「拉致被害者は生きていない」発言の立民議員“批判者をブロック”でさらに炎上

立憲民主党の生方幸夫議員、批判者ブロックで炎上 「拉致被害者生きていない」発言

記事まとめ

  • 立憲民主党の生方幸夫議員が、拉致被害者の横田めぐみさんについての発言を撤回した
  • 生方議員は、「生きているとは誰も思っていない。自民党の議員も」と発言し、問題に
  • 謝罪撤回後も、生方氏の発言に対して抗議のリプライをした人たちがブロックされ炎上

「拉致被害者は生きていない」発言の立民議員“批判者をブロック”でさらに炎上

「拉致被害者は生きていない」発言の立民議員“批判者をブロック”でさらに炎上

「拉致被害者は生きていない」発言の立民議員“批判者をブロック”でさらに炎上の画像

《不適切な発言をしてしまいました。発言を撤回するとともに、拉致被害者の家族や関係者の皆様におわび申し上げます》

10月11日、こうツイートしたのは立憲民主党の生方幸夫議員(73)だ。

さかのぼること今年9月。『産経新聞』によると、生方議員は千葉県松戸市で行った会合で拉致被害者の横田めぐみさんについて「生きているとは誰も思っていない。自民党の議員も」「拉致問題、拉致被害者は今、現在はいないと捉えられる、政治家は皆そう思っている」とコメント。

続けて“横田さんは生きていない”とする根拠について「客観的情勢から考えて生きていたら(北朝鮮は横田さんを)帰す。帰さない理由はない」といい、「生きているのだったら何かに使いたい。1回も使ったことがないですから、残念ながら亡くなってしまっているから使いようがない」と話したという。

しかし、生方議員の発言はあくまで憶測の域を出なさそうだ。そのため、拉致被害者の家族会や支援団体は抗議することに。『NHK NEWS』によると「生方氏の発言は、すべての被害者の救出のために心血を注いできた家族と支援者などへの重大な侮辱であり、冒とくだ」とし、発言の取り消しと謝罪を求めたという。

そして生方議員はTwitterを更新し、冒頭のように“お詫び”を投稿したのだ。

■党が緊急声明を発表するなか、ブロックが波紋を呼ぶことに

しかし、被害者家族だけでなく世論からも怒りの声が。ネットでは、生方議員の発言に非難が殺到している。

《拉致被害者の家族の気持ちになったら、あんなこと絶対に言えないはず》
《使えないって言い方が何よりひどいと思う ありえない》
《怒りしかない。ひどいよ。被害者の気持ちにこれっぽっちも寄り添えない》

11日、立憲民主党は公式サイトで「緊急声明」を発表した。そこには「今般の生方議員の発言は、党としての考え方と全く相容れないものであるのみならず、拉致被害者とご家族及びこれまで拉致問題の解決に携わってこられたすべての方々を深く傷つけるものであり、本人に対して厳重に注意を行いました」とつづられている。

そんななか、新たな“火種”が起こっている。実は現在Twitterで、「生方議員を批判したらブロックされた」との声が相次いでいるのだ。ブロックされたというアカウントは、こうつづっている。

《生方幸夫氏の発言に対して抗議のリプライをした直後、時間にして約1分も経たないうちにブロックされました》
《生方氏の選挙区民です。彼に苦言を呈したらブロックされました》
《立憲民主党の生方幸夫先生にブロックされてて笑っちゃった》

発言にブロックにと、問題行為が重なっている生方議員。“発言を撤回して終わり”となるだろうか?

関連記事(外部サイト)