東京五輪はいざ始まっても盛り上がらない?50%超は否定的

東京五輪はいざ始まっても盛り上がらない?50%超は否定的

東京五輪はいざ始まっても盛り上がらない?50%超は否定的の画像

開幕まで1カ月を切った東京五輪。まだまだコロナ禍が終息したとは言えない中、いよいよ開催に向けて急ピッチに動き出した感があります。そこで、女性自身では読者の皆さんに東京五輪に関するアンケートを実施しました(6月23日〜25日)。30代〜50代を中心に幅広い年代の100名超の方たちにご回答いただきました。

まずは、東京五輪を“楽しみ”と感じているかどうか。今なお開催自体に反対意見も多い状況ですが、「いざ始まれば盛り上がるのでは?」といった声もしばしば耳にします。

【東京五輪は楽しみですか?】

楽しみ:16.3%
今は楽しみではないが、始まれば楽しめると思う:30.8%
最後まで楽しめないと思う:29.8%
興味がない:23.1%

アンケートの結果、「今は楽しみではないが、始まれば楽しめると思う」人と「最後まで楽しめないと思う」人の数が拮抗。最後まで楽しめない人と「興味がない」人を合わせると半数以上になり、「楽しみ」と答えた方は16.3%にとどまりました。

アンケートの結果からも、開催直前に迫った今なお盛り上がらない印象の東京五輪。次にテレビ等での視聴に関して聞いた結果、57%の人が「見る」と回答しました。ライフスタイルが多様な現代でも、これだけ多くの人が目にするコンテンツという意味では五輪パワーも感じられます。一方で、4割以上の方はそもそもスポーツ等に関心のない層なのかもしれません。

【東京オリンピックをテレビやネット等で見ますか?】

見る:58.7%
見ない:41.3%

東京五輪は招致決定以来、あまりにも多くのスキャンダルやトラブルに見舞われてきたことは周知のとおりです。準備期間が最終局面を迎えた今、いったい誰の責任が大きいのかを、旗振り役である政治家を中心に尋ねました。

【盛り上がっていないのは誰の責任が大きい?】

菅義偉:54.8%
トーマス・バッハ:30.8%
森喜朗:23.1%
安倍晋三:22.1%
小池百合子:21.2%
丸川珠代:16.3%
橋本聖子:13.5%
山下泰裕:8.7%

結果は菅義偉首相が断トツとなりました。そしてトーマス・バッハIOC会長が第2位に。知名度の高い日本人政治家たちを抑えて数多くの得票となったのは意外でした。強大な権限が明らかとなってきたIOCへの不信感の大きさが分かります。

これから一か月、残りの出場選手の確定、海外選手の来日が相次ぎ、テレビ等での報道や特番企画など五輪ムードは高まっていくと予想されますが、コロナの感染拡大防止や、国民の不信感払拭には険しい道のりが予想されます。

「終わってみれば盛り上がった」そんな東京五輪はやってくるのでしょうか。

関連記事(外部サイト)