雅子さま伝統行事のご養蚕に緊張の面持ちで

雅子さま伝統行事のご養蚕に緊張の面持ちで

雅子さま伝統行事のご養蚕に緊張の面持ちでの画像

5月25日、皇居の紅葉山御養蚕所で蚕に餌を与えるご給桑を行われた雅子さま。ご養蚕は今年で2年目。

この日、皇居に向かわれるときの雅子さまは、半蔵門にいた人々の歓声に応え晴れやかな笑顔をされていた。

しかし、ご給桑の作業中には幾分緊張されたご様子と感じられた。やはり、明治時代から歴代の皇后が担われてきた行事なだけに、お気遣いもあったのだろう。

「桑の葉を全部食べちゃうんですか?」と、5〜6センチに育った蚕に枝つきの桑の葉をお与えになる雅子さま。

例年なら4種類の蚕をお育てになるが、コロナ禍ということもあり、昨年に続き、今年も日本古来種の小石丸1種類のみを飼育し、規模を縮小して行っている。

関連記事(外部サイト)