪確定し、議員辞職をした河井案里元参議院議員(47)にも約5,000万円の歳費が支払われたことも記憶に新しい。

「河井氏も昨年6月に逮捕されて以来、一度も国会に出席しませんでした。それでも、歳費は支払われたのです。ですが国が歳費などの返納を求めたり、勾留中の歳費を凍結したりできる規定はありません。そんななか河井氏の地元・広島では、『不当利得』だとして住民らが国に返納させるよう提訴。また有志を募った弁護士も、会計検査院に審査要求を出したばかりです」(前出・全国紙記者)

相次ぐ理不尽な歳費受給に、ネットでは批判の声が殺到している。

《菅原元経産相に支給されるボーナス314万円は全て国民が必死に働いて納めた税金なのだから、まさに税金泥棒以外の何者でもない》
《きっちりボーナスもらえる6月1日を見越しての辞職。ボーナスは300万。国民の血税やで。マジでアホくさ》
《政治とカネの問題を起こし、説明せずに逃げまくり、任期満了が近くなって議員辞職するけどボーナスはぎりぎりのタイミングでもらう。法的に問題ないとはいえゲスですね》

関連記事(外部サイト)