「アストラゼネカ製を3回連続打つのは考え物」と専門家が語る理由

【新型コロナ】2回アストラゼネカ製を接種した人の3回目はファイザー製かモデルナ製か

記事まとめ

  • 河野太郎担当相は、記者会見でコロナワクチンの3回目接種について言及した
  • 3回目接種が議論されている背景には、“ブレークスルー感染”の増加があるという
  • ウイルス学や免疫学が専門の識者は、アストラゼネカで3回打つのは考えものと語る

「アストラゼネカ製を3回連続打つのは考え物」と専門家が語る理由

「アストラゼネカ製を3回連続打つのは考え物」と専門家が語る理由

「アストラゼネカ製を3回連続打つのは考え物」と専門家が語る理由の画像

「(5月の)連休明けすぐに打っていただいた高齢者は、来年の2月になる」

8月31日の記者会見で河野太郎ワクチン担当相(58)は、新型コロナウイルスワクチンの3回目接種について言及した。

3回目接種が議論されている背景には、すでに2回のワクチン接種が済んでいるにもかかわらず感染してしまう“ブレークスルー感染”の増加がある。

世界に先駆けてワクチン接種を進めてきたイスラエルでは5月上旬時点で国民の6割強が2回のワクチン接種を完了していた。しかし、感染力の強いデルタ株のまん延で、6月には1日の新規感染者数が1万人を超える事態に。それを受け、イスラエル政府はすでに3回目の接種を開始している。

そんな3回目のワクチン接種について、2人の専門家に疑問をぶつけてみた。

【Q1】今後も接種し続けなければいけない?

3回目接種があれば4回目も……。今後もずっとワクチンと付き合っていくことになるのだろうか。ウイルス学や免疫学が専門の埼玉医科大学の松井政則准教授は次のように語る。

「しばらくはワクチンとの付き合いが続くでしょう。新型コロナのワクチンは接種後、抗体価が一時的に上がっても、いずれ感染してしまうほどのレベルまで下がっていくことが明らかになっています。また、次々と変異を繰り返す新型コロナでは、ワクチンの効果がどれだけ持続するかも予測しづらい。いつまで打ち続けることになるのかは、年単位で今後の様子を見ていく状況だと思います」

【Q2】何度も打って安全なの?

ワクチン接種では、しばしば接種によってできた抗体が、かえって感染時の重症化を促進してしまうADE(抗体依存性感染増強)という現象が報告される。何度もワクチンを打つとなると、このADEも不安だが……。

「過去にフィリピンで使用されたデング熱ワクチンにおいて、接種後に感染すると重症化するADEの事例が相次ぎ、ワクチンの使用が停止されたことがあります。新型コロナワクチンに関しては、世界中で接種が始まって1年以上たちましたがADEのために重症化したという報告は確認されていません。そのため、繰り返し接種による悪影響は基本的にはないと考えられます。ただし、新技術で開発されたワクチンですから、今後も注意して見ていく必要があります」

■3回目は結局何を打つのがいい?

【Q3】交差接種って何? 普通に打つよりいい?

「それまで打っていたものと異なるメーカーのワクチンを使うのが交差接種です。交差接種自体は、理論的には問題ないものとされ、30年近く前から行われています。今年6月、オックスフォード大学の研究チームが、アストラゼネカ製ワクチンとファイザー製ワクチンの組み合わせで接種した場合の抗体量を調査。すると、1回目にアストラゼネカ製、2回目にファイザー製を打つと、2回ともアストラゼネカ製を打つよりも抗体量が多くなったと報告しました。ただし、最も多かったのはファイザー製を2回打った場合です」

【Q4】結局、3回目はどれを打てばいい?

「効果や安全性についてのデータはまだまだ少ないのが実情。それまでと同じメーカーのワクチンを打つ方が無難ですが、海外では様々な組み合わせの研究が進んでいます」

こう語るのは『エキスパートが疑問に答えるワクチン診療入門』(金芳堂)の編著者のひとりで、ナビタスクリニック川崎の谷本哲也医師。

ただし、アストラゼネカで3回打つのは考えものだと松井准教授。

「アストラゼネカ製のワクチンは、人体に無害なウイルスに運び役になってもらい、新型コロナの遺伝子情報を細胞内に運ぶという仕組み。しかし、何度も打つと体が運び屋のウイルスに免疫を持ってしまい、細胞内に入れなくなる可能性があります。つまり、何度も打つと効果がなくなることが危惧されているのです。今後、2回アストラゼネカ製を接種した人への3回目接種は、ファイザー製かモデルナ製がいいという報告が海外から出てくるかもしれません」

正確な情報を得て、コロナから身を守ろう!

関連記事(外部サイト)