「京都の紅茶王」遺産争いの知られざる結末 婚外子の壮絶人生

「京都の紅茶王」株式会社フクナガ・福永兵蔵氏の遺産争いの結末 婚外子「経費倒れ」

記事まとめ

  • 2015年「京都の紅茶王」福永兵蔵氏の遺産争いが報じられたが結末は報じられないままだ
  • 兵蔵氏は前妻と後妻の間に5人の子供がおり、婚外子の城生真里さんを認知している
  • 真里さんは守秘義務があり相続額を話すことはできないが、結論は”経費倒れ”だという

「京都の紅茶王」遺産争いの知られざる結末 婚外子の壮絶人生

「京都の紅茶王」遺産争いの知られざる結末 婚外子の壮絶人生

「京都の紅茶王」遺産争いの知られざる結末 婚外子の壮絶人生の画像

2015年、「京都の紅茶王」と呼ばれた実業家・福永兵蔵氏(2005年死去、享年101)の遺産をめぐる壮絶なバトルがワイドショーを賑わせたのを覚えているだろうか。

故・兵蔵氏は1930年に京都にイギリスの紅茶ブランド「リプトン」のティーショップを開き、日本に紅茶文化を広めた。67年には社名を「株式会社リプトン」から現在も続く「株式会社フクナガ」に変更し、とんかつチェーンなど飲食店事業を全国展開。株式会社フクナガは年商54億6,000万円(2019年実績)という規模になっている。

兵蔵氏は前妻と後妻の間に5人の子供がおり、さらに婚姻関係になかった女性との間に娘の城生真里さんをもうけ認知している。しかし、兵蔵氏の死後、兵蔵氏の後継者となった後妻の長男から真里さんのもとに一通の内容証明が届いたことを発端に泥沼の相続バトルが始まった。

届いたのは、真里さんの遺産相続分は「7万8,002円」であるという内容の文書だった。また、それ以外の権利が何もないことを認めないと裁判を起こすという債務不存在確認の文書も同封されていた。相続分があまりにも少ないため、真里さんはそれに応じず、前出・長男から2007年に債務不存在確認訴訟を起こされる。

一方で真里さんも、09年に長男らを相手取って遺産請求訴訟を起こす。翌年には京都地裁から3,000万円の和解案が出されたが不調に終わり、13年に約589万円の判決が出た際も真里さんはこれを不服として控訴。15年には大阪高裁で6,500万円の和解案が提示されたが、これも不調に終わり、係争は続いたという。

ここまでが一連の騒動としてニュースで大きく取り上げられたが、なぜかその後の結末がこれまで報じられないまま現在に至る。そこで真里さんに、事の顛末と騒動からの6年間に何があったかを振り返ってもらった。

「これまで結末が報じられていない一番の理由は、守秘義務があるからです。裁判は15年に終わりましたが、大阪高裁の裁判長から『外部に漏らさないように』と言われました。なので、最終的にいくら相続したかをお話しすることはできないのですが、結論から申し上げますと”経費倒れ”です」

■弁護士は「2億円はもらえる」と……

「8年間の争いでしたが、経費と弁護士費用で赤字になる程度の遺産しか受け取ることができませんでした。遺産は総額で26億から30億円あると私たちは見ていましたし、法律が変わって婚外子でも同等の遺産がもらえるようになったので(※13年の法改正までは非嫡出子の相続分は嫡出子の2分の1と定められていた)、本来だったら2億円はもらえると弁護士の先生にも言われていました。しかし、実際はもっとはるかに少なく、手元には何も残りませんでした」

長期に渡る裁判には莫大な資金が必要だったという。

「(遺産の価値を確認するための)不動産、株式の算定でかなり手こずりました。膨大な事実確認にかかる費用だけでも2,000万円。弁護士も7名変えましたし、東京の弁護士にお願いしたので交通費や宿泊費、付け届けなど、とにかくいろんなものにお金がかかるので経費はトータルで5,000万円はかかりました。経費が出せなくなったらそこで負け。母が借金までして用立てました」

そうまでして裁判を続けた背景には真里さんの母の“女の意地”もあったという。

「父が亡くなった直後は、母は『あんたは認知されているのだから、向こうさんが(遺産のことを)言ってたときに判子を押しなさい』と言っていました。普通に弁護士を通じて遺産が分配されるものだと思っていたわけですから。ところが送られてきたのは7万8,002円の内容証明です。

