美智子さま ミニスカートにノースリーブ…お若き頃のトレンドコーデ集

美智子さま ミニスカートにノースリーブ…お若き頃のトレンドコーデ集

美智子さま ミニスカートにノースリーブ…お若き頃のトレンドコーデ集の画像

10月20日、87歳の誕生日を迎えられた美智子さま。その上品で洗練された装いは、いつの時代も注目されてきた。

特に革新的ファッションが流行した60〜70年代は、最先端のトレンドと皇族らしい気品を両立されたコーディネートが多くみられる。美智子さまが取り入れられていた当時の流行を振り返ろう。

■ひざ丈ミニスカート

65年にクレージュが発表し、世界を席巻したミニスカート。日本では、67年にイギリスのモデル・ツィギーが来日したことでブームが到来。30代の美智子さまがお召しになっていたAラインの “ひざ丈ミニ”は女性たちの憧れの的となった。

■サングラス

60〜70年代はファッション小物として最先端だったサングラス。海外の映画女優たちが発信源で、美智子さまも大きめフレームのサングラスがお気に入りのご様子だった。

■ノースリーブワンピ

65年にサンローランが発表したモンドリアン・ルックをはじめ、ノースリーブのミニワンピもブームとなった。肌の露出が多めの洋服でも、ネイビーなど抑えた色合いを選ばれることでノーブルな装いに。

■パンタロン

60年代は、パンツスタイルも女性のシティ・スタイルとして定着。ヒップからひざのあたりまでフィットし、下が広がっていく形のパンツはパンタロンと呼ばれヒットした。ガールスカウト大会など屋外のご公務や、ご静養の際に愛用されていた。

■ツィード

もともとは男性が着るもの、かつスポーティなものだったツィード。しかし、ピエール・カルダンやジバンシィが取り入れたことで女性の間にも広がった。美智子さまもミニスカートスタイルでお召しに。メンズライクな素材もエレガントに着こなされていた。

今見るとなじみ深いアイテムも、目新しいものだった60〜70年代。美智子さまの装いが、日本の女性のファッションにも大きな変化をもたらしていた。

関連記事(外部サイト)