バッハ会長 再来日も隔離免除…さらに“国賓扱い”で「忖度まみれ」と批判殺到

【東京パラリンピック】IOCのバッハ会長が再来日 「国賓扱い」に不満の声が噴出

記事まとめ

  • 東京パラリンピック開幕前日にIOCのトーマス・バッハ会長が再来日した
  • 東京五輪では広島訪問や「銀ブラ」をして帰ったことなどで大きく批判を浴びた
  • スポーツ紙記者は「IPCの招待とはいえ、もはや“国賓扱い”でしょう」と述べた

バッハ会長 再来日も隔離免除…さらに“国賓扱い”で「忖度まみれ」と批判殺到

バッハ会長 再来日も隔離免除…さらに“国賓扱い”で「忖度まみれ」と批判殺到

バッハ会長 再来日も隔離免除…さらに“国賓扱い”で「忖度まみれ」と批判殺到の画像

8月24日に開会式を控えた東京パラリンピック大会。しかし新型コロナウイルスに罹患した選手や大会関係者がすでに140人を超えるなど、開幕前から懸念が広がっている。

そんななか23日に、IOCのトーマス・バッハ会長(67)が再び来日したのだ。各メディアによると午前8時前に羽田空港に到着した後、宿泊先の都内ホテルに向かったという。

東京五輪では開会式の約2週間前に来日し、広島を訪問するなど“自由な行動”が物議を醸したバッハ会長。さらに閉会式終了後には帰国前に銀座を散策し、大きく批判を浴びたばかり。

「五輪の来日前には『全ての行動が注意深く見られている』と、観光などを禁じるプレーブックの遵守を参加選手や大会関係者に呼びかけていました。なのにバッハ会長は自らルールを破り、護衛付きのVIP待遇で“銀ブラ”をして帰って行ったのです。このことに丸川珠代五輪相(50)は『不要不急の外出かどうかはご本人が判断すべき』と黙認し、政府も問題視しませんでした」(全国紙記者)

すっかり“お騒がせ者”となってしまったバッハ会長。ネット上では「来る必要ない」と拒否反応を示す声が相次いでいる。

《感染大爆発の日本にわざわざ来日しなくてもリモートで開会式に参加できるのに……》
《来なくていいと言ったやないか! 帰国させろ! 緊急事態宣言中だぞ!》
《隔離期間とか無しに自由に出入りするのか。流石、一般人とは違いますね! 来る必要ないでしょ?》

■バッハ会長の“国賓扱い”に「いい加減にしろ」の声も

組織委員会の武藤敏郎事務総長(78)は22日の会見で、バッハ会長の再来日について「プレーブックに従って行動していただけるだろう」とコメント。しかし緊急事態宣言の対象地域が拡大しているにも関わらず、バッハ会長は来日の段階で 政府から“特別待遇”されているという。

「プレーブックでは選手や大会関係者は、『入国後3日間の自主隔離』が定められています。しかし今回のバッハ会長の来日は、行動範囲を開会式の会場とホテルなどに制限する条件で、政府から自主隔離が免除されているのです。五輪大会ではジル・バイデン米大統領夫人も隔離を求められず、日本に到着した日に菅義偉首相(72)と夕食会を共にしていました。

茂木敏充外相(65)は昨年7月に『通常の水際対策とは別途の枠組みとして検討すべき』として、要人は隔離免除する見解を示していました。バッハ会長のパラリンピック開会式への参加はIPCの招待とはいえ、もはや“国賓扱い”でしょう」(スポーツ紙記者)

国民の批判をよそにバッハ会長を優遇し続ける政府に、不満の声が噴出している。

《なんで止められなかったんだろうな 隔離なしはもう忖度まみれで意味不明です。とことん国民感情を踏みにじりますね》
《どうして、バッハさんは海外から来るのに隔離必要ないのですか? 我々は県境をまたぐ移動さえも自粛中ですが……政治家さんたち、言ってること矛盾してませんか? だから、言うことを聞く人がどんどん減っていくのですよ》
《3日間の隔離期間なし? 日本政府ぶれすぎ! いい加減にしろや!!》

関連記事(外部サイト)