河野大臣 ホワイト化宣言と矛盾の“パワハラ報道”に相次ぐ落胆の声

河野太郎行政改革相のパワハラ疑惑に落胆の声 過去には霞が関ホワイト化に意気込みも

記事まとめ

  • 河野太郎行政改革相の“パワハラ発言”が「文春オンライン」で報じられた
  • 河野大臣は“パワハラ撲滅”の旗振り役で、霞が関のホワイト化にも意気込んでいた
  • ネットでは「自衛隊のパワハラを厳罰化したところなのに…」など落胆の声があがった

河野大臣 ホワイト化宣言と矛盾の“パワハラ報道”に相次ぐ落胆の声

河野大臣 ホワイト化宣言と矛盾の“パワハラ報道”に相次ぐ落胆の声

河野大臣 ホワイト化宣言と矛盾の“パワハラ報道”に相次ぐ落胆の声の画像

9月1日、河野太郎行政改革相(58)の“パワハラ発言”が「文春オンライン」によって報じられた。

記事によると、河野大臣から問題の発言が飛び出したのは8月24日に行われた「エネルギー基本計画」の策定を行うオンライン会議の場。河野大臣は、資源エネルギー庁が提示した素案の“2030年に総発電量のうち再生可能エネルギーの比率を36〜38%程度にする”という記述について、36〜38%が“上限”ではないとして、「程度」を「以上」に変更するよう求めた。

しかし、“以上”という表記を誤ったメッセージ性を持ちかねないと考えた同庁の職員は、河野大臣の要求を固辞。

すると河野大臣は、幹部職員に対し「日本語わかる奴出せよ、じゃあ!」などと声を張り上げて激しく叱責。その後も、官僚の発言に対し「はい、次」「はい、ダメ」などと13回にわたって言葉を遮り、時には怒鳴る場面もあったという。

職員への威圧的な発言が報じられた河野大臣だが、実は“パワハラ撲滅”の旗振り役だ。防衛大臣時代には、自衛隊のパワーハラスメントの処分の厳罰化を決定。さらに、内閣府のHPによると’20年9月の内閣府特命担当大臣就任記者会見で《この霞が関のブラックな状況を、何とかホワイト化するということを優先順位高くやっていかなければいけないと思っております》と発言し、霞が関のホワイト化にも意気込んでいた。

「内閣人事室が’19年に行った調査で、30歳未満の若手男性官僚の7人に1人が、数年内に辞めたいと考えていることが判明しました。また、2020年度国家公務員試験の総合職の申込者が前年度から3.3%減少したこともあり、河野大臣は官僚の働き方について危機感を募らせているんです」(全国紙記者)

各メディアによると、昨年10月、河野大臣は国家公務員の「在庁時間」の調査を要請。今年1月には、調査により明らかになった公務員のサービス残業の横行を受け、中央官庁に対して残業時間に見合った超過勤務手当を支払うよう指示したという。

自らが霞が関の“ホワイト化”を先導する立場でありながら、矛盾するかのような“パワハラ発言”が報じられた河野大臣。それだけにネットでは落胆の声を寄せる人が相次いだ。

《つい最近 自衛隊のパワハラを厳罰化したところなのに…》
《「他人がパワハラするのは許さん。自分がするのはOK」という思考回路かな。》
《ホワイトな職場を目指してる河野さんにパワハラ疑惑出てます》
《霞が関のブラック労働環境を是正するとヒーローぶりながら恫喝行為で疲弊させてるのはこいつ》

昨年10月に行われたFNNのインタビューに対し、「今の霞が関の働き方を見える化することが必要だ」と語っていた河野大臣。今回の報道で、残業時間には表れない霞が関の働き方も“見える化”したようだ。

関連記事(外部サイト)