国民の「6割超」が結婚賛成に!小室圭さん“多くの人の納得”を達成?

国民の「6割超」が結婚賛成に!小室圭さん“多くの人の納得”を達成?

国民の「6割超」が結婚賛成に!小室圭さん“多くの人の納得”を達成?の画像

秋篠宮家の長女・眞子さまは10月26日、ついに小室圭さんと結婚される。

秋篠宮さまは、結婚について「多くの人が納得し喜んでくれる状況」になるように求めていた。しかし、まだその状況に至っていないと判断された秋篠宮さまは、「納采の儀」をはじめとする結婚に関する儀式を執り行うことをお許しにならなかった。

皇室系ユーチューバーらが結婚反対デモを決行するなど、いまだにお二人の結婚には根強い反発の声がある。一方で、報道各社の世論調査を見ると、この1カ月で結婚賛成派が急増していることがわかる。

毎日新聞が社会調査研究センターと合同で9月18日に実施した世論調査では、眞子さまの結婚を「祝福したい」との回答が38%で、「祝福できない」の35%をわずかに上回っただけ。この時点では賛否が拮抗していた。

しかし、読売新聞が10月4〜5日に実施した世論調査では結婚を「よかったと思う」が53%と半数を超え、「思わない」の33%を大きく上回った。

さらにANNが10月16〜17日に実施した調査では、結婚を「お祝いしたいと思う」が61%で、「思わない」は24%となった。結婚賛成派が反対派にダブルスコアをつける結果となったのだ。

「もちろん3つの調査は別々の報道機関によるもので、設問も異なるため単純な比較はできませんが、この1カ月で結婚に賛成する国民が急増しているのは間違いないでしょう」(皇室担当記者)

9月末には、小室さんの就職先がニューヨーク州の法律事務所「ローウェンステイン・サンドラー」だと判明するなど、謎に包まれていた留学の“成果”が見える形になった。さらに10月1日には宮内庁から結婚の正式発表と複雑性PTSDの症状についての説明があり、眞子さまの結婚の意志が極めて固いことも国民に伝わった。

一方で、結婚延期の原因となった金銭トラブルは未解決。体調不良の母・佳代さんに代わって、小室さんが元婚約者男性と対話する意向で、結婚後も交渉を続けていくとみられる。

結婚賛成派は6割を超えたが、それでも秋篠宮さまは「多くの人が納得し喜んでくれる状況」になったとはお認めにならないのだろうかーー。

関連記事(外部サイト)