麻生太郎氏 死者数1.5万人超えも“先進国で最もうまくいってる”発言に呆れ声

麻生太郎氏 死者数1.5万人超えも“先進国で最もうまくいってる”発言に呆れ声

麻生太郎氏 死者数1.5万人超えも“先進国で最もうまくいってる”発言に呆れ声の画像

新型コロナウイルスの話題をめぐって、過去にも「マスクいつまでやるの?」など数々の“失言”で批判を浴びた麻生太郎財務相(80)。そんな麻生氏の発言がまたもや物議を醸している。

「コロナで全員、死に絶えるような煽った新聞記事も拝見するが、日本の場合10万人当たり12、13人亡くなっている。人口比では、先進国の中で最もうまくいっている」

各メディアによると、麻生氏は7月5日に開かれた自民党衆院議員の政治資金パーティーでの講演でこう述べたという。”先進国の中で最もうまくいっている”と日本の感染症対策を高く評価したが、果たしてその通りなのだろうか。

米国ジョンズ・ホプキンス大学が発表したデータ(7月6日時点)によると、先進国ではアメリカの累計死者数が605,567人、フランスは110,270人を記録。日本の死者数は14,889人で、確かに先進国の中では少ないと言えるだろう。

しかし、アジア地域で比較してみるとどうだろうか。最も多かったのはインド(403,281人)で、次いでインドネシア(61,140人)、フィリピン(25,192人)だった。さらにパキスタン(22,452人)、バングラデシュ(15,229人)と続き、日本は6番目と上位にランクインした結果となった。

いっぽう人口約14億人を抱える中国では4,636人で、台湾は689人と日本を大きく下回っている。さらに、3日に国際貿易開発会議で「開発途上国グループ」から「先進国グループ」に変更されたばかりの韓国も2,032人。

先進国との比較だけで国内の情勢を評価するような麻生氏の発言に、ネット上では呆れるの声が上がっている。

《医療崩壊を起こして死者が15,000人に迫っているんだけど。入院出来ずに死んでる人も大勢いるし、アジアでは最悪なんですけど》
《先進国ねぇ。少なくとも同じ東アジアの台湾、韓国と比較して人的、経済的被害は格段に大きいのですが……》
《14,800人の感染死者とその家族を踏みにじる発言。この害悪垂れ流しの政治家に退場いただくべき時期はとっくに過ぎている》

今年4月に「秋までに衆院は解散になる。日本が進むべき道を堂々と訴え、戦っていかねばならない」と述べ、党内7派閥の先陣を切って政治資金パーティーを開いた麻生派。日本を牽引しようと勇み立っているが、国民に寄り添う姿勢が欠けてはいないだろうか。

関連記事(外部サイト)