菅首相の総裁選不出馬に「逃げ」「けじめつけろ」と相次ぐ失笑

菅首相の総裁選不出馬に「逃げ」「けじめつけろ」と相次ぐ失笑

菅首相の不出馬に失笑相次ぐ

菅首相の総裁選不出馬に「逃げ」「けじめつけろ」と相次ぐ失笑

菅首相の総裁選不出馬に「逃げ」「けじめつけろ」と相次ぐ失笑の画像

「私自身、総裁選出馬を予定する中なかで、コロナ対策と選挙活動を考えると、莫大なエネルギーが必要で、やはり両立はできない。国民に約束している新型コロナ感染拡大を防止するため、専任したい」

9月3日、こう話したのは菅義偉首相(72)だ。今月中旬から自民党総裁選が行われるが、菅首相は冒頭のように“立候補しない”との意向を示した。

さかのぼること半月ほど前、菅首相は8月17日の会見で総裁選に対して「時期が来れば当然と答えており、変わりはない」とコメント。23日には側近である小此木八郎前国家公安委員長(56)が、菅首相自身の地元である横浜市の市長選で敗北。その際にも、「時期が来れば出馬するのは当然だという考え方に変わりはない」と総裁選に意気込んでいた。

さらに同月末には、総裁選のライバルである下村博文政調会長(67)を“牽制”したことが報じられた。

「菅首相は下村政調会長を官邸に呼び出し、10分ほどの会談を実施。そして、下村氏に出馬する意向があるかどうかを確認し、『政調会長が出馬するなら、経済対策の取りまとめをお願いすることにはならない』と伝えたといいます。つまり『総裁選へ出馬するなら、政調会長を辞任せよ』と迫ったというのです」(全国紙記者)

根回しするほど総裁選に息巻いているのかと思われたが、しかし出馬は断念。それも「新型コロナ感染拡大の防止に専念したい」という不思議な理由だ。

■「なにいってんのかわかんない」「けじめぐらいつけろよ」

そもそも与党は、「臨時国会を開いてほしい」という野党の呼びかけを何度も拒否している。

さらに菅首相は五輪開催の意義について「人類が新型コロナに打ち勝った証し」と言い続けてきたが、厚生労働省は8月25日時点で、自宅療養者が全国で11万8,035人に上ったと発表。7月28日時点の発表では1万8,927人だったが、約1ヵ月で6倍にも増している。また自宅療養を余儀なくされた患者が亡くなるという痛ましいニュースも連日報じられている。

そんななか総裁選に出馬しないと決めた菅首相。その行動が「逃げている」と、ネットで失笑されている。

《コロナ対策に1番力持ってるのが首相だろ? は? ちょっとなにいってんのかわかんない。逃げだろ、要するに》
《よくやったよって言ってる人いるけどどうなの? 自分にはここまでかき回しておいて辞めるって逃げしかないじゃないかな? このバタバタは次の内閣に任せた!! って言ってるようなものじゃない。国民の命を最優先って豪語した結果がこれなんだからけじめぐらいつけろよ》
《総裁選不出馬でも総理大臣辞任でも……どちらにしても、この国をダメにしてヤリ逃げするって事でしょ。選挙に負けるしコロナやしヤメるらしいけど。ケツも拭かんとヤリ逃げとは……》

年始、自民党の公式サイトにアップされたインタビューで「政治の世界に入ってからは、アクセルを踏みっぱなしで努力を重ねてきました」と語っていた菅首相。しかし、突如ブレーキを踏んでしまったーー。

関連記事(外部サイト)