副反応少なく、変異株にも対応!開発者語る“経鼻ワクチン”のメリット

三重大学とバイオコモが開発する“鼻ワクチン” 動物実験で副反応はほぼ見られず

記事まとめ

  • 新型コロナワクチンの副反応に悩む人も多いが、次世代ワクチンの開発が進んでいる
  • 各国で鼻に噴霧するものや、錠剤型ののむだけで接種できるワクチン開発が進行中
  • 三重大学とバイオコモが共同で開発している鼻ワクチンに期待を寄せられている

副反応少なく、変異株にも対応!開発者語る“経鼻ワクチン”のメリット

副反応少なく、変異株にも対応!開発者語る“経鼻ワクチン”のメリット

副反応少なく、変異株にも対応!開発者語る“経鼻ワクチン”のメリットの画像

「9月10日時点での日本の全人口のワクチン接種率は1回目が61.9%、2回目で49.8%と世界トップレベル。とはいえ、副反応を懸念して接種をためらう人も多いです」(医療ジャーナリスト)

日夜進む新型コロナウイルスのワクチン接種。発症や重症化を予防するとして大きな効果が期待されている。いっぽうで、接種後の副反応に頭を悩ませている人も少なくない。

「接種後に多くの人が倦怠感や腕の痛みといった副反応を訴えています。なかには40度近い熱が数日間出た人も」(前出・医療ジャーナリスト)

時間とともに抗体が減少していくことから3回目の接種も議論されるなど継続的な接種の可能性が高まるが、“つらい副反応はもう嫌!”という人も多いことだろう。

実はいま、世界各国で副反応に悩む人々の“救世主”となりうる次世代ワクチンの開発が進んでいるのだ。

「今の接種方法は筋肉注射のみですが、各国で鼻に直接噴霧するものや錠剤型ののむだけで接種できるワクチン開発が進行中です。また、ウイルスの変異に適応するものや季節性インフルエンザにも効力を発揮するタイプのワクチンも今後、生まれてくるでしょう」(前出・医療ジャーナリスト)

そんななか、日本発の次世代ワクチンとして今、大きな期待を寄せられているのが三重大学と三重県菰野町の医薬品研究開発ベンチャー「バイオコモ」が共同で開発している“鼻ワクチン”だ。

9月上旬、東海テレビの取材に対し、開発者の一人である三重大学大学院の野阪哲哉教授は、鼻ワクチンを接種したハムスターに新型コロナウイルスを投与した結果、肺に残ったウイルス量はゼロだったと説明。さらに動物実験で副反応はほとんど見られていないことも明かすなど、現段階では“夢のワクチン”なのだ。

「バイオコモ」の福村正之代表取締役は開発の経緯について明かす。

「元々、三重大学では鼻から感染する軽い風邪ウイルスをずっと研究していました。そこで呼吸器から感染するウイルスに対して知識がある弊社と共同で開発することになったんです」

鼻ワクチンの特徴はスプレーするだけで、鼻やのどの粘膜に抗体を多く生成できること。 さらに経鼻型には注射型にないメリットがあるようだ。

■病院でのワクチン管理も超簡単!

「筋肉注射型では血液内に抗体はできますが、鼻腔内は守られないので鼻からブレークスルー感染が起きてしまう恐れがあります。

われわれが開発しているのは鼻から粘膜免疫を入れることで、鼻と血中に抗体を生成するシステム。血中だけではなくウイルスの“入口”をガードすることが重要だと考えています。技術だけでいえば昨年3月から着手して5月にはできていました」(福村氏)

点鼻する側の医療従事者にとっても利点があるという。

「病院でのワクチン管理も簡単です。現行のワクチンはマイナス何十度を維持する特殊な冷凍庫設備が求められますが、鼻ワクチンは4度ほどで管理できます」(福村氏)

そして大きな懸念点である接種時の痛みや副反応について、福村氏はこう自信をのぞかせる。

「点鼻時にツンとすることはあるかもしれませんが、注射のような痛みはなく、投与する量も筋肉注射より少ないため、副反応も少ないと考えていいと思います。ラムダやミューといった最新の変異株のウイルスをもとに常にワクチンもアップグレードしているので、今後出る変異株に対しても早く対応できることも強みです」

とはいえ、あまり経験のない経鼻型ワクチンの効果に不安を抱く人もいることだろう。 だが、医学博士で元WHO専門委員、『感染予防BOOK』の著者である左門新先生によると、決して珍しいものではないようだ。

「鼻からスプレーするタイプのワクチンは、インフルエンザですでにあるんです。アメリカや欧州では鼻に噴霧して粘膜に抗体ができるものが十数年前から使われていて、日本でも未認可ですが、一部の医療機関で使用されています」

左門先生も効果に期待を寄せる。

「従来の予防接種は結局、ウイルスが体内に入ってからやっつけるので、本当の予防ではありません。しかし、鼻ワクチンのように粘膜にできた抗体でウイルスの侵入をブロックできれば本当の予防です。さらに、従来のワクチン同様に体内でも鼻の粘膜とは別の抗体も産生し、予防持続期間も長いと思われるのです」

接種時の痛みだけでなく、高熱などの副反応も薄いことが期待される鼻ワクチン。2年後の実用化を目指しているというが、最後に今後の展望について福村氏は語ってくれた。

「今はまだ動物実験の段階ですが、1年ほどで人に対する治験に進みたいと思っています。病院に卸す価格は、インフルエンザワクチンなどと同程度の1千円ほどになるかと。極力安く供給したいと思っています」

収束までに長い時間がかかるであろうコロナ禍。気軽にワクチン接種できる未来が早く来ることを願うばかりだ。

関連記事(外部サイト)