“SDGs東京”立ち上げの木下都議に「持続可能な議員生活」と揶揄

無免許運転で事故起こし、都民ファ除名の木下富美子都議、「SDGs東京」立ち上げ物議

記事まとめ

  • 無免許運転で事故を起こし、都民ファーストの会から除名された木下富美子都議
  • 『SDGs東京』なる新会派を立ち上げていたと判明し、波紋を呼んでいる
  • ネット上ではSDGsへの風評被害を懸念する声や「持続可能な議員生活」と揶揄する声も

“SDGs東京”立ち上げの木下都議に「持続可能な議員生活」と揶揄

“SDGs東京”立ち上げの木下都議に「持続可能な議員生活」と揶揄

“SDGs東京”立ち上げの木下都議に「持続可能な議員生活」と揶揄の画像

東京都議選で当選した翌日に無免許運転で事故を起こしていたことが報じられた木下富美子都議(54)。都民ファーストの会から除名された彼女だが、7月7日までに『SDGs東京』なる新会派を立ち上げていたと判明。さらなる波紋を呼んでいる。

「仕事をしていくことで期待に応えたい」とし、議員辞職はしないと明かしていた木下都議。東京都議会の公式サイトを見ると、現在、彼女のページには「無所属(SDGs 東京)」との文言が。『時事通信社』によると、SDGs 東京は木下氏のみの1人会派だという。

SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称で、国連加盟193か国が16年から30年の15年間で達成するために掲げた17の目標だ。具体的には貧困をなくすことや、ジェンダーの平等を実現すること、気候変動に具体的な対策をとること、平和と公正をすべての人に提供することといったもので、ここ数年、日本でも関心が高まっている。

木下都議の公式サイトには「政治への想い」というコーナーがある。そこを見ると彼女が政治の分野で女性の参画が少ないこと、そして貧困問題に注視しているとわかる。

またTwitterでも4月23日、小池百合子都知事(68)の会見を引用し《2030年、都内新車におけるガソリン車ゼロ。達成の為の具体的な取組が始まっています》と環境問題について投稿。6月2日には同性パートナーシップ制度に関するツイートもしている。

確かに木下都議はSDGsに取り組もうという気持ちが強い様子だ。しかし選挙期間中に無免許運転を行い、さらに事故も起こしていた彼女がその直後にSDGsを掲げることに違和感を覚えているひとたちも。ネットでは、SDGsへの風評被害を懸念する声がこう上がっている。

《SDGsに対する超弩級の旬な風評被害でわろた》
《SDGsに対する灼熱の風評被害》
《SDGsという言葉に対してめっちゃ風評被害与えそう》
《SDGsやってる人に多大な迷惑と風評被害与える》

さらに《議員活動を「持続可能」にしたいんですね》《持続可能な議員生活》《免許がなくても運転持続可能な社会へ》《議員の身分の持続可能性の追求》と揶揄する声も。批判ばかり目立つが、木下都議はどこまで信念を“持続”できるだろうか?

関連記事(外部サイト)