「陽性から1週間後に食料品が…」都内の自宅療養者語る地獄の日々

東京都の自宅療養者が地獄の日々を語る 食料品が届いたのは陽性から1週間後の人も

記事まとめ

  • 東京都の自宅療養者は2万人以上で、保健所は“崩壊目前”のようだと報じられている
  • 都内の飲食店に勤務する25歳の女性は陽性が判明し、自宅療養することになった
  • 保健所から食料品が自宅に届いたのは陽性判明から1週間後で、感染した妹には届かず

「陽性から1週間後に食料品が…」都内の自宅療養者語る地獄の日々

「陽性から1週間後に食料品が…」都内の自宅療養者語る地獄の日々

「陽性から1週間後に食料品が…」都内の自宅療養者語る地獄の日々の画像

「病院の検査で陽性が判明し、保健所からの電話を待っていたのですが、いつまでも連絡が来ない。こちらから100回ほど電話しても全くつながらず、不安な時間を過ごすしかありませんでした」

こう語るのは、東京在住のエンジニアの男性・Aさん(35)。Aさんは7月下旬に感染し、熱は下がったものの体調が回復せずいまも自宅から出られないという。

2万人以上の自宅療養者を抱える東京都。最前線で自宅療養者のケアにあたる保健所は“崩壊目前”のようだ。

「自宅療養者の健康観察などは都内の保健所が主に行ってきましたが、感染者の急増でパンク状態に。自宅療養者に提供する食料品も手配が滞っている状態だといいます」(医療ジャーナリスト)

Aさんをはじめ、本誌にも都内で自宅療養を経験した人たちから数多くの“悲鳴”が届いている。

都内の飲食店に勤務する女性・Bさん(25)は7月23日に発熱し、2日後に陽性が判明。一人暮らしのBさんにとって、地獄の日々が始まる。

「熱と倦怠感がひどく、買い物も当然できないので、保健所にホテル療養をお願いしました。空きがないので自宅療養にしてくれと言われましたが、一人暮らしで不安だったのでホテル療養の空きが出るのを自宅で待つことに。その間、毎日保健所の人から体調確認の電話が来るのですが、最初は朝に来ていたのが日に日に遅くなっていって……。ひどいときは夜9時ごろに連絡が来ることも」

保健所からの“支援物資”についても困惑したという。

■「パルスオキシメーターも届かない…」

「ホテルの空きを待っている間に熱も下がったので自宅療養へ切り替たのですが、保健所から食料品が自宅に届いたのは陽性判明から1週間後。症状の変化を確認するために必要なパルスオキシメーターは届きませんでした。また同じ時期に近所で暮らす妹も感染したのですが、彼女にいたっては食料品すら届きませんでした」(Bさん)

夫が8月上旬に感染した妊婦のCさん(37)は赤ちゃんのことも考えホテルで生活し、夫は自宅で療養することになったが……。

「自宅に保健所から食料品が届きましたが、インスタント麺など作業が必要なものばかりで、主人が支度できるはずもなく。そのことを保健所に伝えると、“玄関に冷凍のお弁当を代わりに置いておく”と返答がありました。

でも主人は玄関に取りにすら行けないので、玄関前には弁当が山積み状態に。近所の人に“コロナ患者がいます”とアピールしているようなものですよね……」

対岸の火事と思いたいところだが、明日はわが身。自宅療養に備えて何をすべきなのか。

訪問看護を行っている、たばこま訪問看護ステーションの中鉢知広所長は「災害時同様に水を購入されておくといいでしょう」と語り、新宿ヒロクリニックの英裕雄院長はこう助言する。

「一人暮らしで買い物もままならない場合は、経口補水液を多めに買っておくこと。また、体温計はもちろん、可能であれば酸素飽和度を測るパルスオキシメーターを用意しておくといいでしょう」

“誰かが助けてくれる”という甘い考えはいまや命取りになるのかもしれない――。

関連記事(外部サイト)