安倍前首相の再々登板説が永田町で拡散 自宅は今も総理並み警備

安倍晋三前首相の“再々登板説”がいまだに拡散 菅義偉首相が安倍氏を警戒とも

記事まとめ

  • 安倍晋三前首相が辞任してから約9カ月、いまだに“安倍再々登板説”が流れているよう
  • 菅義偉首相は、講演や会合にも積極的に出るようになった安倍氏を警戒しているよう
  • 安倍氏は“ポスト菅”に茂木敏充氏、加藤勝信氏、下村博文氏、岸田文雄氏を挙げている

安倍前首相の再々登板説が永田町で拡散 自宅は今も総理並み警備

安倍前首相の再々登板説が永田町で拡散 自宅は今も総理並み警備

安倍前首相の再々登板説が永田町で拡散 自宅は今も総理並み警備の画像

安倍晋三前首相(66)が辞任してから約9カ月。6月22日に、財務省の公文書改ざん問題の経緯を記録した”赤木ファイル”が、自殺した赤木俊夫さんの妻・雅子さんに開示された。

首相の職も離れてもなお、森友学園問題や桜を見る会問題などで、いまだに疑惑を指摘され続ける安倍氏。だが、あるベテラン政治部記者によれば、「永田町には、いまだに“安倍再々登板説”が流れています」と話し、こう続ける。

「自民党内の当選3回以下の議員、いわゆる“安倍チルドレン”たちなどが、再び首相に担ごうと、安倍氏に働きかけているんです。

強硬な保守派や自民党が優勢な地方を中心に、安倍氏や妻・昭恵さんの人気は、現在でも根強いものがあります。

昭恵さんにも、『ご主人に再々登板をぜひすすめてください』というメッセージが届いているそうなんです」

そうした“安倍チルドレン”たちの動きを知ってか知らずか、安倍夫妻への警護は、菅義偉首相(72)と同じレベルの体制が続いている。

6月24日、東京・渋谷区にある安倍夫妻の自宅マンション周辺は、首相だったころと同じ物々しい警備がいまだに敷かれていた。

大通りには機動隊車両が待機し、自宅に続く道路はバリケードで封鎖され、数メートルおきに警官が立っている。政治評論家の有馬晴海氏は、こう解説する。

■「俺ならもっと厳しめにやるのにな」

「安倍氏は、菅政権の“生みの親”と言っていいほど、現政権への影響力が強い。警護レベルの高さは、警視庁が重要人物と判断しているということにほかなりません。永田町に“安倍再々登板説”が流れている以上、警視庁も配慮しているのでしょう」

持病の潰瘍性大腸炎が悪化して辞任した安倍氏だが、「新薬の免疫抑制剤が効き、かなり回復したそうです」(政治部記者)という。

再び、政治家としての血が騒ぎはじめているのか――。

「ゴルフに出かけられるほど体調を戻し、講演や会合にも積極的に出るようになった安倍さんを、菅総理も警戒しています。5月に緊急事態宣言が延長されることが決まったとき、安倍さんは、『俺ならもっと厳しめにやるのにな』と漏らしていました」(自民党幹部)

安倍首相は、『月刊Hanada』7月号のインタビューで、“ポスト菅”に言及したことも波紋を呼んでいる。

インタビューでは、《自民党は人材の宝庫ですから》と、茂木敏充外相(65)、加藤勝信官房長官(65)、下村博文政調会長(67)、岸田文雄元外相(63)の名前を挙げていたが、「安倍さんの底意地の悪さを感じます」と、前出・自民党幹部は苦笑する。

「メディア各社の世論調査で、“次の総理”の1位に挙がる河野太郎行革担当相(58)の名前を挙げなかったんです。安倍氏が挙げた4人は、どの社の調査でも河野氏と順位に開きがある。永田町には、『安倍さんはまだやる気だ』と皮肉る人もいますよ」

総選挙がある今年。永田町では“在職歴代最長首相”の存在感が再び増している――。

関連記事(外部サイト)