小室佳代さん 眞子さまとのNY同居に暗雲…圭さんは同居拒否を示唆か

【眞子さまが小室圭氏と結婚へ】2人は小室佳代氏とのニューヨークでの同居を拒否か

記事まとめ

  • 小室佳代氏は海外志向が強く元婚約者男性にフランスでの挙式を提案していたという
  • しかし、眞子さまと小室圭氏はニューヨークでの小室佳代氏との同居を拒否したらしい
  • 小室圭氏も新婚早々から眞子さまに姑との同居を強いることはできなかったのだという

小室佳代さん 眞子さまとのNY同居に暗雲…圭さんは同居拒否を示唆か

小室佳代さん 眞子さまとのNY同居に暗雲…圭さんは同居拒否を示唆か

小室佳代さん 眞子さまとのNY同居に暗雲…圭さんは同居拒否を示唆かの画像

小室圭さんはもともと2週間の自主隔離期間を帝国ホテルで過ごす予定だったそうです。しかし帰国後は横浜市内にある実家マンションに戻り、3週間を母・佳代さんと過ごしました。3年ぶりの母子再会となりましたが、留学生活の積もる話を語りつくしたのではないでしょうか」(皇室担当記者)

遺族年金の不正受給、傷病手当の不正受給について、告発状が東京地検に提出されたことも話題となった小室佳代さん。告発状は具体的な証拠に基づく犯罪事実が記載されていないとして返戻されたが、彼女の動向も注目を集め続けている。

小室家問題を取材し続けてきた前出の皇室担当記者はこう語る。

「もともとアメリカ行きを切望していたのは佳代さんだったようです。けっして経済的には余裕があったわけではないのに、圭さんをインターナショナルスクールに進学させたことや、元婚約者男性にフランスでの挙式を提案していたことからも、その海外志向の強さが伝わってきます。

ただ佳代さん自身が語学に堪能という証言はなく、今後NYで生活するとなると、圭さんや眞子さまと“同居”ということになるかと思います」

佳代さんには海外移住だけではなく“自分の洋菓子店を持つ”という夢があるという。

「いま恩人社長とトラブルになっている老舗洋菓子店には10年以上勤務していました。またある知人には『ドイツに留学して料理やお菓子作りを勉強したい』と、語っていたそうです」(前出・皇室担当記者)

だがNYに長年生活している日本人ジャーナリストは次のように語る。

「私が日系の不動産関係者から聞いている話では、小室圭さんは眞子さまと生活する部屋をニューヨーク市のマンハッタンで探しているそうです。

間取りは日本でいうところの2DKで、2世帯同居は難しいと思われます。また同じ不動産関係者によれば“母親はニューヨークの郊外に住むことになるようだ”とも言っていました」

なんと佳代さんは愛息とその未来の妻に、同居を拒否されていたというのだ。小室親子を知る人物によれば、

「将来的にはともかく、小室さんも新婚早々から眞子さまに姑との同居を強いることはできなかったのでしょう。NY市内と近郊とはいえ、佳代さんにとっては米国生活のスタートは心細いものとなりそうです」

洋菓子店開店への道のりは甘くはないということか。

関連記事(外部サイト)