3回目接種の疑問に専門家が回答 半年以上空けないと意味なし!

3回目接種の疑問に専門家が回答 半年以上空けないと意味なし!

3回目接種の疑問に専門家が回答 半年以上空けないと意味なし!の画像

副反応に耐えて2回目接種を終えたばかりなのに、もう3回目接種の議論が始まった。情報が錯綜するなか、打たないとどうなる? から始まる疑問を専門家に聞いたーー。

「(5月の)連休明けすぐに打っていただいた高齢者は、来年の2月になる」

8月31日の記者会見で河野太郎ワクチン担当相(58)は、新型コロナウイルスワクチンの3回目接種について言及した。

3回目接種が議論されている背景には、すでに2回のワクチン接種が済んでいるにもかかわらず感染してしまう“ブレークスルー感染”の増加がある。

世界に先駆けてワクチン接種を進めてきたイスラエルでは5月上旬時点で国民の6割強が2回のワクチン接種を完了していた。しかし、感染力の強いデルタ株のまん延で、6月には1日の新規感染者数が1万人を超える事態に。それを受け、イスラエル政府はすでに3回目の接種を開始している。

今回は、日本でも現実味を帯びてきた3回目接種について、2人の専門家に疑問をぶつけてみた。

【Q1】3回目を打たないとどうなる?

「そもそもワクチンを打つ目的は、体内に侵入してきたウイルスと戦う抗体の量や強さである『抗体価』を上げること。ところが抗体価は接種後3カ月をピークに下がっていくことが明らかになりました。低下した抗体価を再び上げるために、3回目の接種が必要なのです」

そう語るのは、ウイルス学や免疫学が専門の埼玉医科大学の松井政則准教授。とはいえ、せっかく苦労して打ったのに無意味だった……と落ち込む必要はないという。

「日本で打たれている、2回接種が基本となるワクチンは、1回目の接種で抗体を作る火種を作り、それ以降の2、3回目の接種では、この火種に燃料を注ぎ込んで勢いよく抗体を増やすという仕組み。火種があれば感染しても抗体は作られるので、接種後に抗体が減少しても、重症化や死亡のリスクはある程度抑制できます」

ただし、抗体価が高いほうが感染や重症化リスクはより低くなる。

「イスラエルでは人口の2割にあたる約200万人が3回目の接種を終えていますが、2回だけ接種した人に比べて、感染と重症化のリスクが約10分の1に低下したと報告されているのです」

■3回目の副反応の強さはどれくらい?

【Q2】打たないほうがいい人はいる?

「年齢に関係なく抗体価は時間がたてば下がります。そういう意味で、基本的には3回目のワクチン接種をしなくてもいい人はいません」(松井准教授)

また、特に接種が必要な人について『エキスパートが疑問に答えるワクチン診療入門』(金芳堂)の編著者のひとりで、ナビタスクリニック川崎の谷本哲也医師もこう話す。

「重症化しやすい高齢者や、免疫抑制剤を使っている人などは3回目接種が必要になる可能性があります」

【Q3】どれくらい期間を空けて打てばいい?

最近では、ワクチンを4回接種した80代男性や、無断で3回目を接種した看護師が話題だが……。松井准教授が語る。

「3回目接種は抗体価が下がった状態で行わなければ無意味。一般的に抗体価が下がるといわれる6〜8カ月で3回目の接種をするのが有効でしょう」

【Q4】3回目の副反応はどのくらい?

副反応が出やすいとされる2回目の接種では、発熱や倦怠感に苦しんだ人も少なくない。

「イスラエルでは、ファイザー製のワクチンを3回接種した人の88%が2回目と比較して副反応は『同程度』か『軽い』と答えています。3回目接種の免疫反応の強さは2回目と同じくらいなので、副反応も同程度でしょう」

関連記事(外部サイト)