1600円ハンバーガーに相次ぐ失笑…海外記者もあ然の“おもてなし崩壊”

「ゴムのような肉、冷たいパン、全部で1,600円」東京五輪海外記者がツイッターで酷評

記事まとめ

  • 東京五輪・パラリンピック取材の記者が「新たなオリンピックのスキャンダル」と投稿
  • 「ゴムのような肉、冷たいパン、汚らしいプレゼンテーション。全部で1,600円」と酷評
  • 新型コロナの感染防止策で、海外メディアは、飲食場所が大会会場内と宿泊施設に限定

1600円ハンバーガーに相次ぐ失笑…海外記者もあ然の“おもてなし崩壊”

1600円ハンバーガーに相次ぐ失笑…海外記者もあ然の“おもてなし崩壊”

1600円ハンバーガーに相次ぐ失笑…海外記者もあ然の“おもてなし崩壊”の画像

《MPC(メディア・プレス・センター)ハンバーガー。ゴムのような肉、冷たいパン、汚らしいプレゼンテーション。全部で1,600円。ジャーナリストの仲間たちよ、最初に食べよう》

7月20日、Twitterに《新たなオリンピックのスキャンダル》と題し、フランス語でこう投稿したのは、東京五輪パラリンピックの取材に参加していると見られる海外記者。投稿には写真も添えられており、そこに写っているのはテイクアウト容器の半分を埋めるポテトと、具とバンズがバラバラになったハンバーガー。なんと、この内容で1,600円だという。

いよいよ23日に開幕を控えた東京オリンピック・パラリンピック。東京都・江東区にある「東京ビッグサイト」には報道拠点として、IBC(国際放送センター)とMPC(メインプレスセンター)を設置。各メディアによると隔離期間を終えた海外メディアも会場に集い、着々と準備を進めているという。

いっぽう本大会では新型コロナの感染防止策として、五輪関係者が一般市民との接触を避ける「バブル方式」が導入されている。そのため食事についても、厳しい制限が設けられているのだ。

「来日した海外メディアは、飲食場所を大会会場内と宿泊施設に限定されています。もし宿泊施設で食事ができない場合は、コンビニで食料を購入することも例外として認められています。ただし15分以内に戻ってこなければ、取材カード(記者証)が没収されてしまう可能性も。現在、海外メディアからは“15分ルール”の撤回を求める声があがっています」(スポーツ紙記者)

7月19日配信の東京新聞によると、MPCにある食堂の食事メニューは現在6種類。最も安い食事は1,000円のビーフカレーで、自販機のお茶がペットボトル1本(500ml)で280円と一般的なスーパーやコンビニよりも高額であることを報じている。

‘13年9月、五輪招致プレゼンテーションで滝川クリステル(43)が世界中に「おもてなし」を宣言してから約8年。東京五輪を象徴するフレーズとしてユーキャン新語・流行語大賞にも選出された言葉だが、開幕前にゲストからクレームが飛び出すといった“おもてなし”は崩壊状態。このありさまに、ネット上では五輪会場の運営に批判の声が広がっている。

《おもてなし、何処に消え失せた》
《「お・も・て・な・し」とはなんだったのか。逆にどこに行けば食えるんだよってレベルのまずそうなメシだわ。祭の屋台でもここまでひどいモノはない》
《想像以上に酷い飯だな 潤沢な予算は何処いったんだろうか》

関連記事(外部サイト)