コロナワクチン「時間経過で抗体価減少も、重症化防ぐ効果は継続」

コロナワクチン「時間経過で抗体価減少も、重症化防ぐ効果は継続」

コロナワクチン「時間経過で抗体価減少も、重症化防ぐ効果は継続」の画像

9月17日、厚生労働省は新型コロナウイルスワクチンの3回目の追加(ブースター)接種を容認。2回目の接種から「8カ月以上」の間隔をあけることを軸に検討し、早ければ12月中にも医療従事者からブースター接種が始まる。一方、高齢者を含む一般の人の接種は年明け以降になる見込みだという。

気がかりなのは、新型コロナウイルスに対する血中の抗体の量(抗体価)が、思いのほか、早く減ることだ。

藤田医科大学で教職員209人を対象に行われた調査では、ファイザー社製ワクチンの2回目接種から3カ月後には、ピークの量の4分の1にまで抗体価が減少したことが明らかになっている。また、高齢者はそもそも抗体価が上がりにくいこともわかった。

ウイルス学が専門の埼玉医科大学の松井政則准教授は、ワクチンの仕組みをこう解説する。

「日本で使われているワクチンでは、1回目の接種でリンパ球のB細胞の一部が、ウイルスの情報を記憶したメモリーB細胞になります。わかりやすくいえば抗体を生産する工場が作られたようなもの。2回目の接種で、燃料が投入されるように工場が稼働して、新型コロナウイルスに対する抗体を増産。抗体価が上がって感染を防ぐことができるのです」

ところが、時間の経過とともに体内の抗体の量は減少してしまう。

「抗体価が一定以下になると、ワクチンを2回接種しているにもかかわらず感染する、ブレイクスルー感染の可能性が高くなります。とはいえ、メモリーB細胞は、いつでも抗体を作る準備ができている状態。抗体価が減少していてもブースター接種すれば、メモリーB細胞が再活性して、抗体を作り出し、ふたたび感染しにくい状態になるのです」(松井准教授)

感染を抑制する効果と比べて、重症化を防ぐ効果は急激に落ちることはないという。

「ワクチンの接種によって、メモリーB細胞は抗体を作る準備ができていますから、仮にコロナに感染してもすぐに抗体を生産できるので、重症化のリスクは低くなります。また、ワクチンによって得られる抗体は、現在確認されている変異株に対しても幅広く対応できており、十分効果があることが明らかになっています。この新型コロナウイルスの情報を記憶したメモリーB細胞は、少なくとも年単位、あるいは数十年単位で体内にとどまるとみられています」(松井准教授)

若くて健康な人であれば、ブースター接種が遅れても、それほど心配する必要はないかもしれない。

しかし、高齢者や基礎疾患のある人は、やはり重症化リスクが高くなる。また、ワクチンの接種対象になっていない子どもや、高齢の親などが身近にいる人は、自分が感染源となってしまう可能性があるので、注意が必要だ。

免疫学に30年以上携わってきた日本免疫学会評議員で、順天堂大学医学部講師の玉谷卓也先生がこう語る。

「高齢者は免疫機能が低下してきていることもあり、抗体ができにくかったり、減弱するのも早かったりします。基礎疾患がある人なども含めて、重症化を予防するためにも早めにブースター接種をするほうがいいと考えています」

若くて健康な人も、こうした人を守るためにも、3回目の接種が求められるかもしれない。しかし一方で、人によっては激しい副反応の伴うブースター接種をいつまでも続けるのかという問題も出てくる。

「4カ月ごとにブースター接種をしなければ、感染を予防するほどの抗体価を維持することは難しいでしょう。いつまで感染を防ぐ目的での接種を続けるのか、社会的合意が必要になってきます。またブースター接種を過信して、感染対策を怠っては意味がない。マスクと換気、空気浄化の感染対策をしっかりするほうが、ブースター接種よりも感染の予防効果があるかもしれません」(玉谷先生)

■3回目は別のワクチンになる可能性も

今後、ブースター接種が始まった場合、厚生労働省は1、2回目と同じものを基本とするが、異なるワクチンを使う「混合接種」についても検討を続けるという。

心配になるのは、供給量だ。過去にはワクチン不足で接種スピードが落ちたこともあったが、十分な量は確保されているようだ。

「現在のファイザー、モデルナ、アストラゼネカに加えて、政府が1億5,000万回分の契約を結んでいるノババックス社製のワクチンは国内での治験が始まっています。このワクチンも、アメリカでは発症予防効果が90%以上と報告されており、信頼できそう。国内で委託製造されるため、スムーズに供給されることが期待できます」(松井准教授)

自分と周囲の健康を守るために、求められる3回目接種。感染の再拡大を防ぐためにも、迅速な実施を新内閣に期待したい。

関連記事(外部サイト)