私は小さいときから母に『リプトンの名前は出さないように。お父さんはいないと言いなさい』と言われて育ちました。(内容証明を受けて)母は『骨が折れるほど働き続けて、女手一つで養育費一つ請求せずにきた。家の一軒でももらったならわかる。ただ、金銭的には何一つ迷惑をかけず、誰にもわからないようにやってきたのに、あまりにもひどい』と。女性として、母の悲しみと恨みといろんな思いがあったのでしょう。母はかなり苦しんだと思います。

そして、裁判が終わった後に母は突然倒れました。その日から今年で丸4年。今は要介護4になりまして、去年から施設に入所させていただいています。

一連の騒動でメディアに出た後は、家の門灯を壊されたり、自宅の敷地にタバコの吸い殻を投げ入れられたりなど、嫌がらせも受けました。田舎なのでやっぱりヒソヒソと噂話をされます。母からは『必ず東京に出るように。頑張って生きていってくれ。あんたには辛い思いばかりさせた。迷惑をかけてすまなかった』と言われました」

■婚約者の母親からの「お金を返せ」

遺産相続の騒動による不幸は金銭面だけではなかったという。

「まだ裁判が続いているころ、私には婚約者がいました。1つ年下の男性で、ラブレターを何十通も貰ったり、向こうからの猛烈なアプローチの末、交際を始めました。彼のお母様からも『この子は真里ちゃんが大好きだから結婚してやってくれ』と言われました。

でも結納の日の夜に、彼から耳を疑うことを言われたんです。『これから人生色々あると思うけど、幸せになれるといいね。真里の遺産によるね』と。『遺産による』って何? 普通そんな言葉出ます? 私の遺産を待っていたんです。お酒でヘベレケのときの発言ならまだ受け止められたかもしれませんが、結納の夜にそんなことを言われて、女性としてどうしても受け入れられませんでした。だから婚約は破棄しました」

しかも、婚約者を失っただけでは終わらない。

「彼の母親から訴えられたんです。今まで貢いだお金を返せって。でも、一緒に住む家のための家電なんかは買ってもらったりはしましたが、金銭やアクセサリーなんかを貰ったことはありません。結局、弁護士を挟んで解決しました。元婚約者とは友人の期間も入れれば7年間見てきた人だったので、相当なショックでした。人間不信になります」

真里さんは、その出自によって翻弄され続けてきたという。

「父は母のことが『青春のすべてだ』と言っていたそうです。金銭も絡まず、本当の恋愛だったのでしょうね。2人はそれでいいですよ。でも、私は一時期、母を恨んだんです。私は、どんなに貧乏でもいいから、お父さん、お母さんがいる普通の家庭に生まれたかったんです。

だから、あまりに辛いとき『私はお母さんに産んでくれなんて言ってない。生まれる子供がかわいそうとお母さん思わなかったの?』って言ってはいけないことを言ってしまったんです。そしたら母は、『すまない、真里よ。私は、本当に愛して、愛した人の子供を授かったから産みたかっただけだ。許しておくれ』って。私がしたことじゃないのに、全てを被るのは私なんです」

ただ、父との温かい思い出もあるという。

「鮮明に覚えているのが、赤い雛菊の花がいっぱいに咲いていて、強烈な夕日が差していて、まるであの世のような風景の中、着物をきた父と母と3人で椎の実を一生懸命拾った情景です。他にも、これは後から知ったことですが、父が友人を介して『ばれないように真里のを買ってくれ』ってランドセルやひな壇を買ってくれていたそうです。父の友人によると、父は赤ん坊の私を右に揺すったり左に揺すったり、誰よりも喜んでいたそうです」

今後は心機一転、東京に活動拠点を移す予定だという。

「これまでは、母が私を育てるために26歳で自力で買った京都のマンションの経営を大学卒業後から一緒にやってきたのですが、それも母が任意売却しました。母の遺言で、東京に出てマンション経営をする約束をしたので、自宅を売ってその売却資金を頭金にして、今後は東京でマンション経営をするつもりです。それを基盤にした上で、あとは、自分の夢なんですけど、美容関連が好きなので、将来的にはホワイトニング、美白歯科の経営をしたいと思ってます」

壮絶な人生とは裏腹に、真里さんの表情は明るい。

「長い裁判と、母が倒れたことによって、10年は寿命が縮んだように感じます。でも、終わったことは忘れるようにしています。母の言葉で『苦労も肥やしに。笑っても1日、泣いても1日。人は過去を見ない。だから今日という日を大切に生きなさい』って。明けない夜はないですからね」

波乱の人生の第二幕が始まろうとしている。

関連記事(外部サイト)