「天皇陛下が五輪に懸念」…異例の長官「拝察」発言に賛同相次ぐ

「天皇陛下は五輪が感染拡大につながらないかご懸念」と長官が言及 拝察発言に称賛も

記事まとめ

  • 「天皇陛下は現下の感染状況を、大変ご心配されておられます」と宮内庁長官が言及した
  • 長官は「直接そういうお言葉を聞いたことはない」としつつも「肌感覚として」と語った
  • 「拝察」という表現で陛下のご懸念を伝えた西村長官に批判がある一方で、称賛の声も

「天皇陛下が五輪に懸念」…異例の長官「拝察」発言に賛同相次ぐ

「天皇陛下が五輪に懸念」…異例の長官「拝察」発言に賛同相次ぐ

「天皇陛下が五輪に懸念」…異例の長官「拝察」発言に賛同相次ぐの画像

「国民の間で不安の声があるなかで、ご自身が名誉総裁をおつとめになるオリンピック・パラリンピックの開催が感染拡大につながらないかご懸念されている、ご心配であると拝察をいたします」

6月24日、宮内庁の西村泰彦長官は定例記者会見でこう述べた。五輪に関する質疑の中で「天皇陛下は現下の新型コロナウイルス感染症の感染状況を、大変ご心配されておられます」と言及。そして冒頭のように、陛下の五輪開催の受け止めについて、長官は見解を示したのだ。

異例とも言える発言だが、西村長官は「陛下の懸念」について「直接そういうお言葉を聞いたことはない」としつつも、「日々陛下とお接しする中で、私が肌感覚として受け止めている」と語った。そして「感染が拡大するような事態にならないよう、組織委員会をはじめ関係機関が連携して感染防止に万全を期していただきたい」と強い懸念を示したのだ。

陛下はオリンピック・パラリンピック両大会の名誉総裁に就任している。そのため、開会式のご臨席、そして陛下による開会宣言も検討されている。

一方で、開幕まで残すところ1カ月となった現在も、国内の新型コロナウイルスの感染状況は深刻な状態が続いている。

’13年に東京五輪の開催が決まって以来、陛下は誕生日会見で毎年のように東京五輪について言及されてきた。しかし今年2月の誕生日会見では、陛下がその話題にふれることはなかった。代わりに何度も言及されたのは、コロナ禍に苦しむ国民への心配だった。

今月21日に皇后雅子さまと出席された日本学士院賞の授賞式でも、陛下は次のようにコロナ禍に言及されている。

「現在、我が国を含め世界各国は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大という大変に厳しい試練に直面しています。この試練を乗り越えるためには、国内外を問わず、私たちが、なお一層心を一つにして協力していくことが大切です」

国民の生命と生活を心配され続けてきた陛下。西村長官が伝えた「陛下の懸念」に、Twitter上では賛同を示す声が相次いでいる。

《これが国民の心に寄り添うということだろう》
《政府よりも国民のことを真剣に考えてくれてるよね、天皇陛下》

天皇陛下は、象徴天皇として政治的な発言をすることはできない。そんな中、「拝察」という微妙な表現で陛下のご懸念を伝えた西村長官には《長官の感想ですよね?》《陛下の政治利用》との批判がある一方で、称賛の声も上がっている。

《宮内庁長官は、とても慎重に言葉を選んで発言されている》
《政府は、これを発信した意味を、重く受け止めて判断して頂きたいですね》

関連記事(外部サイト)